1200sex1812030107
-4-
特製の椅子に開脚Mすがたの大学二年生、二十歳になったばかりの向井沙織です。身につけているのはピンクのショーツだけ。そのショーツの股布は紐状になっていて、開脚Mずがたのまま椅子に置かれているんです。
「いい格好になったな、沙織、どうだね、こっちみてごらん」
あぐら座りから立ちあがった風雲。一歩後ろへ引いて、沙織に目線を当てたまま、声をかけます。
「ああん、恥ずかしい、こんなかっこう、恥ずかしい・・・・」
「そうか、恥ずかしいか、そりゃそうだ、恥ずかしい格好なんだから」
上半身裸で乳房は丸出しです。左右の腕は、脇腹の横へ、扇形に降ろして肘が板に括られているんです。
「いい格好でしょ、遊楽先生、多良先生」
「そうだね、ぞくぞく、してくるね、沙織のこの格好!」
「だいじな処だけ、布で隠されている、見たいですなぁ」
風雲の声につられて遊楽先生とよばれた木村画伯が応じ、多良画廊のオーナー多良修三が応じます。
「じゃあ、遊楽先生から、ご覧になられますか」
淫らな館のスタジオスペース、明るい照明のなか、沙織の裸体が椅子に置かれてあるんです。遊楽先生が、沙織の前にあぐら座りされます。沙織の紐がかかった股間が目の前です。
「ああん、先生、こんなの約束とちゃいますぅ」
「いやいや、契約の中に書いてあるでしょ、その他もろもろにも応じますってさ」
「ああん、いやぁああん、でも、ああ、見たらぁ、恥ずかしい・・・・」
木村画伯、遊楽先生の目の前に、股間に縦割れ紐になったピンクのショーツがあるんです。陰唇と陰唇のあいだに縦紐があるといったところで、見られる二十歳の沙織は、羞恥の極限です。
「おおおっ、沙織クン、見えちゃったよ、お、め、こ、ぉ」
右手の中指を、沙織の股間、紐状股布の真ん中に通して、右の方へと引っ張られたのです。隠れていた沙織の陰唇内側、それに膣までが露出されてしまったのです。
「おおおおっ、いいねぇ、きれいなピンクじゃないか、沙織クン!」
遊楽先生は、お顔を沙織の股間へ、ぐっと近づけられ、クンクン、匂いを嗅がれたんです。
「うんうん、ちょっと甘い匂いだ、沙織クンの匂いだねぇ」
「ああん、いやぁああん、そんあ恥ずかしいこと、いやぁああん」
左右の膝がひろげられて括られているから、太腿が閉じられない沙織です。遊楽先生が、沙織のお尻に腕をまわされ、そのお尻を前へとずらされるんです。正面を向いていた沙織の股間が突き出される格好で、斜め上を向いてしまいます。

-5-
ピンクのショーツだけを穿いている沙織です。太腿は左右に120度にもひろがって、股布が紐状です。その紐状の股布が、ハサミで切られてしまうのです。
「ふふん、沙織、邪魔なものは、外して、しまいましょう、かねぇ」
大きな裁ちハサミが、風雲から遊楽先生に手渡され、紐状股布を切ってしまう。
「ああん、いやぁああん」
「ふふっ、おおおっ、見事に、丸見えだぁ!」
ぱっくりと、大学二年生、清純な沙織の股間が、露出されてしまったのです。
「いいじゃない、ちょっと肌より褐色だけど、いいじゃない」
「そうでしょ、多良先生、いいでしょ、可愛い沙織の、性器ですよ!」
「うううん、たっぷり、見たいねぇ、入れる前に観察だねぇ」
「遊楽先生、画家は観察、スケッチ、細部まで、ですよね」
「そのとうり、画家は、たっぷり、観察しなくちゃ、いけないね!」
特注で造らせた椅子、半円形の座部、背凭れは十字の板、座部の両脇には高さ50cmの棒が立てられているんです。座部の奥行きは30cmです。
「あああん、恥ずかしい、恥ずかしいですぅ・・・・」
沙織の左右の肘は背凭れ板に結わえられ、膝は座部両側の棒に括られています。ショーツの股布が切られてしまって、沙織、性器をご開帳させられていくんです。
