1200sex1705080179
-1-
落合聡美は今年大学を卒業して大手の銀行に就職したところです。彼はいません。欲しいなぁと思っているけど恋人がいない。いないというのはセックスする関係の男子がいないということ。経験は大学二回生、二十歳のときにできた恋人と、濃厚なというか淡泊なというか、週に一回のペースで、関係しあいました。半年ほど続いて、別れてしまって、その後は恋人いません。この聡美が、仕事を終えた金曜日の夕方6時過ぎ、淀屋橋の近くの路上で、白いベンツに乗った男子に声をかけられ、ドライブに行かないかと誘われ、イケメン男子だったので、車に乗りました。男子の名前は、三輪翔太と名乗り、二十六歳だというのです。父が貴金属輸入卸の商売をやっていて、金には困らないのだと、翔太がいうのです。ドライブは阪神高速から神戸のほうへまわり、宝塚の高級マンションに着いたのは、もう午後九時過ぎでした。金曜日の夜、黒いスーツ姿の新米OL聡美は、それだけでぴちぴち感あふれる女子なのです。
「ここの、12階、いいんだろ、聡美」
ドライブ中に会話して、夜の食事はコンビニ弁当だけど、買いこんで、聡美は誘われるままに、白いベンツに乗る翔太に従ってやってきたのでした。

12階のマンション、聡美はワンルーム住まいだから、翔太のお父さんが所有しているという高級マンションへ、興味津々、やってきたのです。
「あしたは土曜日、それから日曜日、お休みだから、いいかぁ」
マンションのリビングは相当広い部屋で薄紫の絨毯が敷き詰められていて、背もたれ椅子は高級感あふれる落ち着きを醸しています。
「なに、なに、なんですかぁ」
翔太のほかに男子が二人、イケメンです。翔太と同じく若い、センスがいい、雑誌モデルみたいな男子です。
「おれたちがさぁ、聡美をさぁ、二泊三日でさぁ、ふふん、映画つくり、さ」
どうして聡美の名前を知っているのか、康介と名乗った男子がニタニタ、そんなことを言うのです。もう一人の男子は名前を名乗らなかったけど、せいや、という名だと、三人の会話から察した聡美。まだこのマンションへ連れてこられて、十分ほどですが、なれなれしくなった聡美と男子三人。でも聡美には、不安だらけ、やられる、レイプされる、背筋が寒くなったのは事実です。

-2-
「ほんじゃ、最初のあいさつ、一発、やらしてもらおうか」
翔太の合図で、康介が黒いスーツ姿の聡美を後ろから羽交い絞めにします。誠也が前から尻と膝裏をに腕を通し、160㎝50㎏の聡美を抱きあげます。
「恥の部屋だ、恥部屋へ連れてけ」
リビングからのドアを開くと、そこは八畳ほどのアンティークな洋室です。道具が、真ん中には婦人科検診台、壁際には上の板に鉄のフックがついた身長計の形の道具、それに幅1.5mの高さが調節できる鉄棒セット。
「なに、これ、この部屋、わたし、うううっ、うぐうぐ」
恥部屋に連れ込まれて、足を床に着いた聡美ですが、健介に羽交い絞めされたままです。黒いタイトスカートが膝上15㎝ほどにもちあがり、薄黒いストッキングがなまめかしい。
「聡美、この台に、のってもらおうか、いいな」
検診台は何をする台なのか、女子の聡美にはわかります。羽交い絞めされたまま、検診台の横から、お尻をのせられ、上半身が後ろ120度にも倒れた台にのせられ、翔太が聡美の腕を拡げさせ、肘をゴムロープで横板に括り留めます。右が終わって左肘が留められ、誠也が押さえていた足、右の太ももから膝を右のアームにのせられゴムベルトで留められます。左のアームへは、左の膝をのせられゴムベルトで留められていく聡美。
「いやぁああん、こんなこと、やめて、やめてよぉ」
こんなことになるとは、まったくの想定外です。聡美、三人の男子の手にかかって、黒いスーツ姿のまま、検診台に乗せられてしまったのです。尻から太ももがのったアームは、股間から45度に開いていて、太ももの根元から膝は45度に持ち上がっているのです。

「いいねぇ、黒いスーツの新米OL、聡美ちゃん」
「パンスト穿いた股間が憎いね、しゃぶりたい」
「まあまあ、ゆっくり、たっぷり、思う存分!」
黒いスカートはめくれあがって、腰の横に留まります。黒い上着のボタンは外され、白いブラウスはボタンが留められたままです。
「いい眺めだ、さすが、うわさの美女だ、京上大学きっての美女だった!」
「ビデオで撮っていくぜ、一枚、一枚、剥がしてやってさあ」
「そうだよな、裸に剥いてやって、チンポ一発、やらせてもらって」
「いやぁああん、そんなの、あかん、だめ、いやぁああん」
「いやや、ゆうても、あかん、おめこ、してやるんやで、何発でもさぁ」
若い男たちは、女を目の前にして血走ります。チンポをオメコにいれて、射精したい欲求でいっぱいです。
「そうやな、二泊三日、日曜日の夜まで、ひとり十回、できるんや」
検診台にのせられた聡美の、太ももの間に立った健介が、聡美が穿いた薄い黒のパンストと白い生成りのショーツを尻から抜いてしまう。お臍から太ももの根元までを露出されてしまったOL一年生の聡美。
「いやぁああん、恥ずかしい、やめて、こんなの、あああん」
泣き声、すすり泣く声が、男たちの胸に、いいしれない情欲を起こさせます。白い肌、細いウエスト、丸いヒップ。それにひろげられた股の間。縦割れの大陰唇は、まだ閉じられたまま、ぷっくら縦にふくらんだ唇です。陰毛が逆三角形、大陰唇の横にもちょろちょろ生えている聡美。お尻の穴も丸見えです。翔太と健介と誠也の三人が、検診台にあがった聡美のからだを、吟味し、手先と舌と唇で味わい、勃起チンポで、聡美を頂く。いよいよ愛欲の時間が、始まっていきます。