愛の日記

写真と小説と日記です。

120sx1210060131
-13-
たくましい筋肉質の三郎に、ぶっといぼっきおちんぽを、挿し入れられてる佳織ちゃん。天井から降ろされた一本の竹竿に、手を広げて括られ、膝を括られたうえに拡げて、竹竿に引き上げられて括られている佳織ちゃん。
「ほうら、佳織、なけなけ、ええんやぜ、ひいひい、ないてええんやぜ!」
小さな丸イスにお尻をのせられた佳織ちゃん。三郎が立ったまま、佳織ちゃんの正面から、ぶっとおちんぽ挿入しています。三郎は、性器を結合させたうえ、佳織ちゃんの性感帯、おっぱいの先っちょを、いっしょになぶっているんです。
「ほらほら、佳織、どうや、乳首もぷっくら、おめこはヌルヌル、ええ女子学生やぜ!」
「ああ、ああ、だめだめ、もう、だめぇ、いかせてぇ」
「あかん、まだまだ、佳織のからだがとろけていくまで、まだまだやぜ!」

「オネガイ、ああん、いかせて、もう、いかせて、ほしい、ですぅ」
開けられてしまった大学二年の佳織ちゃん。からだが弛緩してめろめろになっている二十歳の佳織ちゃん。唇から、みだらに唾液がとろりとろりとながれおち、ぴんぴんに張ったしまった乳房です。その先っちょ、二つの乳首が、三郎の指に挟まれ、つままれ、揉まれます。
「佳織、学校で見てるのと、えらい違いやぜ、こんなええからだしてたとはなぁ!」
「はぁ、ああん、そんなぁ、ああ、ああっ、いい、いいっ、もう、いかせてぇ」
「まあ、あわてるな、佳織、もっと楽しませてもらうぜ!」
身動きとれない佳織ちゃん。筋肉質の三郎に、ぼっきおちんぽ挿入されて、ぐぐっと奥まで挿しこまれ、そうして半分引き抜かれ、ふたたびぶすぶす、奥まで挿しこまれてしまいます。
「はぁあああ、ああ、ああっ!」
奥まで挿入されてぐりぐりされる佳織ちゃんの口からは、とろとろ唾液と呻き悶えるお声が洩れて、三郎をますますいきり立たせているんです。

ぶすぶす、ぐりぐり、じゅるっ、おちんぽ挿入うけながら、そのうえ乳首をつままれて、右へ左へとまわされている佳織ちゃん。もう、めろめろ、意識朦朧、アクメの頂上に昇りそうになって、降ろされて、そうしてふたたび昇らされている佳織ちゃん。
「ふふ、見ごたえあるぜ、佳織、ちんぽ挿しこみがいあるぜ、佳織!」
「ああ、ああん、もう、だめ、だめ、いくいくぅ!」
「そろそろ、逝かせてやるぜ、佳織、よろこべっ!」
三郎の腰の動きが早くなっていきます。佳織ちゃんのおめこに挿しこんだ、ぶっとおちんぽのピストン運動です。
「ああ、ひぃいい、いい、ああ、ああああああ~!」
佳織ちゃん、すざまじい喜悦のお声を発し、ぴしゅんぴしゅんとお小水をとばしながら、ついにアクメの頂上へと、昇りつめてしまったのでした。

-14-
三郎のセックステクニックで、深いアクメを迎えてしまった佳織ちゃん。ふっと気がつくと、裸のまま、肘掛椅子に座らされているのがわかります。手首は膝で括られ、太ももが肘掛をまたいでいる格好です。
「ふふ、気がついたかい、佳織!」
三人の男子学生が、佳織ちゃんが座った肘掛椅子の前に並んであぐら座りです。真ん中の三郎が、気がついた佳織ちゃんに声をかけているんです。
「ああん、なに、なにしてるん、うち、なんでここに・・・」
佳織ちゃん、気がついて、自分の居場所がわからないんです。
「なんで、うち、ああん、どうしてはだかなん、うち、なんでぇ」
「まあ、おれたちのアイドル、落合佳織、裸でご挨拶ってとこやね!」
結構広いスタジオに、肘掛椅子のまわりには撮影機材が置かれています。

