1200sex1704240003
-7-
全裸で椅子に座った翔太のまえに膝まづいてフェラチオしていた結衣。立ち上がって、翔太に股間を観察されるのです。先にバイブレーターで刺激された膣のなかです。甘い淫欲ジュースを飲まされ、ピルで体調を管理されている二十歳の結衣。翔太が陰毛をめくりあげて覗き込んできます。
「ああっ、あん、あん、はぁあ、ああん」
翔太が座る背凭れ椅子の背凭れに手をおいた結衣、左の足裏を椅子の座部に当て、膝を左へひろげるのです。右足は床についたままです。
「ほうら、つま先立ちで、股を、もっとみせろ」
「ああん、こうですか、こうでしょうか、ご主人さま」
「そうだな、おお、ぷっくら、いんしん、ふくらんでるじゃないか」
「ああん、さわっちゃ、ああん、感じちゃいますぅ」
「だめだよ、こんなことで感じちゃ、お仕置きだな」
「ああん、お仕置きですか、ああん、いやぁああん」
「まあ、お仕置きは夜だな、おれにかわって、ここに座れ」
結衣、言われるままに、翔太にかわって背凭れ椅子に座ります。この背凭れ椅子の背凭れ部には手と足を拘束するベルトがついていて、結衣は座って、手首と膝をベルトに巻かれてしまうのです。
「いいか、おれのちんぽ、いれてやるから、おもいっきり、よろこぶんだよ」
「はい、ご主人さま、ありがとうございます、わたしをよろこばせてくださいませ」
結衣は従順です。言われるがまま、為されるがまま、アクメに何度も昇っていくのです、その快感は、結衣にとってはこの世の楽園に住む感覚です。
「こうして、手首、いいね、ほうら、こうして、膝を、ひきあげて、いいね」
「はぁああ、ご主人さま、あん、ああん、わたくしを、よろこばせて、くださいませ」
胸をひろげ、股をひろげ、足は太ももから膝はひろげて腰のうえ、両横です。結衣を括り終えたあと、翔太は、結衣がお尻を置いた前に腰かけ、座ります。背凭れ椅子に座ったまま、向き合うのです。
「ほうら、ちんぽ、いれてやらないと、なっ、さいごまで、抜かないからな」
「はい、ご主人さま、ああん、わたくしの、おまんこに、いれてくださいませ」
ぶすっ、翔太の不完全勃起状態のチンポの亀頭が、結衣の膣に入れられます。不完全勃起とはいっても十分に硬くなっているから、膣挿入はそのまま十分です。
「あっ、ああ、ああっ、ああああん」
ぶすぶすっ、翔太のチンポが、結衣の膣へ、はまりこんでいきます。翔太のチンポサイズは長さ15㎝超え、太さ4㎝超え、カリ首の切れは深いです。結衣は、この亀頭からのくびれたカリ首で、膣襞の奥の方をこすってもらえるのです。まだ二十歳だというのに、セックス三昧されています。というのも健康な淫欲ラブジュースを飲まされ、避妊のためにピルを飲まされ、男たちに女の機能を果たさせるのです。