1200sx1507030019
-7-
ぶすぶすと、村田先生に、オチンポを挿されて抜かれて、挿されて抜かれての、由紀。
お膝を1mに拡げられ、おっぱいの横にまで持ち上げられて、ぶすぶす、なんです。
「ひぃいいいっ、あああん、ひぃいいいっ!」
ぶすぶすと、勃起オチンポ、挿されるものだから、由紀、じんじんしちゃいます。
手をひろげ、お膝とお膝の間に1mの棍棒が、渡されている大学二年生の由紀。
逆八すがたの太ももが、持ちあがって正面に、ぱっくり開いたおめこです。
「ええやろ、ほうら、由紀ぃ、ええやろぉ!」
「あああん、あああん、ひぃやぁああん」
お仕置き椅子にお尻を置いて、身動きできないようにされ、ぶすぶすと挿されます。
由紀、もう、とろとろのお汁が、オチンポ挿されたおおめこから、垂れ流れてきています。
村田先生、由紀の悶えるお声で、こころのなか、じんじん感じちゃいます。
「おおおおっ、いいねぇ、由紀ぃ!」
ぶすぶす、ぶすぶす、お腰にぐっと力がこもり、こねまわす村田先生。
由紀はもうずんずんと快楽の果てへ連れられていく感じで、お悶えします。
勃起オチンポを、おめこに挿されてぶすぶすで、気持ちがめっちゃ高ぶるんです。
「ひぃやぁああ、いいです、いいです、いいですぅ、ぅううっ!」
ぐいぐいっ、お腰を前へ前へと突きだす村田先生、由紀を翻弄してご満悦です。

お絵描アトリエのお仕置き椅子、これは淫らなことをいっぱいされる椅子です。
「ああああっ、いきそお、いきそお、いきそおですぅ、うううっ」
由紀のお声が、甲高くなって、こみあがってくる快感に、翻弄されていきます。
「おおっ、いってもええよぉ、由紀ぃ、いけ、いけぇ!」
村田先生だって必死、スキンをかぶせたオチンポが、膣のなかで滑ります。
二十歳になったばかりの由紀、こんな快感、味わったことがないんです。
おなかのなかが煮えくり返る、ずんずん刺激で、ああ、もう、アクメへ登っちゃうぅ。
「はぁああ、はぁああ、はぁああっ」
「おおおっ、でる、出る、出るよぉ」
村田先生のほうが、由紀より先に、勃起オチンポ、痙攣させちゃいます。
スキンをつけているから、ピクンピクンの痙攣だけで、精子は飛び出しません。
それでも由紀、村田先生の痙攣をうけて、アクメへ登ってしまいます。
「ひぃやぁああん、ひぃいいっ、いぃいいいい~~っ!」
おっぱいが膨らみ、お股が膨らみ、お小水を飛ばしてしまって、オーガズム。
ピクンピクンを由紀のなかで迎えた村田先生に呼応して、由紀がアクメを迎えます。
まだまだ、始まったばかり、由紀のエロス、村田先生のヘンタイ、お絵描アトリエです。

-8-
<バイブレーターを挿入されて>
お仕置き椅子からおろされ、お膝の棍棒もはずされ、お布団の上に寝かされた由紀。
オーガズムを迎えさせられて、ぐったり、気を失ってしまって、はっと気がついたんです。
アトリエに隣接した四畳半の洋間、女子責められ部屋の隣、ミンミン部屋です。
「ああっ、ここは、ああん、せんせ」
「気がついたかい、由紀、気持ちよかったんだね」
「わたし、どうしていたのかしら?、いま、何時ですかぁ」
気を失っていたといっても五分ほどです。
由紀、パイプベッドに敷かれたお布団の、そのうえに寝ているのを知ります。
手でからだをさわってお洋服、何も身につけていないことに気づきます。
「由紀ったら、めっちゃ感じちゃうんやね、すごかったよ」
村田先生がベッドの横に立っていて、寝ている由紀を覗き込んでいます。
大学二年生の由紀は、素っ裸、赤い花柄お布団のうえに、仰向いて寝ているんです。
「はぁあ、とっても、とっても感じてた、そやけどぉ」
由紀、思い出してきます、お膝をひろげられて、ぶすぶす、オチンポ挿入された。
途中からわけがわからなくなって、めっちゃ、燃えていったこと、そしてアクメへ。
四畳半の洋室、ミンミン部屋って名前ですけど、女の子がミンミン鳴いちゃうから。
「いいね、由紀、たっぷり、たのしませてあげるから、いいね」
素っ裸の由紀、イケメン男子とはいえ村田先生に見てられると、恥ずかしいです。

