愛欲部屋

エッチな体験をお話しします。写真と小説です。

1200sx1312300035
-3-
高梨教授の研究室に造られた畳二枚分のボックスに、研究助手の三杉裕子が手を上にあげた立ち姿です。
「ああん、先生、だめよ、だめったら、ああん」
腰から下を全部脱がされてしまって、お尻からつま先まで、すっぽん裸です。上に着たチョッキとブラウスの前ははだけられ、ブラもひろげられてしまって、乳房が露出です。
「ううん、裕子、ふふふふん、ああ、柔らかい、ねぇ」
足を30㎝ひろげさせた裕子の前に、しゃがみ込んでいる高梨です。裕子の股、陰毛の生え際のしたを右手の平を上にして、中指の腹で剥きあげてしまうのです。
「ああん、いやん、先生、えっちねぇ、だめってばぁ」
「ふふふふ、舐め舐めしてあげようね、裕子のクリちゃん」
「きゃあああん、だめ、ああっ、先生、だめよ、だめっ」
裕子が、腰を揺すって、抵抗してきます。高梨は、左腕を裕子のお尻にまわして抱いてやり、右手で陰毛の下から股のなかをまさぐっていきます。
「ふふふふ、裕子、いいねぇ、好きだよ、裕子」
顔を裕子の陰毛の上にあて、唇で陰唇の先っちょをすくい上げ、右手を胸へ持ち上げて、乳房まで愛撫しだす教授です。
「ああん、いやぁああん、先生、だめよ、明るいのに、だれか見てたら、どうするの」
「だれも、見ていやしないよ、おお、おっぱい、柔らかいんだ、おおっ」
手首を交差させて括られて、頭の上に持ち上げられている裕子。膝を曲げること、少しはできるけれど、それをすると手がまっすぐに持ち上がってしまうんです。
「ああああん、先生ったらぁ、えっち、ああん、えっちよ、先生」
そんなに大きな声ではないけれど、裕子が洩らす声は、むしろ喜びの咽び声です。
高梨教授は、丸いパイプ椅子を裕子の足元に置きます。裕子の左足を持ち上げさせ、足裏をパイプ椅子の座部に乗せさせます。裕子は、右足を畳に着け、左足の膝を持ち上げ、股間が露わになるようにするのです。
「ああん、いやん、先生、ああん、あっ、ああっ、だめよ、ああっ」
高梨教授が、裕子の股の真下に顔を当て、股の真ん中に唇を当ててきて、じゅるじゅる、音を立てながら、啜られるのです。舌で陰唇を割っていき、舌先を膣前庭に届かせます。じゅるじゅる、啜りながら、舌を膣口へと移します。手は、左がお尻へまわり、右は太腿をくぐらせ、腰と太腿を直角にさせ、股間を十分に舐めあげられるように、してしまうのです。
「ああああっ、先生、ああああん」
手首を括った紐が降ろされ、裕子はパイプの丸椅子に、お尻を置かされます。手首は降ろされるといっても、頭の上です。
「ほうら、みてみろ、こんなに、でかいぞ、おれの、ちんぽ」
ズボンを脱ぎ、ブリーフを膝まで降ろされた高梨教授が、半勃起以上、八割勃起未満のちんぽを、裕子の目の前に差しだしたのです。裕子は、手が使えないから、高梨教授に誘導されながら、亀頭を唇に挟み、そのまま亀頭の全部とカリ首と、陰茎の少しを口の中に咥えこみます。
「ううっ、ふぅうううっ、うう、ううっ」
勃起するちんぽで口を塞がれる裕子。男の味、高梨教授の勃起ちんぽの味です。口の中に含みこんで、じゅぱじゅぱと舐めてしまいます。
「おおお、裕子、おおおっ」
高梨教授は、裕子の頭の後ろに両手を当て、親指で裕子の頬を撫ぜさすり、勃起ちんぽを咥えてもらっているのです。
「おお、裕子、気持ちいい、気持ちいいよぉ」
高梨教授は、腰を左右に、前後に、上下に、微妙に動かしながら、裕子の口中で、簿記ちんぽを摩擦をさせるのです。
「ううっ、うぐ、うぐ、ううっ、うぐ、うぐ、うううぐっ」
裕子は、丸いパイプ椅子にお尻をおいて、太腿から膝をひろげきります。高梨教授は、立ったまま、やや中腰でフェラチオしてもらいながら、右手を乳房へ降ろします。裕子の顔を、腰にくっつかせ、勃起ちんぽを口に咥えさせたまま、乳房をまさぐっているのです。

