愛欲部屋

エッチな体験をお話しします。写真と小説です。

1200sx1606120063
-7-
花台にお尻をおいたM字開脚の佳織ちゃんを、三人のおじさんが囲んでいます。大学教授の大野先生は、佳織ちゃんの通っている大学の教授さんです。でも、四畳半の恥部屋の三人のおじさんは仮面をつけて、佳織ちゃんを犯していきます。だから、正確にはお顔がわからないんです。
「ええからだしとりますなぁ、社長さん」
M字開脚になった佳織ちゃんの、広げられたおっぱいを、さわりながら、名取医師が島津社長におっしゃっています。
「ふふん、ぷりぷり、乳首が立ってますなぁ、ピンピン」
「社長さん、硬くなってますんや、乳房が、ぼっきしてますんや!」
おっぱいをなぶられながら、その感触を言葉にしておっしゃるお医者さん。佳織ちゃんには、その人がどんな方なのかわからないから、エッチなおじさん。
「この子、大学生なんでしょ、いっちょまえの女、腰のくびれなんて、ゾクゾクしまんなぁ」
島津社長が、後ろから、開脚M字の佳織ちゃんの腰へ手をまわし、撫ぜ撫ぜしながら、陰毛へまで手をひろげていかれます。

「あああん、やめてください、さわるの、やめてください・・・」
かぼそい、泣き出しそうなお声で、佳織ちゃんが、触らないでとお願いしちゃいます。
「おねがい、ああん、さわるの、やめてください・・・」
一本の横棒に膝をひろげて括られている佳織ちゃん。そのうえ、手腕のヒジがひろげられて膝といっしょに括られているんです。おっぱいも、お股も、開けられてしまって、閉じることができないんです。
「まあ、佳織さん、かわいいお声ですねぇ」
「ふふっ、もっともっと、やめてぇ、って言ってごらん、おじさん、その声、ゾクゾクしちゃうよ」
「ああん、やめて、やめて、おねがい、さわるのやめてください・・・」
横から名取先生が手をさしのばして、佳織ちゃんのおっぱいをまさぐっていらっしゃいます。そうして島津社長が、後ろから、佳織ちゃんの髪の毛にお顔をあて、腰から陰毛へ左右の手の平移動させ、肌のぬくもり、やわらかさ、それにぷりぷり感触を味わっていらっしゃるんです。

佳織ちゃんの正面に、お立ちになっている大野先生は、挿入寸前です。足を少し開き、右手でおちんぽをお握りになり、左手は佳織ちゃんの首後ろへおまわしになり、腰をぐぐっ、佳織ちゃんの開けられたお股の真ん中へ、近づけられていきます。
「じゃあ、ぼくが最初に、佳織クン、いいね、いただきますよ、いいね!」
仮面をかぶっておられるから、大野先生であるとは、佳織ちゃん知る由もありません。中年の、おなかがメタボな男が、佳織ちゃんの目の前。でも、佳織ちゃん、顔を斜め下へおとし、目線を会わせないようにして、少しでも恥ずかしさから逃れようと必死です。
「ふふっ、ははっ、おおっ、入ってしまう、ううっ、よう締まるおめこや、ううっ!」
ぶすぶす、大野先生のおちんぽが、佳織ちゃんのチツへ、埋め込まれていきます。
「うううわぁ、ああ、だめ、ああ、だめだめ、ゆるしてください、ああ、だめぇ」
佳織ちゃんのお声が、半泣き声になり、ぶすぶすっと挿しこまれたショックで、顔をぎゅっと結んでしまいます。なにより、初めてあった男の人に、無残、おちんぽ挿入されてしまったんですから。


BlogPaint
-6-
三人の見学者さんが仮面をおつけになり、そうして佳織ちゃんの眼隠しが外されます。素っ裸、一本の横棒にヒジと膝をひろげて括られた姿の佳織ちゃん。バイブレーターが括られた紐パンティを穿かされている佳織ちゃんです。
「ううわぁ、ああ、だれ、だれなの、ああ、さんにんも、男の人が、いるぅううっ」
目隠しを外されて、目の前に三人の仮面をつけた男のひとを見てしまった佳織ちゃん。びっくりしてしまった佳織ちゃん。
「佳織、男が三人、それぞれに、佳織のパートナーだよ!」
闇の声に気がついて、佳織ちゃんが見る三人の男の人は、下半身すっぽん姿です。佳織ちゃんと向き合った三人の男のひとが、三人とも、おちんぽを握って、じっと佳織ちゃんのお股を見ているように思えます。
「そうだよ、佳織さん、こんにちわ!」
「はじめまして、こんにちわぁ!」
「ふふ、佳織クン、よろしく!」
三人の男の人。佳織ちゃんには、何が何だかわからないまま、三人の男のひとが、おちんぽ握って余った手で、佳織ちゃんをなぶりだしてこられたんです。