「アイドル佳織の、つまり、落合佳織のからだの構造を、たっぷり拝見させてもらおうと、思っているんだけれど、いかがでしょうか?!」
「いいですねぇ、おれ、女の構造知っておきたい、たっぷり見たい!」
三郎の問いかけに、佳織ちゃんはたじたじです。反応しているのは、ここで初めてセックス体験をした靖男です。
「おれも、見たい、落合佳織のからだを、見たい!」
直樹も賛同するというように、声を出してきます。籐の肘掛椅子にからだをひらけて座らされているのは、二十歳の大学生、佳織ちゃんです。
「佳織のからだを見てやって、それが何たる名前かを、佳織に確認してもらうってのは、どうですかねぇ」
発案は直樹です。肘掛椅子に座らされた佳織ちゃんは、ただただ、それだけでも恥ずかしい気持ちに置かれているんです。それなのに、男子学生三人に、じぶんのからだを観察されるなんて、思っただけで、身ぶるいです。

「まあ、な、シラフのままの佳織がええのんちゃう、このまま、やっちゃお!」
「そうや、ほな、もっと佳織に近づこうぜ!」
男子学生三人が、佳織ちゃんの座った肘掛椅子にぐっと接近してきます。男子学生三人の顔が、佳織ちゃんのお股にくっつくほどに、接近しているんです。
「ああん、やめて、そんなに近くで、ああん、やめてよぉ」
肘掛椅子の肘掛に、太ももを拡げてのせた佳織ちゃんです。ぐっとお尻をせりださせられて、お股が160度にも開かれているんです。
「靖男、見てやりな、おまえ、見たいんやろ!」
「ほんまに、おれ、見てええんかなあ、佳織さん!」
靖男が、真ん中に陣取って、佳織ちゃんのお股の前へ、顔をぐっと近づけてしまいます。



1200sex170813034
-11-
スタジオは、女の子調教のお部屋です。天井から吊るし降ろされた一本の竹竿に、手を拡げて括られたうえ、膝を拡げ引き上げられて、竹竿に括られているんです。そんな佳織ちゃんのお尻が乗せられている丸椅子は、靖男が立った腰の高さに調節されているんです。
「ほうら、落合佳織、ぶすぶす本番、ええ気持なんやろなぁ!」
靖男がおちんぽ挿入しているさまを、食い入るように覗きこんでいる三郎が、佳織ちゃんにも聞こえるように言います。
「靖男、半分入れて、腰を左右に動かして、佳織のおめこをかきまわせ!」
「へぇい、わっかりやした、こうでっか、おお、ヌルヌルや、佳織のおめこ、ヌルヌルや!」
靖男は、未熟なのにもう手慣れた感じで、足を開けて立ったまま、佳織ちゃんを括った竹竿を、手を拡げて握りしめ、腰を前後に左右に、動かしているんです。

「ああ、ああ、はぁああ、だめ、だめ、はぁああん、だめぇ、ひぃいい~!」
お尻を置いた丸椅子は直径10cmほどです。真正面から靖男に攻められ、ぶっといおちんぽ挿入されて、身動きとれない佳織ちゃんです。
「ほらほら、落合佳織、おまえ、大学生なんやぜ、あんましよろこんだら、あかんでぇ!」
ずんずん、じんじん、からだの芯から注ぎ込まれる快感。からだの奥をこねまわされて、ひいひい、はあはあ、恥ずかしさも屈辱も忘れてしまって、ただ、快感を与えられている佳織ちゃん。
「大学二年やろ、こんな体験でけて、ええなぁ、そぅやろ!」
男たちの屈辱に、佳織ちゃんはメロメロです。ぱっくり開けられたお股を、容赦なくおちんぽが突き刺さり、ぶすぶす、じゅるじゅる、セックス洗礼です。

「ううっ、ぐうぅううっ、ひぃいいい、いい、いいいいいい~!」
佳織ちゃんがオーガズムを迎えて行きます。そうして靖男の射精がおわったところで、佳織ちゃんはまだ最後まで昇ってはいなかったんです。そんな佳織ちゃんを見ていた三郎が、靖男に代わって、佳織ちゃんをいただきにきます。
「ふふ、最後までイカセてやるで、よろこべ、佳織!」
ぶっとくてピンピンになった三郎のおちんぽ。靖男のより、ひとまわり大きい感じのおちんぽです。ぐいっと胴を握って剥かれたおちんぽ。その先っちょが、佳織ちゃんのお股の真ん中に、あてがわれ、インシンを割り、亀頭でべとべと濡れそぼったワレメを撫ぜあげて、クリを亀頭で撫ぜこすり、そうして、チツのところまで撫ぜおろし、ぐさっと先っちょ挿しこんで、そのままぶすぶすっと挿しこんで、腰をぐりぐりまわす三郎です。
「ほら、入った、ちんぽ入った、どうや、佳織、おれのちんぽ、ええ味やろ!」
「ああ、ああ、だめ、ああ、いくいく、だめぇ!」
「まだまだ、たっぷり、よろこばせてやるぜ!」
三郎のテクニックは、頂上寸前まで昇らせては、ストップさせるテクニックです。佳織ちゃんは、その羞恥なテクニックに身も心も、翻弄されていくのです。

