1200sex1705010077
-19-
スキンをつけてもらったオチンポは、もう容赦なく、由紀を責めあげてきちゃいます。
開脚Mすがた、お膝ごとタスキ掛け、窮屈ですけど、それだけ刺激がきついんです。
由紀、勃起オチンポの亀頭lとカリ首で、膣の襞をこすられるんだから、たまりません。
「ひぃいいっ、いいっ、いいっ、ああっ、せんせぇ」
「おおっ、いいねぇ、ほおおおっ、由紀ぃ」
ぶすぶす、じゅるじゅる、そのうえ乳首がつままれ、キッスまでされちゃう由紀。
とってもいいです、たまらない、オーガズムを迎えていっちゃう、由美、大学二年生。
「はぁああっ、めっちゃ、ああん、ひぃい、いいっ!」
おっぱいがピンピンに張ってきて、乳首がピンピンに起ってきて、触発状態の由紀。
そのうえ、ああ、おめこ、ふくれてすぼんで、収縮し度合いが大きくなってきちゃうの。
とっても、感じてる、おからだ奥の奥、芯か疼いて、感じている二十歳になったばかり。
由紀のお悶え、お呻き、あえぎ、もだえていく様で、村田先生が満ち足りていきます。
「ほおおっ、由紀ぃ、めっちゃ、おお、発射しそうや、ああっ」
「はぁああっ、だめ、だめ、はぁああっ」
ぶすぶす、ぶすぶす、村田先生のピストン運動が、早くなってきます。
そのスピードにあわせて、由紀だって、ああ、いってしまいそう、いっていまうぅ。
アラフォー男子の村田先生、二十歳になったばかりの由紀、もう佳境です。
嵯峨野の奥にある村田先生のお絵描アトリエ、そこで繰り広げられる愛の儀式。

由紀、もう、イッテしまう寸前、ぎゅっと歯を食いしばって、こらえる感じです。
ええ、苦しいんじゃないんです、とっても、いい、いい、いい気持なんです。
わかりますか、女の子、イクときのからだって、めっちゃ、爆発しちゃうんですよ。
ぎゅうううううっとすぼんで、いっきに噴き上がっていってしまう、ああ、オーガズム。
アクメ、ああ、村田先生の射精、ぶぶぶぶぶぶ、ピクンピクン、射精、ピクンピクン。
「おおおおっ、でた、でた、でたよぉ、由紀ぃ」
村田先生の射精、スキンのなかですけど、由紀、わかります。
ピクンピクン、勃起オチンポが、痙攣して、突き上げてくる快感が、わかるんです。
「ひぃいいっ、ひぃいいいいっ、いい、いい、いいいい~~~っ」
由紀、もう、意識朦朧、何が起こっているのかわかりません、おからだの爆発です。
ぴしゅん、ぴしゅん、おしっこ、飛ばしてしまう由紀。
ひいひい、はあはあ、女の子、二十歳になったばかり、大学二年生です。
おしっこ飛ばしてしまって、びちょびちょになってしまって、喜悦、よろこび。
由紀、うっとり、す~っと意識がなくなっていく感じ、気を失ってしまいます。
おぼろげに、勃起おちんぽが、抜かれていって、タスキがほどかれるのが、わかる。
「はぁあ、ああ、せんせ、わたし、だめですよねぇ、ああん」
ひそかに、由紀、こころのなかでつぶやいて、村田先生のこたえを待ちます。
「由紀ぃ、好きだよ、とっても、由紀のこと、好きだよ」
自由になったおからだを、由紀、抱きしめられて、軽いキッスの愛撫を受けちゃいます。
でも、まだまだ、真夜中まで時間があるから、あと何回するんかなぁ、由紀、楽しみよ。

-20-
<おちんぽ挿入される由紀>
京都の嵯峨野って、嵐山から大覚寺のほうへあるいて、愛宕山のふもとかなぁ。
美術大学の准教授さん、村田先生のお絵描アトリエがある場所です。
おおきなガラスの窓があって、その向こうは竹藪、明るい光がはいっています。
籐で編まれた肘掛椅子に、大村由紀が足先をそろえお膝をそろえて座っています。
由紀は大学二年生、二十歳になったばかり、お絵描のモデルで来ています。
「いいねぇ、由紀、光が、やわらかいから、素敵だよ」
窓からはいる光が、由紀のまわりを明るくしていて、とっても清楚な感じです。
丸いテーブルには、オレンジジュースのコップが置かれていて、ストローが。
由紀が飲みさしのオレンジジュース、白い籐製の肘掛椅子と丸テーブル。
「こっち向いて、ほら、目線、こっちへ、ううん、可愛いよぉ」
デッサン、由紀の2m前にキャンバスが立てられて、村田先生は立った姿勢です。
ミニスカートを穿いた由紀の足、膝小僧から太ももの半分が肌色のまま露出。
村田先生が、由紀のお顔と裸の膝小僧を、交互に見やって、鉛筆を動かしています。
「そうだよねぇ、由紀、ポーズを作るから、いいよねぇ」
村田先生、アラフォー男子で独身、肘掛椅子に座った由紀の横にきちゃいます。
「はぁああ、せんせ、そんなに近寄ったら、あかんですよぉ」
由紀、左横に立った村田先生に、首うしろから右肩に手をおかれ、左手が太ももに。
耳元うえに村田先生の、お顔がきている気配を感じて、由紀、ゾクゾクっとしちゃう。
<ああ、モーツアルトのピアノ、やさしい音やぁ>
高校までピアノを習っていた由紀、小さなボリューム、アトリエのバック音楽を感じます。