島津社長さんは、佳織ちゃんのおっぱい。名取先生は、佳織ちゃんのお顔。そうして大野先生は、佳織ちゃんのお股の真ん中に突き挿された、バイブレーター。
「ほおっ、ぷちぷち、だいぶん硬くなってるね、おっぱい!」
「顔だって、汗ばんでいますよ、あかくなってますねぇ」
「おっぱいをぶりぶり、ぷるんぷるん、そうして指先で乳首を挟まれて、揉まれだす佳織ちゃん。名取先生は、やんわり、佳織ちゃんの唇へ、中指をおしあて、唇を割っていかれます。
「ふうぅ、ううわぁああん、はぁああ、ああっ、はぁああっん」
高さ80㎝の花台にお尻の芯をおいた姿の佳織ちゃん。立ったままの先生がたのちょうど腰の高さが、花台の高さです。紐付バイブレーターで、めろめろになっていた佳織ちゃん。お次は、三人の男の人が順番に、佳織ちゃんの陰部へおちんぽを挿入されていくんです。

闇から手が伸びてきて、佳織ちゃんの腰に巻かれた紐が外され、そうしてバイブレーターが外されてしまいます。お股の真ん中を完全に、露出あせられてしまった佳織ちゃん。
「ううわぁ、この子、名前、佳織でしょ、佳織クン、ぱっくり開いちゃってるよ!」
「そうだよねぇ、バイブで、開かれてしまったんだね、ふふ、まづは締めてあげなくっちゃねぇ」
お股を最初になぶる役割は、大野先生です。バイブレーターが外された佳織ちゃんのお股へ、手の平をあてがい、そうして親指と薬指でインシンの外側から閉めていかれます。そうしてインシンを指にはさんで、ぴゅっと引っ張りあげてしまわれる。
「ふふ、やわらかいねぇ、佳織クンの、ここ、なんてゆうんだろ、佳織クン、ここ!」
「はぁ、ああ、ああん、ひっぱったら、ああ、ひっぱらないで、だめ、だめぇ!」
素っ裸、一本の横棒に広げ括られた膝と肘、無防備になった佳織ちゃん。そんな佳織ちゃんを、男の人の欲望がなぶっていきます、そのうえで、男の人の最後の最後を、処理されてしまう佳織ちゃんなのです。




1200sm1401120011
-5-
目隠しされ、右手のヒジと右の膝、左手のヒジと左の膝、それぞれに合わせて結えられた佳織ちゃんです。その膝と膝のあいだを、一本の横棒がわたっています。その幅は、お股と太ももが120度にひろがる長さ、腕も120度にひろがって、お股丸出し、おっぱい丸出し、隠すことができないんです。
「ああん、だれか、だれかいるの、だれか、見てるのぉ」
「ふふ、佳織、見られてるの、わかるんやね、だれが見てるんやろねぇ」
闇ん声、それに三人の男の人の息する音が、佳織ちゃんには聞こえているんです。
「せんせがた、さわっちゃいけません、見るだけですよ!」
「わかっているさ、みるだけで、さわるのは、このあとだよね」
「あとで、いっぱつ、できるんでしょ、さいごに、ねぇ」
ひそひそ声で、複数の男の人がいる、佳織ちゃんは察知します。目隠しされているから、お顔はわからない。それだけに、見られているという意識で、佳織ちゃん、恥ずかしい、羞恥心に見舞われます。

「ほうら、佳織の、おめこ、バイブレーターの入ったおめこを、見てごらんください!」
四畳半の恥部屋。小さな花台にお尻を置いて、1mの横棒にヒジと膝をひろげて括られている佳織ちゃん。横棒は天井からの滑車に引き上げられていて、恥部屋、佳織ちゃんのからだには、明るい光があてられています。
「おおっ、これはすっごい、バイブにべっちょり、汁がついてますねぇ」
「おお、ほんとだ、ほれ、いんもう、ふわふわ、立って波打ってますねぇ」
「これが、大学生の股ぐら、ええ色してますなぁ、インシン、チツ、おおっ、クリトリス」
佳織ちゃん、ひそひそお声が間近に聞こえて、見られているのがわかって、お股をぎゅっと閉じようと力を入れてしまいます。でも、無残、膝もヒジも閉じることができないのです。
「ああん、だれぇ、だれがいるの?、ああん、みたら、見たらあかん、見ないでくださいぃ」
恥ずかしい処を、見られている気配に、半分泣き声になっている佳織ちゃん。恥ずかしさの余り、お顔を斜め上を向かせ、バイブが動いていないときは意識もはっきり状態で、ただ見られているだけの、羞恥心です。でも、からだの刺激、物足りなさを感じます。もっともっと、からだの歯車、くるわせてほしいんです。