-12-
もう絶頂近くまで昇っている大学生の佳織ちゃんです。三人の男子学生に、琵琶湖畔の別荘スタジオに連れ込まれた佳織ちゃん。とっても恥ずかしい恰好に拘束され、羞恥に翻弄されながら、ビデオに撮られているんです。
「ふふっ、佳織、おれのちんぽを、忘れられねえようにしてやるぜ!」
天井から降ろされた竹竿。床から持ち上がった直径10cmほどの丸椅子。素っ裸にされた女子学生の佳織ちゃん。手を拡げさせられて竹竿に、膝を括られ拡げて竹竿に引き上げられているんです。高さは90cmほどの丸椅子に、お尻を置いた佳織ちゃん。
「美貌の落合佳織、SMセックスに悶える、なんてさ!」
佳織ちゃんの前に立った三郎が、言葉で佳織ちゃんを弄りながら、ナマ挿入をしているんです。

「うううわぁ、ああ、ああ、ぐうぅうう、わぁああ、ああ、あああ~!」
正面から三郎のぼっきおちんぽを、ぶすぶすっと挿入されてしまうとき、佳織ちゃんは卑猥にもとれるお声を発し、ぶすぶす挿入の刺激をからだに満たします。ぼっきおちんぽ、抜かれると、とろとろと、とろとろのお汁がチツから流れでてきます。
「ほら、佳織、どうや、おれのちんぽ、ほら、嬉しいってかい、って!」
三郎は、ぶっといおちんぽを、佳織ちゃんのおめこに挿しこむときに、言葉を発しています。
「よいしょ、ぬるぬる、佳織のおめこ、ぬるぬるお汁、ええぜ、最高やぜ、よう締まるぜ!」
足を開いて立った三郎の、腰が前へ突き出され、そうしてぐりっと力をこめて、佳織ちゃんのチツのなかをおちんぽで、かきまわしているんです。

「ひぃいい、いい、ああ、だめ、だめ、うち、ああ、あかん、いくいくぅ!」
佳織ちゃん、ぶすぶす、ぐりぐり、M字にされて身動きとれないからだの芯へ、ぶすぶすとナマのおちんぽ挿しこまれ、もうアクメの頂上へ昇りそうなのです。そうして昇ろうとしたとき、三郎がぼっきおちんぽを抜き去って、そのまま放置されてしまう佳織ちゃん。
「まだまだ、もっともっと、美貌の佳織、われらの羨望、落合佳織、ははっ、みだらなよがりを、もっともっと見たいわなぁ!」
アクメを迎える頂上付近で、ストップさせられた佳織ちゃん。もうトロトロ、もうチツ口をみだらにも開けられたまま、ぬるぬるお汁をたれ流し、もうイカセテほしいと、おねがいするように、仕向けられているんです。


1200sex1705070009
-9-
挿入されている本番を、カメラに収録されながら、佳織ちゃんは、しだいに理性を失い、からだの快感に酔いだしていきます。一本の竹竿に、手を拡げて括られ、膝を拡げて引き上げられている佳織ちゃんです。小さな丸椅子の高さは90cm。お尻の芯を丸椅子に乗せられた佳織ちゃん。靖男が立ったままで、ぼっきチンポが挿入できる高さです。
「うううっ、ううううわぁああん、あかん、ああ、ああ、ああっ!」
丸椅子の上で、お股を開いたまま、身動き取れない佳織ちゃんに、靖男がおちんぽを、ぐさりと挿しこんでいくんです。
「おお、ええ、ええ、落合佳織のおめこや、ヌルヌルや!」
立ったまま、腰を突き出すようにして、ぼっきチンポを佳織ちゃんに挿しこんで、そうしてからだを反りかえらせて、結合部分をあからさまにしています。
「ほら、見てみろ、佳織、見てみろ、ちんぽが入ってるぜ、どうや!」
「あああん、だめ、だめ、ああ、ああ、だめぇ!」
佳織ちゃん、結合部分を見るなんてできません。頭だけが自由になる佳織ちゃん。顔をこころもち上向かせ、お口を喜悦に開いたままで、だめよ、だめだめ、との甘い声を洩らしているんです。

