1200sx1209290029
-31-
由紀は太ももからお膝を、ぴったしくっつけたまま、足がひろげられません。
「ほうら、足をひろげてごらん、由紀」
「はぁあ、ああん、せんせ、あし、ひろげるなんてぇ」
パンティが太ももの根っこまで降ろされていて、村田先生の手には3cmの万年筆。
長さが15cmもあるお人形さんの格好をした万年筆ですけど、入れられちゃう。
スツールに座った村田先生、手首を括られおでこに当てる格好の由紀は立ったまま。
「ほうら、由紀、足をひろげなさい、ひろげないとぉ」
剝きだしになったお尻を、村田先生、撫ぜていたのを、ぺんぺんと叩いちゃいます。
「あああん、せんせ、だめですよぉ、あああん」
二十歳になったばかりの由紀、大学二年生、やっぱ自分で足をひろげられません。
村田先生は、右手に万年筆お人形を握ったまま、左手でおっぱいをなぶってきます。
「ふうん、由紀、ひろげられないんなら、ひろげてあげようかね」
そんなことをいいながら、村田先生ったら、由紀のおっぱい、乳首をつまむんです。
手首が交叉させて括られ、頭上の滑車に通されている由紀です。
手がおでこから下へ降ろせないから、村田先生の手を退けることができないんです。
「しやないなぁ、由紀、それなら、これだね」
村田先生が手にされたのは、1m以上ある竹竿、太さは2cmほどです。
1mほど離れたところに、紐が巻きつけられていて、それで足首を括っちゃう。
一気にパンティを降ろされちゃう由紀、足首まで降ろされ、取られちゃいます。
そのうえハイソックスも脱がされて、下半身、お尻から下が、すっぽんぽんです。

竹竿を手にした村田先生、由紀の足首にあてがって、括っちゃうんです。
「はぁあ、ああん、せんせ、だめ、だめ、だめですよぉ」
右の足首に竹竿の紐が巻きつけられ、左の足をひろげられ、竹竿に括られちゃう。
「なになに、由紀、ほうら、ひらいちゃった、お股が、開いたよ」
「ああん、こんなの、いやぁああん、あああん」
由紀、手首が頭の上にきちゃって、足首を1mもひろげられてしまった格好です。
スカートが腰に巻きつけられていて、お尻から太もも、お膝から爪先までが露出。
カシャ、カシャ、カメラのシャッター音が、聞こえてきます。
「だからぁ、由紀が、ゆうこと聞かないから、こんなことになるんだよ」
にたにた顔の村田先生、太さ3㎝、長さ15cmのお人形万年筆を、握っています。
「由紀、これ、わかるでしょ、なにするのか、ふふっ」
「ああん、わかりません、そんなの、うち、わからないですぅ」
それが、じぶんの秘密の壺のなかに入れられる、そう思うとぽ~っとなっちゃう。
村田先生、右手を由紀のお尻にまわして、左手にお人形を握って、股間へ。
「ねぇ、由紀、どんな感じなんか、言うんだよ、入れてあげるからぁ」
「ああん、そんなのぉ、あああん、だめですったらぁ、ああっ」
お人形の頭が、由紀の股間に当てられて、陰唇をめくられ、万年筆の頭が挿入。
「ほうら、由紀、入っていくよ、ふふ、入っていっちゃうからねぇ」
「ああああん、せんせ、だめ、だめですよぉ、あああん」
1mにひろげられてしまった足首、開いてしまった股間へ、ぶすぶすっと挿入です。

-32-
立ったままの由紀、手首は括られて頭の上に、下半身はすっぽん裸です。
その下半身、足首を1mもひろげ、渡した竹竿に括られているんです。
大学二年生の由紀、お股を閉じたくっても、閉じられないんです。
「ほうら、由紀、入っていくぞ、ほうらぁ」
ぶすっと挿しこまれたお人形万年筆の頭が、由紀の膣、奥のほうへと挿されます。
得体のしれないじわじわ感が、由紀のおなかのなかを掻き回してきちゃいます。
「ああん、せんせ、だめ、だめですよぉ、ああん」
見えないけれど、感じでわかるじゃないですか、挿入されてること。
「ふふん、由紀、ほうら、入っちゃったでしょ、ふふん、どんな感じだね」
村田先生は、由紀の前にペタンとお座りになって、見上げる格好です。
右手に握られたお人形万年筆が、由紀の股間、真下から上へ動かされます。
ぶすぶす、男の人のオチンポに似たお人形万年筆、それが入ってくるんです。
「ああっ、はぁああっ、あああん、だめ、あああん」
「だからぁ、由紀、どんな感じなんや、いってごらん」
真下から、村田先生、由紀の股間に見入っていて、お声がうわずっています。
「ひぃやぁああん、こそばい、じゅるじゅる、ああ、わからへんですぅ」
お顔をゆすって、ああ、手を括られた紐が頭上の滑車に通されていて、吊られたまま。
由紀、足だって、1mにひらいているて、閉じたくっても閉じられないんです。
そんな由紀のおめこに、太さ3cm長さ15cmの、お人形万年筆が挿入です。
「ふふん、いいねぇ、由紀、とっても、いいねぇ」
村田先生、右手でお人形万年筆の根っこを握り、ゆっくり抜いては挿しこむんです。