1200sx1605040032
-2-
狭い、畳二枚分のボックスは愛欲の部屋。三杉裕子は、手首を括られ、頭上に持ち上げ、フックに吊るされた格好です。すぐ目の前の大きな鏡に、自分の全身が映っていて、後ろから高梨教授が抱いてくるのがわかります。
「ああん、先生、だめでしょ、まだお昼過ぎじゃないですか、ああっ」
すでに紺のタイトスカートはめくりあげられ、腰に巻かれて留められている25歳の裕子。パンストが太腿の中ほどまで降ろされ、ショーツが太腿の根元のところで止められている姿です。
「ああ、いい匂いだ、裕子、クンクン、い匂い」
腕を裕子の胸にまわしている高梨教授が、裕子の髪の毛の生え際に顔をあて、裕子の匂いを嗅いでいるのです。
「ああん、こそばい、こそばいですぅ」
教授は、左の手を裕子の腰から陰毛に押し当て、右手では、紺チョッキのボタンを外し、白いブラウスのボタンを、二つ外していて、手を入れていて、ブラのうえから、乳房をまさぐるのです。
「ねえ、裕子、触りがいあるねぇ、柔らかい、いや、ぷりぷりだねぇ」
「ああん、いやですよぉ、先生、そんな言い方、セクハラですよぉ」
「いい女だ、裕子の肉体、男が好きなんだろ、裕子」
裕子は、大学院博士課程までを終え、どこかの短大か大学の、講師の職を探している才女です。外見は堅い女子にみえますが、男に抱かれたら、燃え上がってしまう妖艶な女なのです。
「ほうら、おっぱいが出てきたぞ、鏡を見てほらん、裕子」
紺チョッキがはだけられ、白いブラウスの前ボタンが外され、ブラジャーの前ホックが外され、胸の白い肌が露出させられてしまったのです。
「ああん、いやぁああん、先生、エッチぃ、ああん、だめ、先っちょ、ああっ」
「ぷっくら、ふふっ、クリトリスが包んであるんだ、柔らかい、ふふっ、此処」
「おっぱいちゃんの先っちょ、乳首も、揉んであげようね、ふふふっ」
裕子は腕を頭上に持ち上げられて立ったままです。陰毛をなぶられ、その下部の突起のところをなぶられながら、ぷっくら膨らんだ乳房の先っちょを、つままれている裕子。教養に邪魔されて、裕子は崩れない、身構えているけれど、股の先っちょと乳首を触られてしまうと、陥落です。
「ああん、いやぁああん、先生、だめよ、だめですよぉ、ああっ」
「ほうら、あしを、ひろげなさい、足を、ひらいて、開いて」
まだストッキングとショーツが、中途半端に降ろされたままの裕子が、足裏を畳にすらせながら、30㎝ほどひろげたのです。すかさず、高梨教授の左手が、股に入れ込まれたのです。
「ああん、いやん、ああん、先生、だめ、ああ、いやん」
か細く呻く声でで裕子が、ことばを洩らします。後ろから抱かれた裕子。高梨の手が、股の柔らか肉をなぶりだし、乳房の乳輪から揉みだして乳首を突起させてしまうテックニックです。
「いいね、脱いでもらうよ、裕子、ふふふふっ」
後ろから抱かれていた高梨教授が、裕子の前にまわり、しゃがみ込み、パンストを足首にまで降ろし、太腿の根元で止まっているショーツも降ろして、足首から脱がしてしまう高梨教授です。紺のタイトスカートと前をはだけたチョッキとブラウス、それにブラジャー、半裸の裕子、25歳、豊満な女の肉体です。

このページのトップヘ