1200sx1607230113
-10-
<縛られて犯される>
三人の男子から、羞恥台にのせられ、順番に犯されてしまった聡美です。床に敷かれた分厚いマットレスに横たえられています。ここは宝塚の高級マンション、恥部屋と名付けられた八畳のアンティークな洋間です。逃げられないように後ろで手首が括られている聡美です。着ていたモノは剥ぎ取られ、素っ裸にされているんです。
「だいぶん気が戻ってきたようだな、聡美」
「・・・・・・」
「ええ気持ちになった、よかった、そうだろ」
「ううう・・・・っ」
「だけど、まだまだ、これからだぜ、たっぷり、可愛がってやるんだから」
「ううううっ」
こらえているのか聡美のくぐもった声が洩れてきます。悲しい、悔しい、そんなのじゃなくて屈辱的な扱われかたに、こらえきれないのです。
「さあ、さあ、これ、飲め、喉を潤せば、いいよ」
サブリーダー格の健介に、裸の上半身を起こされ、後ろで手首をつかまれ、顔を正面から上に向けさせられ、リーダーの翔太がコップに注がれたカルピスのような白濁した水を、聡美の唇に当ててきます。
「さあ、飲め、一気に、飲め」
聡美は、ぎこちなく、飲まないでおこうとします。でも翔太は、飲ませるべく執拗に唇にあてがってくるから、仕方なく喉を通させます。ごくん、ごくん、甘い味がします。お酒かもしれない、聡美はその味から、まろやかなアルコールだと思えたのです。
「ほんわり、ええ気持ちになるぜ、聡美、ふふん」
全裸の上半身を起こされ、足はあぐらを組む格好にさせられる聡美。羞恥台は部屋の隅に折りたたまれて置かれ、厚さ10㎝のマットレス。マットレスのうえには木製の座椅子。座椅子には花柄の座布団が敷かれています。
「これに、座るんだ、それからだ、ビデオ鑑賞会するから、なっ」
聡美の前に座った翔太が、後ろにいる健介に促しながら、にたにた笑い顔で、いいます。聡美はうつむいたまま、目線をあわさないようにしています。
「ほうら、よいしょ、尻、あげろ」
健介が聡美の脇腹に腕を入れ、乳房に手をかぶせるようにして、お尻を浮き上がらせ、座椅子の座布団に座らせます。
「あああん、いやぁああん」
喉がやんわり火照ってくる聡美。お尻を浮かせて、座椅子に座らされて、あぐら座りにされます。斜め前には大きな液晶モニターが置かれていて、画面はまだ真っ暗ですが、ムードミュージックが流れでてきます。

全裸の聡美。後ろで括られていた手首の紐がほどかれ、座椅子の背中に横棒があてられ、これを担ぐ格好で腕をひろげて括られてしまう聡美。おっぱいが露出して、腕を横にひろげるから、ぷっくら盛り上がる格好です。
「ふふん、聡美、そろそろ、効いてきたんじゃないか、淫乱媚薬」
あぐら座りさせていた足が、膝を立てた格好でひらかされ、折られてMの格好。腕をひろげて括られた以外は、なにも括られていません。
「ああああ、なに、なにですかぁ、ああ・・・・」
大きなモニターに、実物の20倍にも拡大されたかとおもわれる聡美の局所が、映りだしたのです。股間のドアップ、その上のほうに聡美の軋ませた顔が映り込まされている映像です。
「うううっ、ああっ、ああああ~~っ」
映像からの音声。ボリュームがあげられ聡美が呻き悶えた甲高い声が、聡美の耳に入ってきます。映像と音声で、聡美、卒倒しそうなくらいに、ショック、頭の中真っ白、恥ずかしさどころではありません。
「ええ声、ええ身体、聡美の股間だよ、じゅくじゅくじゃないか」
男のモノは挿入されていない聡美の股間が、容赦なくばっちりと克明に映し出されているんです。ひろげられる陰唇、クリトリスが剥き出され、膣前庭がひろげられ、尿道口までハッキリみえて、それから、膣口、入り口近くのピンクの襞が映し出されてきます。
「はぁああ、ああ、いやぁああ、ああああっ」
放心しているような聡美の口から、甘ったるい悶えたような声が洩れ出てきます。よだれが出てきそうなほどに唇がゆるんでくる聡美。その聡美の姿を、三人の男が、大きなモニターと実物の聡美を相互に見やりながら、ビデオ鑑賞しているんです。ビデオの音量がしぼられ小さくされ、映像だけが流れます。そうしてポーズ状態になって消されます。
「聡美、この映像は、俺たちのものだぜ、わかるよなぁ」
健介が、聡美のおっぱいを触っていて、耳元で囁くようにいいます。聡美は答えようがありません。とんでもなく羞恥の極みに落とし込まれてしまうだけです。

