1200sex1801240106
-15-
<輪姦される聡美>
うとうと眠っていたのか、ふっと目が覚めた聡美は、後ろ手に縛られていることに気づきます。恥部屋の恥椅子検診台は折りたたまれ、シングルベッドも折りたたまれていて、四畳半の三分の二にマットが敷かれ、そのうえに横向きになって寝かされているのです。着衣しています。セーラー服をまとっていて、白ソックスをはいていて、女子高生の格好なのです。
「ふふふっ、気がついたかい、聡美、よく、眠れただろ、元気になっただろ」
「はぁああ、村瀬さん、どうして、わたし、こんな格好に?」
「うっふふん、これから、ここで、聡美のショーが、はじまるんだよ」
天井から太い縄や鉄のフックが下ろされているのが目に入る聡美。村瀬が、ショーがはじまる、という言葉に、聡美はなにがなんだかわからない。電気が消され、暗転からスポットライトに変わります。狭い部屋、その真ん中に横向きに転がされている聡美。後ろに手首を縛られているだけです。
「おおおっ、おんな、女子高生かよぉ、ほんまかなぁ」
「可愛いしてるじゃん、ほんまもんだよ、女子高生」
「なまえは、さとみ、素人だってよ、いいねぇ」
まだ若い男が三人、転がされた聡美のまわりに立っています。まだ若い感じがして、大学生なのかも知れない。
「ああん、なに、なに、なにするの」
聡美の前と頭の方と後ろに座り込んだ三人の男子が、聡美の顔を上に向けさせ、じっと見入っているのです。村瀬はもうこの部屋にはいません。
「おいおい、この子とさあ、三回、やれるんだよな、このスキンで」
「そうだよ、そう聞いてるぜ、三回、朝までいいんだってよ」
「可愛い顔、してるじゃん、さとみ、って名前だな」
「いいね、さとみちゃん、おまんこ、しようね、おれたちと」
「たっぷり、おお、おれ、もう、したくなったぜ」
「そうだよな、さっそく、やるか、さとみを剥かなくちゃ、なぁ」
男三人、お互いに名前を言い合わないから、聡美には屈辱です。それになにをされるかわからない、怖さがひしひしと胸のなかに迫ってきます。

男の名を、仮に、一郎、二郎、三郎、と名付けておきます。一郎が聡美を仰向かせます。紺色のスカートを捲りあげるのは二郎です。三郎が聡美を起こして女座りにさせます。そうして後ろ手の縛りを胸にまでまわして、二重をふたつ、つまり、乳房の上と下に二重に紐をまわして縛り上げ、天井からのフックに結んで、聡美を立たせます。
「はぁああっ、いやぁああん、いや、いや、ああん」
聡美、立たせられて、それ以上に紐を引き上げられて、白いソックスをはいた足裏が、マットから離れて吊られたのです。
「吊ってやったぜ、30秒だな、それから、おろして、料理してやるか」
二郎が、ニタニタ声で、楽しむような言い方です。
「ううっああん、いたい、いたい」
聡美、吊られて、ずっしり、からだの重みを腕に感じます。でも、マットから10㎝ほど浮いた足裏が、着くようにされ、膝は半分まで折ることができるところで留められたのです。セーラー服を着た女子高生、男三人に囲まれて、弄られていくところです。
「これ、噛ましておこうぜ、舌、咬まないように、大声ださないように」
聡美の唇をひろげさせ、上歯と下歯の間に日本手拭を咬ませて、絞り上げられ、首の後ろで絞り括られます。聡美の顔が、奇妙に歪みます。
「ううっ、うぐ、うぐ、うううっ」
口を塞がれてしまって、それから、二郎がスカートを捲ってきます。一郎がうしろから抱いてきます。三郎は、顔を撫ぜてきます。聡美、後ろ手に縛られ、口に手拭を咬まされ、半立ちのまま、からだを触られていきます。