「靖男、ゆっくり引き抜け、先っちょ抜くな、亀頭、入れたままやぜ!」
三郎の指示で、奥まで挿しこまれていた靖男のおちんぽが、ゆっくり引き抜かれてきます。佳織ちゃんが滲ませた粘液で、テカテカと光沢する靖男のおちんぽ。亀頭が残されたまま、挿入された場面を、カメラに収める直樹です。
「佳織、よろこべよ、ちんぽ入ってるとこ、たっぷり見てやるぜ、ええな!」
三郎が、床に座りこむようにして、佳織ちゃんの開けられたお股に顔を近づけていきます。靖男のおちんぽが、挿入されたままです。
「見てやるぜ、佳織、ちんぽ入ったおめこ、見られる感じはどんなもんや!」
三郎の声に、佳織ちゃん、おちんぽ入れられ、そのうえ見られる屈辱で、息も絶え絶えになりながら、羞恥のなかに置かれていきます。
「ほら、靖男、ゆっくり挿入していけ、ゆっくりやぜ!」
三郎が、佳織ちゃんのお股の真ん中を包むように手の平を置き、ぐっと横に拡げてきて、おちんぽが収まった処が、いちだんとよく見えるように、拡げてしまいます。

「ええか、佳織のおめこ、挿入場面、アップで撮れよ、それから、顔の表情もな!」
三郎がカメラを持った直樹に指示し、それから、亀頭を埋め込んだ靖男のちんぽを、奥まで挿入させます。
「ゆっくり、ゆっくり挿入して、それでゆっくり抜いてやるんや、わかるか、靖男、佳織がじれったくなるまで、なっ!」
ぱっくり開けられたインシンの下方に挿しこまれた靖男のちんぽが、ゆっくり数秒かけて、挿しこまれていきます。
「ああ、ああっ、あああっ、ああああ~ん!」
ゆっくり挿しこまれていくぼっきおちんぽが、襞をこすっていく感触に、佳織ちゃんの喜悦の悲鳴が洩れだします。
「ああ、おれ、ええ気持や、おめこ、柔らかい、ちゃう、硬い、マスとちゃう、本番や!」
靖男は、男モデル役、佳織ちゃんのおめこに、ぼっきおちんぽ挿入で、ぴんぴんに硬直しているんです。
「はぁあ、ああっ、ああ、だめ、ああん、だめぇ!」
奥まできっちり挿しこまれたおちんぽ。靖男が、腰を動かし、おちんぽを佳織ちゃんのなかでローリングさせたのです。

-10-
靖男に、腰を動かされ、おちんぽをローリングさせられて、佳織ちゃん、じゅるじゅるの感触が、からだの芯に伝わってきて、わけのわからない快感に、見舞われてしまいます。
「ああ、ああ、ああん、だめ、だめ、うち、ああん、もう、あかん、あかん・・・」
うるわしく放心した表情で、頬をピンクに染めあげ、ほんのり汗を滲ませて、うつろに唇をひらいている佳織ちゃん。そんなとろんとした、麗しく見える佳織ちゃんの目つきが、男子学生たちのこころを、魅了していきます。
「落合さん、おれ、落合さんと、おめこしてるんや!」
奥まで挿しこんだおちんぽを、ゆっくり引き抜きながら、ぶつぶつ言ってる靖男です。声がうわずり、おちんぽビンビンになってる、靖男です。

「ええわぁ、おれ、オナしながら、夢見てたんや、ええわぁ!」
佳織ちゃんとの接合が初めてだった靖男です。それで、いまは二回目。靖男にとっては最初の女の子であり、二回目のセックスなんです。
「ほらほら、佳織、もっとええ声、だしてみな、わたしおめこぢてもらえてうれしいです、ってさ!」
「はぁ、ああ、うち、うち、もう、ああん、うれしい、ですぅ・・・」
三郎が声をかけ、靖男が腰を、前後に動かし、佳織ちゃんを攻めまくります。ぶすぶす、じゅるじゅる、ぶすぶす、じゅるじゅる、靖男の抜き挿しは、ゆっくり、ゆっくり、そうしてぶすぶす、意外と長持ちしている靖男です。

「靖男、佳織の声を聞きながら、コントロールするんやぜ、わかるかい!」
床に座ったまま、佳織ちゃんと靖男の結合部分を眺めている三郎が、声をかけます。
「ああ、ああ、ああん、はぁああ、ああああっ!」
佳織ちゃんは、そんな三郎のお声にも、ゆっくりと反応している感じです。
「ほら、佳織が、はぁはぁゆうてるやろ、ええ気持なんやぜ!」
「ふぅうう、わぁああ、ああ、ああ、ひぃい、いい、いい、いいきもち、で、すぅ・・・」
佳織ちゃんが、夢遊するように、お声をうわずらせ、反応しているんです。ぶすぶす、じゅるじゅる、カメラを持った直樹が、佳織ちゃんの陰部を、アップでとらえ、そうして顔の表情をとらえ、引いて佳織ちゃんの全身がカメラに収められているスタジオです。

