1200sex1710090068
-15-
手を頭のうえに持ちあげられ、胸を張るようにされた結衣の乳房を、翔太が弄りだします。左右の乳房に、手にかぶせ、指間に乳首を挟み込み、絞めてやり、むにゅむにゅと、乳房を揉んでいくのです。
「ほうら、結衣、たぷたぷ乳房が、ほうら、むにゅむにゅ、ほうら」
「ううっ、うっ、うっ、ふぅう、ううっ」
結衣が呻く声を洩らしてきます。乳首が柔らかく絞められて刺激されるからです。結衣の正面に座る翔太から見て、右の乳房は時計回りの右回りで揉まれます。左の乳房は左回りです。そうして手の平をローリングされながら、乳首を指の間に挟まれ、揉まれるのです。結衣の呻きがすこしずつ強くなってきます。まだまだ、股は閉じられたままです。
「ふふふん、いいじゃない、結衣、息する啜り声が、たまらないね、ふふふふん」
「ひゃん、ひぃいい、ひぃいい・・・・」
手を頭の上、顎を後ろから持ち上げられている結衣です。胸をひろげられ、ひいひいです。そうしているうちに、閉じている太ももに、翔太の手が置かれます。太腿から膝へ、置かれた手がずりさげられます。太腿から膝の上部を何回か、撫ぜおろされ、撫ぜあげられます。後ろから結衣の腕を抱いている明夫が、手を離します。結衣は頭の上に交差させている手首はそのまま、肘を前にまわします。胸が柔らかくなりますが、乳房をかくすことはできません。
「ああっ、ああん、ああっ、ああっ」
太ももの内側へ手を入れられ、膝まで撫ぜおろされてくるとき、結衣のうわずった声が、ため息のように洩らされてきます。
「ほぅら、結衣、ちからを、抜くんだよ、ほうが、足のちからを抜いて、ひらいてみろ」
「はぁああ、あし、ちから、ぬく、ああん、ちから、ぬく、ああっ」
翔太が、力を抜いた結衣の膝を、ぐっとひろげてしまいます。足首は床に着いていて揃ったまま、膝だけが横へひろげられたのです。股の真ん中が、見えるようにされたのです。膝をひろげる翔太の手、目線が結衣の股間に注がれます。陰毛の生え際から下、まだ閉じ合わさっている陰唇が露出しているのです。
「明夫、足を、持ち上げやれ」
翔太が、結衣が座る椅子のうしろにいる明夫に、足をもちあげろといいます。結衣は持ち上げられ、広げられ、✖の背凭れ左右の上部のベルトに、足首を括られてしまうのです。男たちは、可愛い女の子、アイドル結衣を、羞恥責めのスタイルに、してしまったのです。