あああ、由紀の手首に紐が巻きつけられて、ベッドの隅に結び付けられます。
「手と足と、由紀、ひろげてしまうから、ね」
足首に紐が巻きつけられて、ベッドの隅に結びつけられていきます。
「どうしてぇ、せんせ、こんなことしたらぁ、手も足も動かされへん」
「そうだよ、動かせないように、しておくんだよ、いいね」
仰向いて寝た由紀、手首と足首が、四隅にひろげられ、括られてしまったんです。
そのうえ、由紀、バイブレーターをお股のまんなかに挿入されてしまうんです。
「ああん、せんせ、それ、それをどうするんですかぁ」
「これ、これは、ね、由紀のおめこに埋めておいてあげる、ふふっ」
バイブレーターの根っこに紐が巻かれていて四本、この紐がパンティになります。
「ふふん、いいよねぇ、由紀、バイブレーター、抜けないように、ね」
手足をひろげて、ベッドの四隅に括られた由紀に、バイブレーターが埋め込まれます。
「あああん、せんせ、あああっ、だめ、だめ、ああん」
「いいねぇ、由紀ぃ、ほらぁ、はまっちゃったよ、ほらぁ」
バイブレーターが埋め込まれ、根っこの紐が腰で結ばれます。
前から二本、後ろから二本、ウエストで合わさって紐パンティになります。
こうして、由紀はふたたび、村田先生に可愛がってもらえるんです。
そうですね、連続で5回ほど、アクメに登らされて、オーガズムを迎えちゃう。
村田先生は、でも、5回も射精はしなくって、三回かなぁ、だからぁ。
由紀、バイブレーター責めとローター責め、それからオチンポで三回なんです。

-9-
バイブレーターを入れられて、根っこの紐がパンティ状になって、括られる。
根っこに括られた紐二本づつ、バイブから10cmのところで結ばれて、前と後ろへ。
括られた紐がひろげられ、お腰の横で括られちゃうんんです。
骨盤があって、ウエストがくびれて、由紀、そのくびれで結ばれちゃうから。
おめこに挿入されたバイブレーターが、抜け出てしまうことはありません。
だって、由紀、興奮させられちゃうと、膣が、ぎゅっと締まって、ぷ~っと膨れる。
ひろがってすぼんで、ひろがってすぼんで、だから、抜け出ちゃうんですよ。
それを、抜け出ないように、紐で括って、紐パンティ、由紀の装着品です。
そうですねぇ、バイブを挿入されて、パンティを穿かせられて、抜けないように。
でも、村田先生は、パンティを穿くと、見たい処が見えないと、おっしゃるんです。
男の人には、女の子の股間を、見たいって欲望があるんでしょうね。
見るだけじゃなくて、触ってみたい、それだじゃなくて、啜ってみたい。
ああ、それから、男の人はオチンポをおめこに入れて、射精しちゃう。
由紀のばあい、村田先生から、いろいろされちゃうけど、いやじゃないの。
バイブレーターだって、それなりに、めっちゃ感じちゃって、イクからぁ。
「あああん、せんせ、とめてってゆうたら、とめてねぇ」
「いいよ、由紀が止めてっていったら、スイッチ切っちゃうよ」
パイプベッドに大の字姿、バイブに紐パンティすがたの全裸、由紀は仰向き。
お尻に大きなクッションを入れられて、腰が持ち上がって、股間は斜め上向き。

バイブレーターのスイッチを握った村田先生、ニタニタお顔で、よだれをたらします。
「ほんなら、由紀ぃ、スイッチ、いれちゃうよ、いれちゃうぅうう」
びびびび、くねくねくねくね、微動です、そんなにキツくないです、微弱です。
でも、由紀、感じます、バイブレーターが振動し、くねくね動きがわかります。
「ああっ、ああっ、ああああっ」
はだかのおからだ、すぼめようと手と足を、動かすけれど、大の字のまま。
「ああん、あああん、あああああん」
びびびび、びびびび、微弱から中にまで振動が強くなってきて、由紀、変な気持ち。
「ふふふふ、由紀ぃ、ええ顔、好きだよ、その顔ぉ」
「だめだめ、あかんあかん、ああああん、とめてよぉ」
由紀、バイブレーターの振動が、体内に充満してきて、30秒でストップです。
大学二年生、二十歳になったばかりの由紀、バイブレーターは強烈なんです。
でも、誰にもいえないけど、由紀、めっちゃくるってしまうほど、感じちゃうんです。
村田先生が由紀の願いを受け入れて、バイブのスイッチをオフします。
「ふふふふ、由紀、バイブの味、ええんやろ、好きなんかなぁ」
「ああん、好きなんかじゃ、ないですよぉ、バイブなんてぇ」
大学二年生の由紀、ほんとうは、バイブの感触、それから感覚、嫌いじゃなくて怖い。
由紀が大の字になっているパイプベッドに、あがってきて、横に座ります。
村田先生は、バイブを止めて、ああん、由紀のおっぱいをまさぐってきちゃうんです。