1200sex170820009
-7-
さっき初めてセックス経験をした靖男が、佳織ちゃんのお股に指を挿しこんできて、女の子の奥ふかい感触を確かめてきます。
「ふうん、大いんしんとか小いんしんとか、よく見ないと、わからへん」
靖男はぶつぶつ、呟くようにいいながら、生唾をぐっと呑みこみ、佳織ちゃんのお股に、顔を近づけ、ゆびで、局所を、めくります。
「ああん、やめてぇ、ねえ、おねがいぃ、そんなの、ああ、触るのやめてよぉ」
手を広げ、膝を広げて固定されてしまった佳織ちゃん。男の目線と手指の動きを、止めたくても止められない、ただただされるがままの屈辱です。

「まあ、きれいな色ですね、これ、落合佳織なんや、落合佳織のおめこなんや、ちょっとぶあつい、これ大陰唇、うん、ちょっとびらびら、うちがわ、ピンクや!」
「ああん、だめ、だめぇ、触らないでぇ、おねがい、触らないでよぉ」
お股の中を、開けられていく佳織ちゃん、屈辱の悲痛な声が、スタジオに響いています。
「クリトリス、ねえ、落合さん、これ、クリトリスってゆうんやろ、ちょっと半分透明なんや!」
正面から、佳織ちゃんのいんしんを、指で撫ぜ、さわっている靖男が、まじまじ見入りながら、佳織ちゃんに話しかけます。佳織ちゃんは、もう、見られなぶられるだけで、羞恥のどん底に落とされているのに、そのうえ、言葉に出されて、屈辱と羞恥と、いいようのない気持ちになってしまいます。

「ああん、だめ、だめぇ、ゆるして、ゆるしてください、ああ、ああっ!」
靖男が、指を二本、人差し指と中指の腹を上に向けたまま、佳織ちゃんのチツに挿しいれてきたんです。指がお股のなかに消えてしまって、指の根っこ、手のひらが上をむいています。
「おおっ、ヌルヌルや、落合佳織の密ぅ、ミツでヌルヌル、それでぶわぶわしてる、これ、落合佳織のおめこなんや!」
靖男が指で佳織ちゃんを翻弄している様子を、直樹がビデオカメラで追いかけます。佳織ちゃんの局所をアップで、そうして身動き取れない全身を、あられもない羞恥すがたを、ビデオカメラで撮られているんです。
靖男の指が、おめこから抜き取られ、そうして指にからまった佳織ちゃんの恥のお汁を、佳織ちゃんに見せつけて、ビデオに収録されているんです。

-8-
靖男にいたぶられている佳織ちゃん。靖男は、佳織ちゃんのお股の真ん中へ指を三本、ゆっくり挿しこみ、ゆっくり引き抜くのを何回か繰り返してます。そんなことしているうちに、またもやおちんぽピンピンに、ぼっきさせているんです。それを見かねた三郎が、ぼっきおちんぽを佳織ちゃんのおめこに、挿入してもいいというのです。
「ほんと、落合さんのおめこに、ちんぽ入れてもええんやね、うっひっひぃ」
「おお、ええんやぜ、おめこしてやって、落合佳織のよろこぶ声が聞きたいわ、そやろ、佳織!」
靖男は、佳織ちゃんに挿入できる喜びを、隠せないまま、指でまさぐっていた佳織ちゃんのおめこに、ビンビンになったおチンポをあてがって、挿しこむ用意をしています。

一本の竹竿に手を拡げて括られ、膝を拡げて引き上げられた格好で、丸椅子の高さが調節されて、靖男が立った高さに、佳織ちゃんのお股が拡げられてしまいます。
「ほほ、見ごたえあるぜ、ぶすぶす、靖男、やったれ!」
「ああん、そんなのあかん、ああん、ほんばんしたら、あかん・・・」
「ほな、入れさせてもらうわ!」
竹竿に拡げきった手と足を、閉じようにも閉じられない佳織ちゃんです。男三人の目の前で、見られていちばん恥ずかしい処が開かれたまま、そのうえ、生殖するようすをビデオに撮られながら、男たちを満足させていくのです。

