1200sx160327_079
-2-
四畳半の部屋に二畳の檻。檻から出された結衣が、明夫のチンポをしゃぶり尽くします。
「ああん、あん、うう、ううううん」
「そうだ、結衣、上手になったよな、歯なんて使わない、唇と舌、それに吸いつき」
「あん、あん、明夫さま、わたしを、わたしを、かわいがって、ください」
「かわいがるのは、むこうへ行ってからだ、ここでは、結衣が、奉仕する」
透け透けのショーツとスリップを身につけたかわいい結衣が、足の合間にぺたんとお尻をおとし、上半身を起こし、仁王立ちになっている明夫のチンポを、口に含んで奉仕です。首には2mの赤ロープが付いた赤ベルトの首輪が巻かれている結衣です。明夫には、首に巻かれた首輪に、左右の手で持ちあげられ、首から顔を操縦されます。結衣の手は、明夫のチンポを包み込み、お口と手で、腰からの勃起したチンポを、むさぼるのです。
「ああ、おお、いいねぇ、結衣、いいよ、朝から、いいよぉ」
「はぁああ、あん、あん」
フェラチオしている間に、結衣が着ているスリップを脱がしてしまいます。結衣は透け透けのショーツだけにされてしまいます。濡れる結衣の唇まわり、可憐なアイドル向井結衣、射精するまえにフェラチオが終えられて、四畳半の檻部屋からSMルームへ連れられてしまう結衣。
「いい乳房だな、結衣、うつむいても垂れてないよな、いい乳房」
「はぁああ、あん、あん、あぁああん」
四つん這い結衣の後ろから、明夫が赤いロープを持って、まえへ進ませます。檻の部屋とSMルームは廊下を挟んだドアの向こうです。ドアがあけられます。四つん這いの結衣を迎えるSMルームには、翔太と幹夫が椅子に座って待機しています。赤いロープを首に巻いた格好で、四つん這い、そろりそろりと前へ進みます。
「来たか結衣、ここに座って、チンチンしろ」
翔太が結衣を前に正座させ、起こした上半身の手を持ちあげさせ、犬のチンチンスタイルにさせます。結衣は、言われたとおりに、従います。
「結衣、いつ見てもかわいいな」
「はい、わたし、うれしいです、きょうも、かわいがってくださいませ」
「ピルを飲んでるから、今日は、中出し、男三人、射精、いいな、朝は一発ずつ、三発だ」
「はい、かわいがって、くださいませ」
結衣は、もう、セリフを忘れることはありません。悲し気な表情でもありません。学校のアイドルそのもの、可憐な表情を見せながら、男の心をゆさぶります。