1200sex1704240178
-16-
背もたれが十字になった木の椅子、お尻を置くところは、赤いお座布団です。
背もたれ横板は縦30cm横90cm、立板は横幅30cm縦90cm。
10cm間隔に5cmの穴が開けられ、座るところは横幅30cmで長さが60cm。
座部は二人が向きあって座ることができるように、横幅30cm、長さ60cmです。
この背もたれ椅子に、ブラウスとミニスカート姿の香苗が座らされています。
黒いパンストの香苗のお膝に、太いロープが巻かれて、引き上げられて穴に。
90cmの横板、両端に空けられた5cm穴に通され、後ろで括られてしまったんです。
腕を横にひろげられた香苗、左右の肘にロープを巻かれ、穴に通されて固定です。
「ああん、ああん、せんせ、こんな格好、いやぁああん」
お洋服を着たまま、開脚Mすがた、腕を横にひろげた格好になった香苗の声。
正面には大きな鏡が置かれ、その向こうにはお庭が、香苗は鏡を見せられています。
「いい格好だ、香苗くん、お洋服を着たままの開脚だ、エロいねぇ」
鏡に映された香苗の姿を、香苗のお顔の横にお顔をおいて、一緒に見られる木村画伯。
「ああん、せんせ、こんな格好、恥ずかしい、恥ずかしいです、よぉ」
「ふふ、恥ずかしい?、そうかね、香苗くん、恥ずかしいのかい!」
「恥ずかしいです、お股をひらかれて、恥ずかしいですぅ」
美大の中で一番お美女との評判高い香苗が、着衣のままとはいえ、開脚Mすがたです。
そんな香苗の気持ちを踏みにじるように、木村画伯のおこないは、破廉恥です。
「ふふん、それなら、もっと、見えるように、してあげましょうか、ねぇえ!」
香苗の背後にいる木村画伯、鏡のなかの香苗に見入ったまま、言われます。
うしろから十字の背もたれ椅子を抱くようにして、香苗のお腰をまさぐられます。
「香苗くん、どうしようか、ぼく、見たいんだよなぁ、香苗くん!」
木村画伯が両手の平を、香苗のお腰を包んだパンストの、内へさしこまれます。
「ひやぁああん、ああああん、つめたい、ですぅ」
腰に手を入れる木村画伯の素手、素肌に触られた冷たさに、香苗、お声をあげちゃう。
「ふふふふ、ほうら、おおおお、手触り、これ、陰毛だ、じょりじょり」
「いやぁああん、せんせ、そんなことぉ、いやぁああん」
黒いパンストの内側、パンティの内側に手を入れられてしまった香苗、穿いたままです。
穿いたままでおへそのところから手を入れられ、お尻のほうからも手を入れられちゃう。
黒いパンストとピンクに赤い花柄パンティ、その内を手指で弄られていく開脚M、香苗です。

-17-
厚い木の板十字の背もたれ椅子に、お膝をひろげられて横板に括られている香苗。
引き上がったお膝は脇腹の横に来ていて、開脚Mすがたの香苗は美大二年生です。
椅子の前の壁には大きな鏡が張られていて、香苗、自分のすがたが映っています。
足をひろげ、お膝を括った紐が横板の穴に通され、腕も横板の穴に通されてのM姿。
黒パンストとパンティのなかへ、お腰からお尻と陰毛のうえへ手を入れられた香苗。
うしろから木村画伯が、香苗の股間を触ってきて、陰唇の中にまで指をいれています。
「おおお、ぬるぬる、香苗くん、もう、濡らしちまってるんだ」
「ああん、せんせ、そんなの、ちゃいます、濡れてなんてぇ」
陰毛から縦に入れられたお指が、陰唇を割っていて、濡れているのを確認されます。
黒いパンストと花柄パンティは穿いたまま、だから、手を入れられるとめっちゃ窮屈です。
「ふふん、脱がしてあげましょうね、香苗くん、ストッキングとパンティ!」
太ももをひろげ、お膝が引きあがっている香苗、パンストとパンティが脱がされます。
お尻から脱がされ、太ももの根元にまでめくられて、香苗、股間が丸出しになります。
「ああん、せんせ、こんなかっこう、いやぁああん」
鏡に映った自分の姿をみて、香苗、恥ずかしいところが丸出しで鏡に映っているから。