-16-
セーラー服を着たまま後ろ手に縛られ、天井からのフックに吊るされてしまった聡美です。三人の男は大学生のようですが、素性はわかりません。ここは村瀬が所有する高級マンションのプレイルームです。狭い四畳半の恥部屋に、どうして三人の大学生がいるのか、聡美にはわかりません。
「うっ、ううっ、うう、ううっ」
手拭を咬ませられた聡美が、呻きます。後ろから抱かれ、服の上から乳房をつかまれているのです。スカートがめくりあげられ、胸の横縄の挟みこまれます。股間のショーツが丸見えにされます。
「めっちゃ可愛いじゃん、この子、聡美、高校生なんかなぁ」
「まあええ、女にはちがいないんやから、それにしても、可愛いなぁ」
後ろから聡美を抱いている男が、ボタンを外し、胸を開けてしまいます。可愛い花柄ピンクのブラジャーがあらわれます。そのブラジャーがしたへめくられ、乳房が露出されてしまいます。
「ううっ、うぐううっ、うぐうぐうぐっ」
聡美は、いきなりの男たちの手荒いやりかたに、涙ぐんでしまいます。口を手拭で塞がれ、歯に咬まされ、後ろで括られているから、声が出ない、言葉にならない、呻き声になります。
「いいじゃん、お乳、おっぱい、乳房、ぷりんぷりんだぜ」
「それよか、脱がしてやるぜ、パンティ、ズロース、ショーツ、なんでもいいや」
聡美の前にしゃがみこんだ男が、腰に手を当て、ショーツのゴムのところに指を入れ、ひろげ、お尻から抜いていきます。
「おおおっ、黒い毛、陰毛、高校生のくせに、こんなに生えてるんだ」
聡美は中腰になって膝を閉じ、ショーツを脱がしてくる男の手を阻止しようとします。でも、そんなこと、無駄な抵抗でしかありません。

後ろからの手で乳房をまさぐられ、双方の乳首が、男の指に挟まれ、揉まれだします。
「ううっ、ううっ、うううっ」
聡美のうわずって、くぐもった声が洩れ出ます。その声の音色に男たちがいきり立ちます。ショーツが脱がされソックスが脱がされ、下半身が剝き身にされてしまいます。
「おろして、寝させて、弄ってやろうぜ」
横に立っている男が、聡美を後ろから抱いている男と、前にしゃがんでいる男に声をかけ、フックから後ろ手縛りの聡美をはずし、マットへ仰向きに寝かせます。
「ううっ、ううううっ、ふうう、ううっ」
聡美が男たちに訴えます。<やめて、やめて、こんなこと、やめて>といっても盛のついた男たち、やめるわけがありません。四畳半の恥部屋の三畳ほどにマットが敷かれ、そこに聡美が仰向けに寝かされたのです。
「股、ひらいて、見て、やろうぜ」
後ろ手に縛られ、上半身、セーラー服を身に着けて、乳房を剥き出された聡美です。臍から下半身は裸です。三人が座り込み、大きな枕を二枚重ねて、聡美の腰に入れます。臀部がマットから浮きあがります。左右に座った男が、聡美の膝に腕をまわして、左右にひろげます。正面にいる男が、聡美の股間を、眺めます。その距離は50㎝ほどです。
「ううっ、ううううっ、うう、うう、ううっ」
聡美が、顔を左右、横にふって、やめてほしいと訴えています。後ろ手に縛られた聡美には、なすすべがありません。足をひろげられ、股間を観察されていく聡美。スポットライトが、聡美の下半身を明るくしています。
「うっふふっ、聡美ちゃん、まもなく、おれのちんぽ、ここに、いれてやるからねぇ」
「ううううっ、ううっ、ううっ、ううううっ」
左右にひろげられた太ももの、その根元の股間を眺める男が、陰毛をたくしあげ、陰唇をひろげてしまいます。