-11-
先に撮られたビデオを見せられてしまった聡美、恥ずかしさのあまり、卒倒しそうなくらいでした。男たち三人が、聡美を見ています。八畳の洋間に敷かれたマットレス。そのうえに座椅子がおかれ、赤い座布団にお尻を置かされている新米OLの聡美です。全裸です。背もたれの後ろには横棒がつけられています。腕を横にひろげられ、肘が横棒に括られているんです。
「どうした、感じたか、うれしかっただろ、聡美が主役だよ」
膝を立てられ、太ももをひろげさせられている聡美を、上から眺める翔太がいいます。
「ああん、いやですぅ、いや、いや」
「なにが、いやなんだ、聡美、すきなんだろ、こんなこと」
淫乱媚薬を飲んでしまって、むずむず、うづうづ、若い身体の聡美のなかが萌えだしてきています。ふくらんでいく感覚は、少しの刺激でも気持ちよさにかわります。まだ触られていないから、聡美、その気配はありませんが、なにかしら気が上気してきている感じです。
「ほうら、足をひらいて、もちあげてやるから、いいな」
誠也は撮影係で4Kビデオカメラを三脚に取り付けています。翔太は聡美の正面、健介が聡美の背後です。
「ああっ、だめ、ああっ」
健介が聡美の右足、膝裏からベルトを巻きつけ、ベルトにつけられた紐を横棒に結びます。足裏がマットに着いた状態です。
「いいだろ、開脚だ、おまえは、足をひろげたままになるんだよ」
後ろから声をかけながら、つぎは左の膝裏からベルトを巻いて、紐を横棒に結びます。
「いいねぇ、聡美、たっぷり、可愛がってやっから、なっ」
翔太が、膝を持ち上げられ、横にひろげられた聡美の足の間にあぐら座りです。
「げろひろ、太もも、ひろげてやれ、聡美の足」
翔太の言葉に、聡美の後ろにいる健介が、膝を括ったベルトの紐を、横棒に引き上げ拡げます。右膝がひきあげられ、左の膝が引き上げられてひろげられます。
「ああん、いやぁああん、ああああん」
腕を横にひろげられ、膝がひろげられて持ちあげられた聡美が、開かれてしまう身体を察して、悲痛な声になります。

座椅子に敷かれた赤い座布団。そのうえにお尻をおかされている聡美は22歳です。大手銀行に採用され、この春から仕事に就いた新米OLです。三人の男子に拉致されて、宝塚の高級マンションに連れ込まれてきて、三人には順番に犯されてしまったところです。次のステージは、聡美を羞恥の格好にさせて、たっぷりと性の快楽を注ぎ込んでいくというのです。
「ほうら、丸出しだよ、聡美、ここも、ここも、丸見えだよ」
座椅子に横棒。横棒に腕をひろげて肘を括られている全裸の聡美。膝が拡げられて持ち上げられて、横棒に括られている可憐な聡美。
「このまま倒してやれ、少しでいいな」
「そうだな、これくらい、だね、ここで留める」
座椅子の後ろに支えをいれて、聡美のからだが30度後ろに傾かせられます。正面にあぐら座りの翔太には、目の前に斜め上向いた聡美の股間がくる格好です。
「いいねぇ、聡美、ふふっ、ゾックゾックだな、なぶってやるから、なっ」
すでに淫乱媚薬が効き始めてきた22歳新米OLの聡美。潤ませた目つきで、目の前の翔太の顔をみています。無防備、全裸のからだを、もてあそばれるのを、受け入れてしまう聡美です。
「はぁああ、ああっ、はぁああっ」
「ふふ、乳首、さいしょは、ここからだね、聡美」
股間は拡げられたままです。大陰唇が少し開いて、小陰唇も少し開いた状態で、ぷっくら膨らんできている聡美の羞恥部です。ここには触れられず、おっぱい弄りからはじめられる聡美。
「だめ、ああ、ああん」
正面から翔太の双方の手が、聡美の乳房をすそから乳首へと撫ぜあげられていきます。たっぷり、ふっくら、盛りあがる聡美の乳房です。撫ぜあげた次には、乳首が、乳輪のところからつまみあげられます。乳首には直接指を触れられないんです。
「ふふふふ、聡美、乳首を、突っ立てて、やるよ、ほうら」
聡美の乳房、ぷっくり、乳輪を絞られると、乳首の襞がなくなり、つるつる状態に仕上がります。そうして乳首を、爪先で、弾かれてしまう聡美。ピリピリ、鋭い刺激が、注入されてしまう聡美。腕をひろげ、足をひろげ、斜め後ろに倒れた無防備の裸体です。聡美は、注入されてくる刺激に、しだに悶えだしてしまうのです。膣まわりにも、微妙に影響してくる乳房責めです。