淡水の小説と日記  淡水の物語と日記
1200sex1705080078
-8-
背凭れに背中をつけている結衣。座ったまえに翔太が座って、向き合い、抱きあっています。翔太のチンポが、結衣のオメコに、きっちりと挿入されています。挿し込む前には完全勃起でなかった翔太のチンポは、硬くてビンビンの完全勃起状態になり、結衣の性器のなかで、うごめかされます。
「ああん、あああん、ご主人さま、わたくし、とっても、ああん、気持ちいいですぅ」
手首を顔の横に括られ、膝をもちあげ、脇腹の横にひろげられて括られた結衣の膣に、翔太は容赦なく、勃起チンポを挿し込むんです。可愛いアイドルの結衣、全裸で背凭れ椅子に開脚M姿です。そこへ翔太のチンポが根元まで挿入されて、じゅるじゅるです。おっぱいが弄られてしまいます。キッスされ、舌を絡ませられる結衣は大学二年生の二十歳です。
「おおっ、おおっ、いいねぇ、結衣、ちんぽ、気持ちいいよ」
「ああん、ご主人さま、わたくし、あああん、気持ちいいですぅ」
「いいだろ、おれのちんぽ、最高だろ、ほうら、いいだろ」
「はぁああい、いい、いい、とってもいいですぅ」
ぶすっ、ぶすっ、翔太の勃起チンポが、結衣の膣に埋めこまれ、抜かれ、射しこまれ、埋まったままでこねこねされている結衣。ピルを飲まされていて、ナマのまま、膣のなかでスペルマ精子を放出されてしまいます。翔太は、そのまま、射精のところまで、ずんずんと昇っていきます。
「ほうら、おおっ、ううっ、いいねぇ、いいよぉ、結衣、いいよぉ」
結衣はぶすぶす、ぶすぶす、勃起チンポで膣の中を擦られていて、すべて翔太任せで喜悦を注入されていくのです。オーガズムを迎えるタイミングも、翔太に任されていて、イッテしまっても続けられたり、イッテないのに終わってしまったり、結衣は男に任せたまま、果てていくのです。
「おお、おお、結衣、いいわ、いいわ、おれ、もう、おおっ」
翔太のからだが硬直しだして、射精の兆しがあらわれてきて、結衣もそれなりに、身悶えしていきます。
「ああん、ひやぁあああん、ひやぁあ、あああああん」
ぶすぶす、ぶすぶす、トロトロになっている結衣の膣まわり、とろとろ透明の蜜が流れ出てきています。開脚M姿になったまま、ぷっくら、乳房が硬さを増して、股間がぷっくら膨れ上がっています。陰唇がめくれて、とろとろ、ピンク色の膣前庭が丸見えです。
「おおっ、ううっ、ううっ、うううっ」
翔太の射精がはじまります。ピクンピクンと痙攣するチンポに、結衣の膣が反応します。トロトロ白濁の精子を受けて、結衣の膣も拡がってしまいます。
「ひぃいいいいっ、ああん、あああん、ひぃいいいいっ」
ついに、結衣もオーガズムを迎えてしまって、裸体を硬直させて、ぐったりしてしまった結衣です。終わって、チンポを抜いてしまった翔太が、結衣の膣から流れ出る精液をティッシュで拭いてやります。そうしてアクメを迎えてしまった結衣に、アクメを迎えたからお仕置きに付す、というのでした。翔太が終わって、休息したあとには、明夫と幹夫が控えているのです。