1200sex1705080132
-13-
由紀は従順、村田先生のいいなり、もうアクメ寸前にまで、昇っているから従順です。
狭いパイプ製シングルベッドのうえ、上隅に引きあがった手首の紐がほどかれます。
足は開いたまま、大きなクッションを腰に入れられて、由紀、反り返っています。
「ふふ、由紀ぃ、ほら、ぼくのちんぽ、咥えて、イクんだよ」
バイブレータのスイッチを握ったまま、由紀の頭を、あぐら座りの腰へ持ってこさせます。
手に勃起したオチンポを握って、お口に咥え、じゅぱじゅぱしながら、バイブが動くんです。
「ああん、せんせ、おちんぽ、あああん、咥えちゃうぅ、ううっ」
自由になった手両でオチンポの陰茎をはさんで握って、お口のなかへ入れちゃう由紀。
ぶちゅぶちゅ、ずぼっ、ずぼっ、オチンポ、ぎゅっと吸ってお口を引き抜いちゃう由紀。
おめこにバイブレーターが挿入されていて紐パンティ、お尻があがって反り返る由紀。
「うううううっ、ぐううっ、うううううっ」
びびびび、びびびび、くねっ、くねくねくねっ、またもやバイブレーターが動いちゃいます。
オチンポ咥えたまま、びびびび、バイブの振動に得体のしれない快感を、受けるんです。
「ううううっ、ぐううううっ、うううううっ」
バイブの振動で由紀、足を閉じられないからお尻とお腰を揺すって、こらえます。
上半身、村田先生の足のなかに抱きこまれ、オチンポ咥えて、こらえます。
「おおおおっ、由紀ぃ、いいねぇ、いいよぉ、おおおおっ」
バイブのスイッチを握ったまま、村田先生、反り返って、オチンポ咥えてもらっています。
大学二年生の由紀、二十歳になったばかりの由紀、もう淫ら、ぐちゅぐちゅ、とろとろ。

バイブレーターの感度は、微弱から弱へ、弱から中にされて、ふたたび微弱へ。
「うううううっ、ぐううううっ、ふううう、すううう」
咥えている勃起オチンポを、お口から抜いてしまって、息を吐き、息を吸って。
そうしてふたたびオチンポを、口の中に挿しこんで、咥えて、ぎゅっと吸っちゃいます。
おからだの、芯が、萌えて、燃えさかり、由紀のこころは、壊れそうになっているんです。
あやうい、快感、とろとろ、めっちゃ、ふくれあがってすぼんでしまう、お汁がぐちゅぐちゅ。
「由紀ぃ、いいねぇ、いいよぉ、もっともっと、ほら、じゅぱじゅぱしろよ」
「はぁああ、あああっ、ひぃいいいいっ」
バイブレーターのスイッチが切られて数秒、ふたたびびびびび、バイブがうごめきます。
「ほらほら、由紀ぃ、ええ気持ちでしょ、ほらほらぁ」
「ぐぅうううっ、ううううっ、ぐぅううううっ」
<とっても、とっても、ああ、いい気持ですぅ、ああああっ>
由紀、きっちり、勃起オチンポ咥えたままで、もう、アクメ寸前まで昇らされます。
<ああっ、イキそう、イキそう、イキそうですぅ、うううっ>
でも、アクメへあと二秒、ああああ~、というところでバイブのスイッチが切られちゃう。
大学二年生の由紀、めろめろ、意識朦朧となっているのに、イカせてもらえない。
おめこのおくから、お汁がとろとろ、垂れ流れでてきて、股間はびちゃびちゃです。
根っこを紐で括られたバイブは、紐パンティになって、由紀の腰に巻かれています。
抜け落ちません、由紀のお悶え、おめこがふくらみすぼんでも、バイブは抜けないんです。
でも、ああ、もう、由紀、限界、村田先生は由紀の限界を察知して、このあと逝かせます。

-14-
びびびびび、くねくねくね、バイブレーターの感度は弱です。
「はぁああ、ああっ、あああん、はぁああん」
「ふふふっ、由紀、感じろ、感じろ、ほうら、感じろぉ」
「だめ、だめ、せんせ、もう、あかん、あかんですぅ」
紐パンティのバイブレーターを埋め込まれた由紀、とってもお悶えしちゃいます。
「まだまだ、もっともっと、由紀、もっとしてあげるよぉ」
びびびび、くねくねくね、村田先生がバイブの強度をコントロール、由紀はされるまま。
ミンミン部屋、赤い花柄お布団が敷かれたシングルベッド、由紀は全裸で仰向きです。
由紀は、イク寸前まで昇ってきてはストップ、降ろされてまた昇らされるの繰り返し。
「ううわぁああ、ああああっ」
バイブの振動を弱から、一瞬、一気に、強にされ、由紀は一気に、イキそうになります。
めろめろ、ぐちゃぐちゃ、おからだとろけてしまう、爆発してしまう、そんな感じになります。
「かわいいねぇ、由紀ぃ、たっぷり、たっぷり、可愛がってあげるからぁ」
ああああっ、二秒間の強から、微弱になってびびびびっ、くねくねくねっ、由紀、イク寸前。
「はぁあ、ああ、もう、だめ、あああ、もう、だめぇ」
足首はひろげられたまま、背中お腰には大きなクッションが、かまされたままの反り返り。
村田先生の勃起オチンポ握ったままで、もう、イッテしまう、アクメへ昇っちゃう。