ことばなぶりされていく佳織ちゃん。膝と腕をぐっとひらいて、眼隠しされて、身動きできない格好で、言葉だけを聞いてしまうもどかしさ。それでも、バイブレーターのスイッチが入れられると、からだがピクピク、くねくね、動いてしまい、ヒイヒイとのお声が洩れます。びびびび、くねくね、くねくね、バイブレーターがうごめきます。
「ひいいっ、ひい、ひいいっ、ひぃいい、いいっ~!」
佳織ちゃんの悶えるお声が洩れだして、一瞬、男のお声が静まります。三人の男の人は、佳織ちゃんの悶え疼かせるお声と、ぶるぶる、くねくねうごくバイブレーターに、見入っていらっしゃるんです。それで、バイブレーター、数秒の動きで、スイッチが切られます。それというのも、スイッチが入るやいなや、佳織ちゃんの悶えがはじまり、ヒイヒイのお声が洩れ、そうしてアクメに昇りかけてしまうから、数秒で打ち止めし、頃を見計らってスイッチが入れられるんです。ええ、島津社長、名取医師、大野教授の三人は、悶え打つ佳織ちゃんを目の前で、じっと見ていらっしゃるんです、四畳半の和室、恥部屋。


BlogPaint
-4-
バイブレーターはつけたまま、佳織ちゃん、花台にお尻をおいて座ります。座るとはいっても、お尻の芯をのせているだけです。
「ふふっ、佳織、いっぱい、楽しませてあげるよ、いいね!」
佳織ちゃんの手首をひろげて括った横棒が、するすると降ろされてきて、手首が解かれます。そうして手首のかわりに二の腕のヒジをひろげて括られてしまいます。そのうえで膝を括った縄が持ち上げられて、二の腕ヒジと合わせられ、括られていくのです。
「ほうら、佳織、鏡を見てみろ、ええ格好やぜ!」
「ああん、こんなの、ああん、恥ずかしい、恥ずかしいですぅ」
鏡に映された佳織ちゃん。80㎝の花台に、お尻をのせ、一本の横棒に腕をひろげ、膝をひろげ、右腕と右膝が、左腕と左膝が、それぞれに、1mの横棒にひろげられて括りつけられているのです。

「ふふん、佳織、この格好、ようく覚えておくんだね、このあとは、目隠しして、やるからね」
鏡に映った佳織ちゃんのスタイルは、花台のうえ開脚Mのすがた、横棒の両端を括った縄は天井から降ろされた滑車に通されています。
「ああん、きついですぅ、足が閉じられへん、手が動かへん、お股がきついですぅ」
手足を一本の棒にひろげて括られ、そのうえ目隠しされた佳織ちゃんには、耳に聞こえる音と匂いだけの感知です。これは、ガラス越しに見物していらっしゃった三人の男の人が、佳織ちゃんを直接、目の前で見れる、そうゆう仕掛け、プログラムなんです。
「ああっ、だれか、いるんですか、わたしのまえに、だれかいるの?!」
「佳織、いいかね、誰かいると思えばいる、いないと思えばいない、そうだよ!」
島津社長、名取医師、大野教授、この三人の男が、佳織ちゃんの目の前へ丸椅子を持ってきて、座っていらっしゃるんです。

「ああっ、ああっ、だめ、だめ、ああっ、ああっ!」
花台にお尻をおいた開脚M姿の佳織ちゃんへ、バイブレーターのスイッチが入れられたのです。
「あああん、だめ、ああっ、だめ、だめぇ!」
開脚の佳織ちゃん、太ももの内側が、ピクンピクンと波打ちます。からだ全体をゆするしかない佳織ちゃん。膝と腕をひろげて括った横棒が、ゆらゆらと揺れ動きます。そうして佳織ちゃんのからだが、波打っていて、ぷりぷりおっぱい、ぶるぶるふるえ、開いてバイブを咥えたチツから、とろとろ卑猥なお汁がしたたりおちてきています。
「ふふ、佳織、いっちゃあおしまい、イッたらあかんぜ!」
無常といえばいいのでしょうか、佳織ちゃんの喜悦悶えがぐぐっと高揚してくると、バイブレーターのスイッチが切られてしまうのです。



このページのトップヘ