-17-
後ろ手に縛られ、上半身、セーラー服を着て着、乳房を剥き出されている聡美です。スカートがめくられ臍から下半身は裸です。両側に座った男が、聡美の膝に腕をまわして太ももをひろげます。真ん中の男が、聡美の股間、陰唇をひろげます。
「ううううっ、うう、ぐうう、うううっ」
手拭を口に咬まされらているから、くぐもった声しか出せない聡美。涙がこぼれてきます。強引に三人の男に弄られているんです。
「こいつ、可愛い顔してるなぁ、美人じゃん」
狭い部屋、四畳半のうち三畳分にマットが敷かれ、そこに男三人と聡美がいるんです。座り込んでいる男三人、仰向いて寝た格好の聡美。下半身剝き身にされ、腰下に分厚い枕が押し込まれ、臀部が浮いている聡美。
「うううっ、ふううううっ、ぐぅうう、ううっ」
かなり乱暴に乳房が揉まれます。乳首がつままれ、揉まれます。後ろ手に縛られて、口に手拭を咬まされている聡美には、ただ、なされるがままです。拡げられてしまった股間を、男が触ってきて、陰唇をひろげ、陰毛をかきあげ、膣に指を入れてきます。
「ううっ、ぐぅううっ、うううっ」
22歳今年大学を卒業して銀行員になった聡美です。狼のような男たちにセックスを迫られているのです。高級マンションの一室、四畳半のプレイルーム、恥部屋です。聡美の股間の前に座った男が、下半身裸になってチンポを勃起させています。聡美と結合するんです。
「おれが、いちばん、この女、いただいちゃうぜ」
左右の男が聡美の太ももをひろげさせいます。男の勃起したチンポが、聡美の股間を撫ぜます。亀頭で陰唇を割って、膣前庭を擦ります。
「ううううっ、うぐうぐうぐ、ううっ」
ぶすっ、男の亀頭が、聡美の膣に挿入。聡美が、いっそう大きく呻きます。

仰向いて、後ろ手に縛られたまま大の字にされている聡美。チンポが膣に挿しこまれ、ぐいぐいと男の腰が動かされ、膣のなかを突かれ、襞を擦られていく聡美。
「おおおおっ、ええ玉や、こいつ、ぐいぐい、絞めてくるぜ」
チンポを聡美の膣に挿しこんでいる男が、上半身を立て、揺すって喜び、その味を言葉で表します。立てていた上半身を、聡美にかぶせ、乳房をなめだします。チンポを挿しこんだまま、聡美の首に腕をまわし、唇で乳房と乳首をなめまわしています。
「うううっ、うう、うう、ぐぅうううっ」
聡美は、屈辱の中で犯されていきます。足をひろげられ、腰をうかせられ、チンポを挿し込む男にだかれ、唇で乳房をまさぐられ、からだを翻弄されているのです。男の腰が、前に後へ、膣に挿されたチンポが、挿され、抜かれてそのスピードが、速まってきて、一気に抜かれてしまいます。
「おおおお、ええわぁ、やりごたえあるぜ、この女、聡美とかいうんだな」
男が、素早くスキンをつけます。そうしてふたたび、男は、ぶすぶすっ、ぶすぶすっ、聡美の膣にチンポを挿しこみ、あとは一気に射精へ登っていくんです。
「おお、ええわぁ、ええよぉ、おおおっ」
「うううっ、ううっ、うううっ」
「ほら、おお、ほら、ほら、おおっ」
聡美が悶えます。半裸のからだをよじります。大きな声で叫びたくても叫び声になりません。くぐもった声が、哀しさを呼びます。男たちは、聡美の哀しい呻きの声で、いっそうからだを火照らせます。
「だすぜ、おおおっ、いくぜ、おおおっ、おおっ」
「ううう、ぐうう、ぐうううっ」
「おおっ、ううううっ、ああ、ああっ!」
男が声をだしての射精がはじまり、聡美が応えて呻きます。男の射精が終わるとすぐに右横の男が、真ん中へ入ります。下半身裸、ぼう、チンポびんびんにしていたのです。