靖男は、ビンビンにぼっきしたおちんぽを握り、亀頭で佳織ちゃんの割れ目をひろげ、そうして、ぬれぬれおめこに、ぶすりと亀頭を挿入してしまいます。
「ああん、だめ、ああん、あかん、あかん、いれたら、あかん・・・」
顔をしかめ、屈辱の自分の姿を、必死に隠そうと思う佳織ちゃん。でも、恥ずかしがる佳織ちゃんの姿を見て、よろこぶ男たちが、佳織ちゃんの哀願を聞き入れるわけがありません。佳織ちゃんが、恥ずかしがり、よがる声を洩らせばもらすほど、男たちはいっそうよろこぶのです。
「ええかっこうやぜ、落合佳織、おめこ、本番、見られてうれしいんやろ!」
三郎が佳織ちゃんの顔を手ではさみ、顔をあげさせて言ってやります。そうして靖男は、ぼっきおちんぽ、ぐいぐいと、根元まで挿しこんでしまいます。三郎は、佳織ちゃんのおっぱいを、手でつかんで揺すっています。発情中の靖男に生殖される佳織ちゃん。直樹は黙ったまま、録画録音カメラを回しているのです。


1200sx1506150105
-5-
三人の男子学生の目の前に、お股をぱっくり拡げさせられてしまった佳織ちゃん。裸のままで、一本の竹竿に手を拡げて括られ、膝を開かされて括られたうえ、竹竿に引き上げられている佳織ちゃんです。床に小さな丸椅子を置かれ、その座部にお尻を置いてはいるけれど、お尻のあなも、縦割れる陰唇も、それに黒々陰毛も露出され、ぐっと開いた胸には、お椀をかぶせた形のおっぱいが、ふたつ、ぷるぷるに盛り上がっているんです。
「それで、よっ、佳織、たっぷり、隅々まで、見てやるぜ、ええアイデアやろ!」
佳織ちゃんのお股の真ん前、50cmのところで、あぐら座りの三郎が、手のひらを佳織ちゃんに、太ももの根元、お尻を外側から挟みこんで、ゆすりながらいいます。
「ああん、やめてください、こんなの、恥ずかしいですぅ、見ないで、触らないでぇ」
悲痛な表情の佳織ちゃん。二十歳になったばかりの大学生、佳織ちゃんには残酷です。それが三郎たち、男子学生の魂胆でもあるんです。

「ほうら、靖男、ようく見るんやぜ、ツンツンおすまし佳織のおめこ」
三郎が、お尻の縁においた手のひらを、太ももの根元から、拡げたお股の真ん中へ、手のひらを寄せてきて、縦に割れたぷっくら唇を、ぺったんおいた手のひらの人差し指の間にはさみます。
「ああん、やめて、やめてぇ、やめてくださいぃ、やめてよぉ」
いんしんを、右と左に開かれる佳織ちゃんです。逃れようにも、手も足もきっちり拡げて括られた佳織ちゃん。ただ、三郎の手に、なすがままです、佳織ちゃん。
「おお、佳織、きれいな色や、靖男、何色に見える?!」
「うう、ピンク、桜の花びらみたいな、ピンク色!」
「そうや、ピンクや、これが、靖男、ええか、変わっていくんや、ふふん、そうやろ佳織!」
「ああん、見ないで、見たらあかん、見ないでよぉ」
「ピンクから、そうやな、あかっぽくなって、なぁ、佳織、そうやろ!」
真ん中の三郎にあわせて、靖男と直樹が、佳織ちゃんのお股の真ん中を覗きこんでいるんです。

「よう見とけよ、靖男、佳織の、おめこ、ひらいていくから、なっ、直樹、カメラ、ええな!」
目の前、三郎は、目の前30cmの近さに佳織ちゃんのお股の真ん中をターゲットにして、いんしんの外側においた手のひらを、ぐっと開いていきます。いんしんが、ぱっくり開かれて、三郎がいんしんのすそのほうが開くように、手のひらをねじります。
「うううわぁ、これ、佳織の性器、ちつ、チツ、膣なんや、濡れてるやん、すっげぇ」
「おお、ほんとや、濡れてる、透明の液や、おお、カメラで、接写して、撮っとくわ」
直樹が、カメラを持ってぐっとせりだし、三郎は佳織ちゃんお股に手をあてがい、性器をひろげたまま、からだを後ろへと起こします。
「ええやろ、佳織の性器やぜ、きれいな色してる、うずうずするなぁ」
そのうち、すぐ後には、このなかへ指をいれて、舌を挿しこみ、そうして最後には、生のおちんぽ挿しこんでやろうとの魂胆、三郎なのです。

