1200sex1703180161
-6-
バイブレーターでは、イッテしまいそうになるところでストップされてしまった結衣です。男が三人、朝起ちするのを我慢して、結衣の裸体を見ているから、もう、うずうず状態、リーダーの翔太、世話役の明夫、カメラマンの幹夫です。バイブ責めの場面を、4Kカメラでビデオ収録したから、このあとは、結衣とオメコをするんです。
「おれから、ただくよ、結衣、よろこぶんだぜ」
一番くじはリーダーの翔太。ピルを飲まされている結衣。射精は膣の中で何もつけないナマ出しします。結衣の手首と両膝を拘束しているベルトが外されます。結衣は自由の身になるのです。ここはSMルーム、仕切りの向こうは鑑賞ルーム。翔太と結衣が残って、明夫と幹夫は鑑賞ルームへ引きさがります。翔太が、結衣を好きなようにして抱く、そういうストーリーです。
「ああん、ご主人さまぁ、わたしを、すきに、してくださいませ」
「ふふふふ、なかなか、結衣、可愛いね、素敵だよ」
「ありがとうございます、ご主人さま・・・・」
全裸になった翔太が、背凭れ椅子に座っていて、そのまえに全裸の結衣が、乳房も陰毛も隠さずに、立っています。
「もっと、まえへ、来なさい、結衣」
はい、ご主人さま」
結衣が翔太の前に立ちます。翔太は膝をひろげ、膝と膝の間にまで結衣に近づかせます。立っている結衣は足首を30㎝ひろげ、手は腰の横に降ろしています。翔太が、左手で乳房をまさぐり、右手は陰毛から股のあいだを弄ります。
「ああん、ご主人さま、ああん、あん、ああん」
「柔らかいね、結衣、おっぱいだろ、いんしんだろ、柔らかいねぇ」
「いや、ああん、そんなこと、ゆっちゃいや」
「可愛い声だ、結衣、おれ、もう、おっきくなってきちゃったよ」
「ああん、ご主人さま、おちんぽ、お口に、くださいませ」
結衣は、椅子に座った翔太の太もものあいだに膝まづき、翔太の勃起しだしたチンポを両手で挟み、亀頭を剥きだし、顔を伏せ、口に咥えこんでいきます。
「ううっ、うう、うう、うううっ」
「おお、結衣、根元から、先っちょまで、丹念に舐めるんよ」
結衣が従順なのは、すでに、そのように、調教しているからで、従わないとお仕置きを施されるのです。お仕置きは男の気分に拠ることが多くて、結衣はそれに従順になるだけです。
「立って、見せなさい、結衣のおまんこ、足上げて、ほうら」
「ああん、ご主人さま、あああん」
立たされて、左の足裏を、翔太が座る椅子の縁に着けさせられる可愛いアイドルの結衣。翔太が顔を下にもってきて、結衣の股のあいだを見るのです。前戯です。いきなり性交ではなくて、じわじわ、翔太の持ち時間は三十分、まだ五分も経っていません。そのあとには、結衣が背凭れ椅子に座らされ、翔太に裸体をたっぷり弄られて、性交にいたります。