明るいアトリエ、窓の向こうは竹の深い緑におおわれて、その奥はもう山です。
「ああん、せんせ、こんなに明るいのに、あかんですよぉ」
由紀はちょっと困ったなぁ、太もものスカートの裾のあたりに触れられて困惑です。
わかっているんです由紀、村田先生が、情欲してきて、触りにきていることが、です。
「ふううん、由紀ぃ、ええ匂い、とっても、ええ匂いや、ねぇ」
由紀の頭のあたりにお顔がある村田先生が、由紀の耳元で囁くんです。
「ああん、せんせ、だめですよぉ、ああん」
太ももの内側に左手を入れられて、ああん、足を開かせようとされる由紀。
「はぁあ、はぁあ、ほぉおおお」
村田先生の荒い息使い、お膝をひろげさせてきちゃうんです。
「ああん、あかん、こんな明るいのン、恥ずかしいですよぉ」
ジーンズ地のミニスカートが、太ももの根っこあたりまで、めくれちゃう由紀。
いきなりですよぉ、由紀、スカートをめくられ、おへそのした、腰からショーツのなかへ。
「だめですよぉ、あああん、せんせ、あかん、あかんですよぉ」
とくに抵抗するわけではないけど、女の子由紀には、羞恥の拒否言葉です。
いきなりです、お洋服ぜんぶ着たままのおすわりなのに、左の手が股間へきちゃう。
肘掛椅子の由紀、お膝をひらいちゃって、お股に入れられた手の腕に、しがみつきます。
だって、陰毛じょりじょりされて、手の平がお股にかぶさってきて、もみもみされちゃう。
ああん、恥ずかしいですよぉ、明るくって、大きな窓は透明ガラス、そとから丸見え。
白いブラウス、ジーンズスカート、ハイソックスはグレー、由紀、可憐な大学二年生。
下着、インナーは真っ白、ショーツとブラジャー、清潔な白、由紀、白い下着が好き。

-21-
お股に手がはいってきちゃうと、由紀、お膝を閉じたり広げたり、しちゃう。
村田先生の手の平が、由紀、股間にかぶせられて、指がお尻まで届いてきます。
手の平が陰唇とかのうえにのせられ、手首のところで陰毛下がこすられちゃう。
「はぁああん、せんせ、いやぁああん、だめですよぉ」
「うふふっ、由紀、柔らかいよねぇ、股のあいだ、柔らかいぃ」
由紀は、左横から肩に手をまわされ、ショーツの中に手を入れられているんです。
もぞもぞ、村田先生の手が、お股の真ん中を揉んでくるから、由紀、困っちゃう。
「あああん、だえですよぉ、あああん」
村田先生がお股に挿しいれてくる腕にしがみついて、由紀、お膝を広げます。
お股を包んでいる手の平が引かれ、お指で、陰唇を割られちゃうんです。
「はぁあ、ああっ、はぁああっ」
村田先生は無言です、アトリエには明るい光と、モーツアルトのピアノ曲。
「ああっ、ああっ、ああああん」
陰唇を割ってきたお指が、蠢かされ、こすられる感じがしてきて、ムズイです。
由紀、だんだん、ああん、お股のお指が、なぶってくるから、むずむずしてきます。
まだ、お洋服はぜんぶ着たまま、それなのに、おからだの奥のほうが萌えてきます。
首筋を撫ぜられてきて、耳たぶを軽くひっぱられて、ああ、それから、髪の毛生際へ。
由紀のお股に、左手を挿しいれたままの村田先生です。
右の手で、おズボンのファスナーを、降ろしておちんぽを露出させちゃいます。

籐製の白い肘掛椅子に座った由紀の前へ、おちんぽを剥きだした村田先生。
立ったままだから、由紀のお股へ挿しいれられてた手は、もうありません。
そのかわり、ああん、由紀のお顔の前に、村田先生のおちんぽが、にょっきり。
ベルトが締められたままのズボンから、おっきいおちんぽだけが、にょっきり。
「由紀、ほら、咥えてごらん、ちんぽ、ほら」
村田先生、ぐっと由紀のお顔に、おちんぽをくっつけてきちゃって、お口に。
はぁあ、由紀、お口に入れちゃう、おちんぽ、ちょっと匂いがするけど、お口に。
双方の手を合わせるようにして、おちんぽを挟んであげて、亀頭を唇にはさみます。
<はぁああん、せんせ、お口に、含んであげます、おちんぽぉ>
唇にはさんだまま、お口の中に咥えこんであげるのは、カリ首のところまでです。
最初は亀頭しか、お口に含んであげないんです、由紀。
そのかわり、なめちゃうよ、お舌を使って、唇を使って、亀頭ちゃん、なめちゃう。
なめて、吸ってあげる、亀頭ちゃん、ああん、おいしい味がするように思えます。
モーツアルトのピアノ曲って、フェラチオするときにふさわしい曲かも、です。
明るいお部屋、照明なしで、ああん、勃起したおちんぽが、はっきり見えちゃいます。
村田先生は、由紀におちんぽを咥えさせ、両手で由紀のあたまをはさんでいます。
少し腰を前に突きだす格好で、足は少し開いて、立っているから、由紀はつまらない。
お洋服着たまま、少しお股の真ん中、なぶられただけで、フェラチオですからぁ。
はぁあ、由紀、お膝を閉じ、お膝を開け、太ももが広がったり閉じられたり、微妙です。