-6-
竹竿に手腕と膝をひろげて括られている佳織ちゃん。ばっちし恥かしい秘所を開けられている佳織ちゃん。小さな丸椅子にお尻を置いて、お股を開けたままです佳織ちゃん。目の前、正面に、三郎が座っていて、その横に座っている靖男と直樹が、開けたお股を、覗きこんできています。
「これが、落合佳織の、ほら、見てみろ、クリトリスや、舐めたくなるねぇ、かわいい豆やねぇ」
指でいんしんの先っちょを拡げられてしまった佳織ちゃん。男に食い入るように見られていて、もう、恥ずかしくって、気を失いそうです。
「クリトリス、おれ、こんなん見るの初めてや、落合佳織の、ううん、クリトリス」
「そうやぜ、こんなの見れへんで、靖男、ようく見ておけよ!」
「ああん、やめて、やめてぇ、そんなに顔、近づけんといて、ああん」
「はは、佳織、観念しろって、だまってろ!」
三郎が、佳織ちゃんに、あざけわらうようにいい、そうして、お股においている指を、下のほうへずらしてきて、おめこのなかへ、ぶすっと挿しこんでいきます。

「ほらほら、佳織、指が、ほら、入っていくぜ、ううん、どこまではいるんやろ!」
人差し指と中指を、二本そろえて指腹を、うえにして、ぶすっと挿しこみながら、ぶつぶついって、指の根元まで入れてしまわれた佳織ちゃんです。
「ああ、ああん、だめ、だめ、ああ、だめぇ」
「はは、入ったぜ、佳織の性器、おめこ、はは、指をくわえて、いい気持ですって、ははっ」
三郎は、二本の指を挿しいれたまま、左へまわし、右へまわして、佳織ちゃんの入口、中、奥の感触をたのしんでいる感じです。
「ふふん、やわらかい、ぶよぶよ、ちゃう、ちょっと硬い、ううんじゅるじゅるやぜ」
「ああ、ああ、あああん、やめて、ああ、だめ、うごかしたら、あかん、やめてぇ」
からだをひろげきったまま、身動き取れない佳織ちゃんです。局所を刺激されて、からだがしびれてきています。

「ほうら、ひらけて、なかを見たろ、ほら、こうや」
二本の指を入口でぎゅっと開くようにして、佳織ちゃんの性器の入口を、ひらこうとしている三郎です。その横で、靖男が生唾ぐっとのみこみ、直樹がカメラを近づけます。
「おおっ、きれいや、きれいなぴんく、ピンクの襞や、これが、佳織のおめこ、性器のなかや!」
「ううっ、すっげえ、すっげえなぁ、じゅるじゅる、お汁、溜って、糸引いてるやん!」
「おんなの性器の中やぜ、これは、落合佳織の、おめこのなかや!」
「おれもさわりたい、さわらせてほしい」
靖男が、うわずった声で佳織ちゃんの秘密を触りたいというのです。
「ええよ、触ってみろ、手を拭いてからやぞ、清潔だいいちやから、な」
「わかっった、ほな、さわる、うう、こんなん、はじめて、おめこ、性器、おちあいかおり・・・」
靖男は絶叫する感じで、佳織ちゃんのお股を、さわってしまいます。そうして録画と同時に録音しているカメラのよこで、三郎が解説し、会話を録音しているんです、卑猥です。




1200sx1609190129
-3-
立っていることがつらくなってきたころ、佳織ちゃんの後ろに小さな丸い椅子が置かれて、佳織ちゃん、その椅子に座らされます。もちろん、手は拡げて竹竿を背負ったまま、手を真横にあげているのが、ちょっと辛いです。それでも、椅子に座ることができて、足のがくがく、震えもとまり、とっと安心な気持ちになる佳織ちゃん。
「ふふん、佳織、拝ましてもらうんやぜ、たっぷり、わかるやろ!」
丸椅子に座っている膝を、ぴったし閉じている佳織ちゃんに、三郎がいいます。
「足を、な、開いて、そいでや、ばっちし見せ物にするんや、佳織の性器」
「ああん、なんてこと、わたし、いや、そんなん、いや、いやですぅ」
「まあ、佳織がいややゆうことは、男が喜ぶことばかり、そうなんやぜ!」
「ほら、靖男、佳織の足を開かせ、わかってるやろ!」
靖男が手にしているのは、紐です、ロープです。