嵯峨野の山ぎわにある村田先生のお絵描アトリエ、その四畳半のミンミン部屋。
大学二年生のモデル由紀、いつの間にか飼いならされてしまって、セックスペット。
「はぁあ、ああっ、ひぃやぁああん、ひぃいいいっ」
「いけ、いけ、由紀ぃ、ほら、ほら、由紀ぃ」
びびびび、くねくねくねっ、バイブレーター、由紀、このままアクメに昇っちゃう。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
ずんずん、バイブレーターは動きっぱなし、弱から強へ、そうして微弱です。
「ああああっ、ひぃいいいっ、いく、いく、ああっ、いくぅううっ」
もう、ほんとに、由紀、ぐんぐん、内側が壊れていく気配に見舞われます。
大きな大きなうねりに呑みこまれていって、爆発しちゃうおからだ、自爆です。
びびびび、びびびび、村田先生の手元のスイッチ、止めてもらえないんです。
四畳半のミンミン部屋、二十歳になったばかりの由紀の匂いが、充満しています。
お悶え呻き、ひいひい、喘いで、アクメを迎えてしまうんです、大学二年生の由紀。
「はぁああ~っ、ひぃいい~~っ、ひぃいいいいい~~!」
びびびび、びびびび、びびびびびっ、くねくねくねくね、くねくねっ。
バイブレーターの振動で、由紀、最後の最後、アクメを極めてしまいます。
ぐちゃぐちゃ、とろとろ、粘液でシーツをたっぷり濡らしてしまって、オーガズム。
「はぁあ、あああ、ああ~~~~~!」
由紀、村田先生のオチンポ握ったまま、激しい痙攣と慟哭で、イッテしまったのでした。

-15-
<オチンポ挿入される由紀>
バイブレーターでイッテしまった由紀、うとうとと眠っていたみたい。
気がつくと、二人掛けソファーに寝かされて、肩まで毛布をかぶっているんです。
<あっ、なんやろ、ここ、アトリエ、わたし、眠ってた?>
紐パンティになった根っこにつけられたバイブを挿入されて、イッテしまった。
詳しいことは覚えていないけど、めっちゃ、いい気持になったのを思い出す由紀。
「気がついたかい、由紀、ようく眠っていたね」
ガラスのテーブルを介して、ひとり掛けソファーに座った村田先生が、微笑んでいます。
「ああっ、いま、なんじですか、わたし、眠ってたんですか?」
嵯峨野の奥にある村田先生のお絵描アトリエ、由紀はモデルのバイトで来ているんです。
でも、由紀、いつのまにか村田先生のセックスペットになってしまって、逃れられないんです。
ピンク色の毛布をかぶっているけど、なにも身にまとっていない裸、裸のまま寝ていたんです。
喉が渇いた感じ、由紀、目が覚めて、村田先生に見られているのを意識しちゃう。
「ほら、由紀、甘いよ、この飲み物、特製の栄養飲料だよ、飲んでみる?」
透明なコップに少し白く濁った感じの液体がはいっていて、テーブルに置かれています。
喉が渇いた由紀、ピンクの毛布を胸に抱いたまま、ソファーに座って、コップを手にします。
甘い、甘いけどしつこくない、喉をうるおす特製ジュース、とっても美味しいんです。
ジュースを飲んでる最中に、村田先生が、由紀の右横にきて、お座りになられます。
「かわいいねぇ、由紀ぃ、とっても、可憐な子やからぁ」
「ああん、せんせ、ちょっとまってくださいよぉ」
まだジュースを飲んでる最中の由紀、村田先生の手が毛布に触れてきているんです。
「由紀、かわいい由紀、ぼくの胸、もう、キュンキュンだよ」
毛布のしたは素っ裸の由紀、大学二年生、二十歳になったばかりです。

村田先生が手にしているのは、浴衣を着たときに締める柔らかい帯です。
赤が基調で黄色とか白色とかが混ざった帯、由紀の背中に、その帯がまわされます。
「由紀、ぼく、由紀を、括って、見るのが、好きなんだよなぁ」
村田先生、美術大学の准教授さんがヘンタイなんて、由紀、わけがわかりません。
「はぁあ、ああん、せんせ、ひどいのしたら、だめですよぉ」
背中からの赤い帯が前にまわってきて、お膝ごとタスキ掛けされてしまうんです。
「ああっ、せんせ、だめですよぉ、あああっ」
お膝がわき腹の横にまできて、肩にくっつくところまで、引き上げられてしまう由紀。
ピンクの毛布がソファーから床に落ちてしまって、由紀、素っ裸のまま、開脚Mすがた。
手は自由に動かせるんです、由紀、ええ、村田先生のオチンポが握れるようにです。
「はぁああ、ああん、こんなの、せんせ、恥ずかしいですよぉ、ああん」
赤い浴衣の帯で膝ごとタスキ掛けされてしまって、二人掛けソファーに置かれた由紀。
由紀のお正面には、村田先生が、ガラスのテーブルにお座りになっているんです。
「いいねぇ、由紀ぃ、おっぱい、お股、それに、陰毛、いいねぇ」
村田先生の目線が、恥ずかしい箇所に向けられているのを意識しちゃう由紀。
背中を背もたれに当てている由紀の、お尻を前へずらしてしまう村田先生。
由紀、お尻がソファーから浮いて、開いているお股が、真上を向いてしまう。
「ふふっ、まるみえ、いいねぇ、由紀、たっぷり、かわいがって、あげようね」
由紀はもう、開脚でお膝が肩にくっつくほど引き上げられて、股間が丸出し。
ぷっくら膨らんだおっぱいだって、お顔だって、丸出し、丸見えで、可愛がられるんです。
「はぁあ、ああん、せんせ、こんな格好、恥ずかしい、恥ずかしいですよぉ」
お股の真ん中、性器が丸出しになったまま、隠すことができないんですからぁ、由紀。