「いいんだよ、いいのよ、いいでしょ、香苗くん、丸見えに、してあげたのよ!」
十字の背もたれ椅子に開脚Mの姿で固定されている香苗、股間が丸出しです。
肩から肘までを横にひろげた格好で、着衣のまま股間だけが剝き出された香苗。
ブラウスにミニスカート姿、黒い透けたパンスト、ピンク地に赤い花柄のパンティ。
きっちり足をひろげられている香苗、美大きっての美女、二十歳、艶めかしいです。
「たっぷり、見て、触って、それからだねぇ、存分に楽しませてもらうよ」
木村教授は、教え子の女子大学生を、モデルだといいながら犯してしまうんです。
椅子の前にまわられて、幅30cm、長さ60cmの座部に、お尻を置いた香苗を見られます。
「ふふ、ようく見えるように、お尻を前に出してあげましょう」
大学教授の木村画伯は、香苗のお尻へ腕をまわし、お尻を手前へ引き寄せられる。
股間が斜め上向いてしまう香苗、太ももがおもいっきり開かれてしまう格好です。
「いやぁああん、せんせ、こんなの、恥ずかしい、ああん、恥ずかしいですぅ」
ひろげられてしまって性器丸出しにされて、身動き取れない香苗、お顔が引きつります。
股間だけが剝きだされ、ブラウスを着たまま、黒いパンストとパンティは太ももの根元。
「見ごたえあるねぇ、香苗くん、おまんこ、いやはや、おめこ、閉じてるけどねぇ」
木村画伯の目線は、香苗の股間を凝視していて、香苗には鏡の姿は見えません。
お絵描アトリエの一角に造られたスタジオ、香苗、恥ずかしい姿にされてしまったんです。

-18-
お絵描アトリエの一角に造られたスタジオ、ぶ厚い木の板で作られた十字背もたれ椅子。
腕をひろげて括られ、お膝をひろげて引き上げられている二十歳の美女、浅野香苗。
お洋服は着たままですけど、黒いパンストと花柄パンティは太ももの真ん中にあります。
「いいねぇ、香苗くん、なにより、黒い陰毛が、ひわいだねぇ」
香苗がお尻を置く座部は、幅30cm長さ60cm、開脚M姿で、股間の前が30cm。
木村画伯は、香苗の股間のまえに、いやらしいお道具を、並べていかれるんです。
「それに、香苗くん、ほうら、こんな、小道具、おもしろそうだねぇ」
小さな刷毛のような擽り道具を、木村画伯は手にして、香苗に見せながらおっしゃます。
ピンクのバイブレーターが、ブルーのローターが、それに模造ペニス棒とか。
「いやぁああん、せんせ、そんなの、みせないで、あああん」
香苗のお顔が、恥ずかしさのあまりに引きつって、歪んでしまって、お顔をそむけます。
「いいじゃない、香苗、たっぷり、可愛がってあげる、いいでしょ!」
刷毛を持たれた木村画伯、香苗の股間の、陰唇のそとがわを、すっと撫ぜられるんです。
「ひやぁああん、せんせ、こそばい、いいやぁああん」
「ふふふふ、香苗、陰唇ってさ、縦になった唇でしょ、ふふふっ」
木村画伯は、香苗の陰唇、右の外側を、下から上へすくうように撫ぜあげられます。
「ひやぁああん、ひいい、ひいいっ!」
お洋服着たままの香苗、股間だけ露出、十字の背もたれ椅子に開脚M姿です。
右を撫ぜられてこんどは左、陰唇の外側を上から下へと刷毛が撫ぜ降ろされます。
感じないわけがありません、美大二年生の美女、香苗、女です、女の子です。
じんわり、間接的に恥ずかしい箇所のそとがわを、刷毛で撫ぜられるんですから。
「はぁああ、あああん、いやぁああん」
香苗、蕾の真ん中、ぷっくらと膨らんできたけれど、まだ閉じられたままの陰唇。
おからだが反応します香苗、陰唇の内側は、膣からのトロトロお蜜が溜まってきます。
木村画伯は、無理に花弁をひらかず、香苗が自然に蜜を滲ませてくるのを待たれます。
「いいんでしょ、香苗、いい気持なんでしょ、香苗くん!」
木村画伯は、じっと香苗の股間を見つめたまま、刷毛を陰唇のまわりに這わせます。
「ああ、ああ、ああん、いや、いや、いやぁあん」
お洋服を着たままの香苗、股間だけ剝き出しにされ、開脚M姿で拘束されています。