「佳織の膝に巻きつけて、竹竿に括るんや、靖男、ええな!」
靖男は、まってましたとばかりに、縄をしごき、数本束ねて、佳織ちゃんの膝に括りつけ、その縄尻を竹竿に引き上げて括ってしまいます。
「ほらほら、佳織、だんだん、ええ格好になってきたぜ、見えて来よったぜ、おめこ!」
右と左の膝から背負った竹竿に拡げて括られる佳織ちゃん。膝と竹竿のあいだは、20cmにしつらえられて、足裏を床につけると、おからだ、ちょっと、だいぶん、前かがみです
「ああん、こんなの、いったいなんなの、こんなん、あかん、やめてぇ」
佳織ちゃん、男たちのすることの、自分がされる姿を想像し、羞恥と恐れに見舞われてしまいます。
「まあ、みてろ、鏡とテレビに映し出してやるから、迫力だすんだぜ、佳織!」
スタジオの照明が消されて、そうして佳織ちゃんのからだに、上からと前横からとライトが当てられ、佳織ちゃんの肢体がくっきり浮かび上がります。

「ほうら、ひきあげてやるぜ、佳織、ようく見るんやぜ!」
三郎が、竹竿の高さをあげていきます。そうして、椅子にお尻をおいた佳織ちゃんの、膝がもちあがり、足首が浮き上がり、お股が正面になる位置で、竹竿がストップさせられてしまったのです。
「おおっ、すっげえぇ、佳織の正面、ばっちし、御開帳、おちちもおめこも、お開きや!」
お尻の芯をのせただけの丸椅子。お尻のあな、ぱっくり縦割れの恥くちびる、そのうえの黒々いんもう、そうして膝をひらいたその内側に、ぷるるんおっぱい、お椀をふせたような乳房の佳織ちゃんです。
「ほうら、佳織、鏡、見てみろ、ええ格好やろ!」
「ああ、なんてこと、ああん、ほどいて、こんなの、いや、恥ずかしいです、やめてぇ」
半泣きの声をあげてしまう佳織ちゃん。男たちの陰謀は、佳織ちゃんのいろいろな、日常には見られない女の子の全てを、開けることにあるんです。

-4-
「ほな、佳織、見て、撮らせて、もらうぜ、たっぷりと、なっ!」
男三人が佳織ちゃんの前に座りこみます。
「ああん、見んといて、ああん、あかん、見たら、あかん、あかん・・・」
リーダーの三郎が、正面にあぐら座りします。右に直樹が、左に靖男が、佳織ちゃんのお尻をおいた丸椅子に、密着半円状に座っています。床にあぐら座りすると、ちょうど佳織ちゃんのお股の真ん中が、目線のすぐしたにくる絶景ポジションなんです。手を伸ばせば、おっぱいからお顔が触れます。
「カメラの用意ええな、丹念に撮っておくんやぜ!」
デジタルのビデオカメラを手のひらに握った直樹へ、三郎が声かけます。

別荘のスタジオの真ん中に、天井から降ろされた2mの竹竿に手腕をひろげて二の腕を括られている佳織ちゃんです。そのうえ、二つの膝に紐が巻かれて、竹竿へ引き上げられて括られて、そのすがたのままで、小さな丸椅子にお尻を着いているんです。
「すっげえよ、おれらのアイドル落合佳織、丸見え、ポルノ、無修正、それにナマや、最高や!」
ぐっと唾を呑みこんで、さっきまで童貞やった靖男が、高揚した声で、いいます。
「そうやぜ、アイドル落合佳織、ポルノ出演、第一作目、まあ、そおゆうとこや!」
「ほな、監督は、大熊三郎、サブちゃんやな」
裸で無残に開かれてしまった佳織ちゃんを目の前にして、男三人、佳織ちゃんの反応を見ながら、いうのです。

佳織ちゃん、心中、おだやかではありません。恥ずかしさの極限とでもいえる羞恥スタイルです。だれにもハッキリと見せたことがないおっぱいとお股です。とくにお股の真ん中なんて、佳織ちゃん、自分でもハッキリと見たことがありません。だって、とっても恥ずかしいことなんです。じっくり、見ることなんて、思うだけで恥ずかしいじゃないですか。
「それで、佳織、ここ、そうやね、あとで毛も剃ってやるけど、股毛ってのも、いいねぇ」
三郎が、正面にぱっくり開かせた佳織ちゃんの、お股の真ん中、いんしんのまわりに何本か生えているチリチリ黒毛、陰毛の一部、お股のなか。
「毛深いのか、佳織、こんなとこまで、恥ずかしい毛が、ほれ、これ!」
いんしんのそとに生えてる黒毛を、つまんでひっぱる三郎です。
「ああん、いたい、やめてぇ、ああ、やめてくださいぃ・・・」
恥ずかしさ、この感情をどう表現したらいいのか、三人の男子学生に、まじまじ見つめられる恥の箇所。佳織ちゃん、もう羞恥の中に、だじだじなんです。



このページのトップヘ