1200sex1704070089
-5-
ショーツとストッキングは脱がされ足首にまとめられている結衣。足はひし形にされ腰から下は裸です。ワンピが肩を抜かれて乳房が見えるところまで脱がされています。ブラジャーはホックをはずされあごの処までめくられています。
「いい格好になったな、アイドル結衣が、裸になった、いい眺めだな」
お尻の芯を座布団に着き、上半身は後ろ45度に倒されています。太ももから膝が座布団から45度も持ち上がり、腰から太ももは90度以上に開いています。写真が撮られます。カメラに内蔵での動画が撮られます。
「結衣、おまえ、処女じゃないんだろ、これまでに、どれだけやったんだ」
「ううっ、うむ、うむ、うむむむっ」
幹夫が、横から、結衣のあごに手をいれ、顔をあげさせ、詰問します。結衣、身動き取れない羞恥の格好にされているところ、セックスの経験を問われても素直に答えることなどできません。口をつぐんで、うむうむ、ううううっ、と呻くだけです。
「ふふ、まあいいよ、いっぱつ、入れてやるから、それでわかるよ、なっ、結衣」
輪姦の最初は、翔太からです。三人にとっての初ものです。ズボンを脱ぎ、ブリーフを脱いで、下半身裸になります。すでにチンポは半勃起以上、びいいんと起ってきています。結衣は、ぐっとこらえて横を向きますが、後ろから抱えている明夫が、顔を前に向かせ、下へ向かせるのです。
「ううううっ、いや、いや、いやよ、いや、いやっ」
翔太が、勃起チンポを入れる前に、結衣の股間を弄ってやるのです。左手の親指で陰毛を掻きあげられます。小さな突起、クリトリスがあらわれます。
「剥いてやるよ、うっふふ、結衣にもオメコがあるんだ、あるんだね」
陰唇をひろげられ、膣口が見えるようにされる結衣。斜め後ろに倒されて、ひし形にされた足が斜め上に持ち上がっている格好です。翔太が、観察しているのです。
「ああん、いや、見ちゃ、いや、いや、いやぁああん」
結衣がわめき声をあげます。もう涙も枯れたのか目は潤んでいるだけです。頬を赤らめている大学二年生のアイドル結衣です。
「ふふふふ、いれてやるぜ、おれのチンポ」
長さは15㎝以上太さは直径4㎝以上もある翔太自慢のチンポです。亀頭がテカテカに光っている感じで、結衣、亀頭を、陰茎を、根元の陰毛を見てしまって、恥ずかしさと怖さとが入り交じった気持ちになります。
「ああっ、いやぁあ、いや、いや、ああっ」
翔太が、尻を浮かせて亀頭を結衣の膣に挿し込んだのです。そのままぐぐっと陰茎の半分ほどまで、挿し込まれてしまった結衣。顔を左右に揺すります。足を動かしますが動きません。ぐっと」こらえる結衣ですが、痛みではなくて窮屈なのです。
「おおおお、よお締まるオメコだぜ、処女じゃないな、そうだな、結衣、いい気持かい」
半分まで挿し込んだ勃起チンポを、亀頭を残して抜いた翔太が、結衣に声かけます。結衣は、羞恥の余り、頬が真っ赤になっています。素面よりも潤った表情、羞恥の極みとでもいえばいい表情です。