お人形万年筆の、頭からお首、お首から胴体、お首がすぼんでいます。
そのすぼんでいるところが、膣襞をこすってきちゃうから、由紀、じんじんじんです。
「はぁああ、あああん、だめ、だめ、だめですよぉ」
「ふふふふふっ、由紀、ええ声やねぇ、ええ気持ちなんでしょ、こんなのぉ」
抜いて挿して抜いて挿してしながら、じゅるじゅると根元を回しちゃう村田先生。
由紀は、ただ一か所、股間の真ん中、膣のなか、膣なかのお襞をこすられる。
ゆっくり、じわじわ、ああん、足を閉じたい、手を降ろしたい、由紀、もがいちゃう。
でも、村田先生ったら、由紀の気持ちなんて無視、そのままじゅるじゅるを続けます。
続けながら、村田先生ったら、左の手と指先で、股間をなぶってきちゃうんです。
「はぁあ、ああん、せんせ、そんなとこ、さわったらぁ、あああん」
陰毛をたくし上げられ、陰唇の先っちょを剥きだされ、皮を剥かれてしまう。
「ふふふふ、由紀、ここ、感じるんでしょ、なんてなまえなんかねぇ」
「いやぁああん、だめ、きつい、きついですぅ、あああん」
その箇所、お豆をなぶられちゃう由紀、そこはとっても敏感な箇所なんです。
キリキリ、身をよじって、ちじめて、キリキリする感覚、飛び上がってしまう。
けれども、ああ、無残、足はひろげられたまま、手は頭のうえに置いたまま。
「ひぃいい、やぁああん、せんせ、いじわるぅ、やめて、やめてよぉ」
「ふふふっ、これ、クリ、由紀、よく効くんやねぇ」
お人形万年筆で膣の襞、こすられながら、クリトリスにも触られちゃう由紀。

-33-
人の字すがたにされた由紀のまえに、村田先生が座っていらっしゃるんです。
「ああん、立ってるんつらい、お座りしたいですぅ」
立ったまま、真下からお人形万年筆を挿し抜きされて、感じてきちゃう由紀です。
立ってるんが辛くなってきて、座りたい気持ちなんです。
村田先生にしても、竹竿が邪魔になるから、それに由紀が立ってられないから。
「そんなら、由紀、この椅子に、座るとしようか、ねぇ」
お尻を置く背もたれ丸椅子、ああん、由紀の前に座られたらお股が目の高さに。
足首をひろげている竹竿が解かれ、お膝をひろげて括られていきます。
「はぁああん、せんせ、ひどいのにしたら、あかんからぁ」
「ふふん、由紀、だいじょうぶ、いい気持になるんだから、ねっ」
丸椅子にお尻を置いて、竹竿の真ん中に紐が巻かれ、手首が解かれます。
手首が解かれたかわりに腕が少し、ひろげられておヒジが竹竿に括られちゃいます。
長さ1.5m太さ2cmの竹竿一本に、由紀、お膝とおヒジをひろげ、括られたんです。
「ああん、こんなの、ひどいですぅ、おまたが、あああん」
股間がおもいっきり開いてしまって、由紀、恥ずかしいんです、とっても。
ブラウスの前がはだけて、ブラがはだけて、おっぱい丸出し状態で、股開き。
「ええ格好やろ、由紀、ふふっ、好きなんやろ、由紀、そうやろ?!」
大きな鏡にお正面を向けられて、三脚のカメラは横にずらされ、由紀、見ちゃう。
「そんなん、ちゃうぅ、うち、そんなん、好きちゃうぅ、ううっ」
大学二年生、二十歳になったばかりの由紀、あられもない格好に羞恥です。

嵯峨野の奥にあるお絵描アトリエ、大きな窓から明るい光がさしこんできています。
モーツアルトの弦楽曲がバックにながれて、快適な温度と湿度のアトリエ。
大学二年生の由紀、下半身は裸、ブラウスとブラをつけた上半身、一本の竹竿が。
「はぁあ、ああん、うち、恥ずかしい、こんなかっこう、恥ずかしいですぅ」
お膝をひろげて、腕をひろげて、一本の竹竿を渡され、括られてしまった由紀。
「ふふふん、ええねん、由紀、とっても、かわいいよ、うるわしいよぉ」
竹竿の両側に括られた紐がまとめられ、頭上の滑車に通されて持ちあがります。
「ああん、あかん、せんせ、あかんですぅ、ああん」
丸い椅子にお尻を置いて、お膝とお腕がもちあがってしまって、股間が丸出しです。
大きな鏡まで2m、丸見え、黒い毛、陰毛、縦割れ陰唇、まわりが色ずんでいます。
「たっぷり、かわいがってあげますから、たのしみだねぇ、由紀」
「だめですよぉ、せんせ、こんなの、だめですよぉ、あああん」
準備完了とばかりに、村田先生が由紀から離れ、カメラの方へ歩まれます。
「ほうら、お写真、撮ってあげるから、由紀、こっち向いて、ほらぁ」
カシャ、カシャ、カシャ、シャッターが切られて、由紀のあられもない姿が撮られます。
そうして、村田先生が由紀の横にスツールを置いて座って、向きあう格好です。
「ふううっ、由紀ぃ、ぼく、由紀のこと好きだよ、とっても、好きだよ」
アラフォーの独身男子であられる美大准教授の村田先生、由紀をなめてきちゃうの。
「はぁあ、ああん、こそばい、ですぅ、ううううっ」
太もものうら、お膝からお股へ、由紀、撫ぜさすられてきて、お顔を軋ませちゃう。