「恥ずかしいのかい、うっふん、いい顔だ、沙織、濡れ観音さまだねぇ」
木村画伯こと遊楽先生が、開脚Mすがたの沙織の前に、丸椅子を置いて、座られます。ごっくん、唾を呑みこまれた遊楽先生、風雲が右横、多良修三が左横、それぞれに丸椅子に座ります。
「それでは、沙織、見てあげようね、奥の奥まで!」
風雲が、道具を並べたトレーを膝の上に置いているんです。クスコがあります。膣をひろげる特製ハサミがあります。メッシュ状の男根筒があります。
「最初は、素手で、お弄りになられれば、よろしいかと」
風雲が、遊楽先生にご進言です。41才の遊楽先生、もう、からだのなか性欲でむちむち、おちんぽがムズムズです。
「ああっ、いやぁあああん、だめ、だめぇ」
上半身、こころもち後ろへ倒れた姿の沙織、座部の奥行30cmでお尻の半分がはみ出ています。股間は斜め上を向いています。遊楽先生のナマ指、左右の人差し指が、沙織の陰唇の内側を触ってしまいます。ヌメっとした沙織のうちがわ、膣前庭、陰唇を開いてしまわれる画家の遊楽先生です。

-6-
淫らな館のスタジオスペース、明るい照明のなか、沙織の裸体が特製の椅子におかれています。左右の腕は、脇腹の横へ、扇形に降ろして肘が板に括られています。上半身が裸で乳房は丸出しです。膝は椅子の両側に立っている棒に括られ、ひろげられたまま、股間が丸出しです。ピンクのショーツの股布が、ハサミで切られ腰に持ち上げられているから陰毛が丸出しです。
「ああん、先生、いやぁああん」
陰唇をひろげられてしまって、縦割れの谷間を指の腹で撫ぜおろされて、沙織のお顔は赤らんで、その表情は羞恥の極みです。
「ねっとり、ぬれているのは、どうしたことか」
遊楽先生が、沙織の陰唇をひろげた真ん中を、親指の腹で撫ぜあげ、撫ぜおろし、そうして膣口のなかへ、その親指を挿しいれられたのです。
「ひやぁああん、先生ぇ、えっちぃ、あああん」
「いいねぇ、沙織、いいもの見せてくれてる、ありがと!」
遊楽先生は、沙織の陰部に目線を落としたまま、丹念に弄られます。左の親指で沙織の陰唇を、左に、先っちょのクリトリスが剝きだされるところまで、ひろげられます。右の親指は根元まで膣口から膣の中へ挿入され、残りの指で陰毛を弄られます。開脚、太腿が120度にもひろがって、股間が斜め上むいた沙織です。恥ずかしいったら、言葉にできません。遊楽先生の両横には多良画廊のオーナーとイケメン風雲が注視しているんです。
「ほうら、沙織、感じてきた、そうだろ!」
「いやぁああん、だめ、だめ、先生、だめですぅ」
「ふふん、クリとチツといっしょになぶられて、いい気持だろ!」
指を入れられた沙織の膣から、トロリトロリと透明の、ヌルヌルお汁が流れだしてきます。
「ひぃいい、いいやぁあ、ああん!」
「ふふふ、濡れてきたね、可愛いね、沙織、うっふふっ」
「はぁあああ、いやぁああん、ひぃいいっ」
多良修三が、性欲を抑えきれず、思い余って沙織の乳房を、横から弄り始めるんです。ぷっくら膨らむ乳房をモミだし、乳首をつまみだされるのです。
「いいですなぁ、大学の二年生ですか、可憐な子ですね」
股間と乳房を別々に、ふたりの男性からなぶられる沙織は、大学二年生の二十歳です。
「まあまあ、おっぱいもおしりも、りっぱだしねぇ」
「遊楽先生、そろそろ、ほんばんでも」
女の子が喜ぶお道具が並んだトレーを手にする30才の風雲が、遊楽先生に沙織を犯してくださいとの進言です。
「そうだな、いっぱつ、もらっておかないと」
ほんとうは、41才独身の遊楽先生、二十歳の可憐な沙織とセックスしたいと、うずうずされていたんです。
「それじゃ、先生、ごゆっくり」
イケメン風雲と多良画廊のオーナーは、スタジオスペースから退いて、アトリエスペースでご見学です。