1200sx1606160083
-34-
竹竿にお膝をひろげて括られて、腕をひろげて肘を括られた由紀です。
背もたれの付いた丸椅子にお尻を置いて、ああ、お股が開ききっているんです。
お膝とお肘を括った竹竿は、両端を紐で括られ持ち上げられて頭上の滑車へです。
「いいでしょ、由紀、ほうら、鏡を見てごらん、由紀のすがただよ」
由紀が座った椅子の正面には、壁面に大きな鏡が張られているんです。
「はぁあ、ああっ、はずかしい、恥ずかしいですぅ」
足も手もひろげられてしまって、由紀、お顔が軋んできて、興奮しちゃう。
さっきから、じわじわと、太もも裏とかおっぱいを、おさわりされているんです。
太さ3cm長さ15cmのお人形万年筆は、丸椅子の後ろに置かれていています。
「さあ、おっぱいも、たっぷり、見せておこうね、由紀」
ブラウスとブラジャー、もうはだけさせられているのに、肩から抜かれます。
ぷっくらこんもりおっぱいが、無防備にさらけだされてしまったのです。
「いやぁあん、せんせ、こんなの、だめですよぉ、だめってばぁ」
村田先生に、おっぱいを揉みだされちゃう由紀、おからだ揺すっちゃいます。
でも、揺するといったって、揺すれないじゃないですか、竹竿が動くだけです。
「ふふふっ、由紀、たぷたぷおっぱい、柔らかいねぇ、いいねぇ」
由紀の左横に座っておられる村田先生、右手でおっぱいをモミモミします。
「はぁああ、あああん、そんなの、いやぁあああん、あああん」
左手に握られているお人形万年筆、由紀はそれを見ちゃったんです。
村田先生ったら、そのお人形万年筆を、由紀のお股に挿しこんじゃうんです。

おっぱいを揉まれながら、お人形万年筆の頭で、陰唇を割られてしまう由紀。
すぐに膣へは挿しこまれなくて、陰唇の谷間を撫ぜられていく由紀。
大学二年生、二十歳になったばかりの由紀、恥ずかしい開脚Mすがたです。
「はぁああん、せんせ、だめ、あかん、うち、あああん、だめですぅ」
おっぱいを揉まれて、乳首を突起させられ、そうしてお股には、お人形万年筆。
「由紀、ほうら、鏡を、見て、ほうら、見えるでしょ」
「あああん、せんせ、あかん、そんなのいれたら、あかんですぅ」
由紀、なされるがまま、村田先生の思いのまま、弄られちゃうんです。
「ふふ、入っていくよ、ほうら、入っていくでしょ」
「あああん、いやぁああん、ああっ、ああああん」
ぶすっ、じゅるじゅるっ、15cmのお人形万年筆、三分の二まで挿入されます。
三分の一を村田先生の左手が握っていて、はぁあ、おっぱいモミモミされながらぁ。
おめこに挿しこまれたお人形万年筆が、抜かれたり、挿しこまれたり。
「ひやぁああん、だめ、だめ、あああん、感じちゃうぅ、ううっ」
由紀、おからだ、おなかの奥、花の芯がジンジン疼いてきちゃうんです。
とろとろ、ああん、恥ずかしいけど、膣からお蜜が、滴りだしてきちゃいます。
「いいねぇ、由紀、とっても、かわいいよぉ」
「はぁああ、ああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
「いいねぇ、ええ気持ちなんでしょ、もっとお声を出しても、いいよ」
「はぁあ、おこえ、だしちゃう、うち、ああ、ああ、ああああっ」
由紀のからだに変調が、そうしてお声が、甘えの質に変わってきたんです。

-35-
お人形万年筆を使って、由紀を歓びに導いている村田先生が、欲情してきます。
「由紀、ぼく、もう、我慢できないよ、おちんぽ、入れちゃうよ」
「はぁあ、ああっ、せんせ、おちんぽ、いれてほしいですぅ」
背もたれがついた丸椅子にお尻をおいて、膝が1mにひろがり、肘もひろがる由紀。
開脚Mすがたで、双方の膝と腕に渡った竹竿が、引きあげられてる由紀。
「入れて欲しいかい由紀、ぼくの、おちんぽ、欲しいんやねぇ」
村田先生、スツールを由紀の前に置き、ズボンを脱いでお座りし、お膝を開きます。
「はぁあ、せんせのおちんぽ、わたしにいれてくださいぃ」
由紀、もう何をいっているのかわからない感じで、ぽ~っとなっているんです。
ぶっとい村田先生のおちんぽは、長さが15cm、太さは直径4cm以上ある感じ。
「あげますよ、由紀、ぼくの、おちんぽ、ふふ、入れちゃうよ」
村田先生は、勃起させたおちんぽの根っこを握って、亀頭を膣に当てちゃいます。
「はぁあ、ああん、ああっ、はぁああっ」
由紀のお口から甘ったれた桃色なお声が洩れだしてきちゃいます。
ぶすっ、村田先生の勃起おちんぽが、半分ほどまで挿入されたからです。
「おおっ、いいねぇ、由紀ぃ、いいねぇ、お、め、こぉ」
「はぁああん、せんせ、そんなの、はぁああん、ああっ」
「ほうら、由紀ぃ、どうかねぇ、入っちゃったよぉ、おちんぽぉ」
「はぁああ、ああっ、ひぃいい、いいですぅ」
由紀のお股に、村田先生のおちんぽつけ根が密着して、陰毛が合わさります。

密着してしまった由紀の膣と村田先生のおちんぽ、性交、交尾の始まりです。
やっぱり、由紀、お道具よりも、ナマのおちんぽのほうが、めっちゃいいんです。
お股をひろげられて括られて、おからだ折られての開脚Mすがたが刺激です。
「はぁあ、ああっ、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
ゆっくり、村田先生の勃起おちんぽが、由紀の膣の中に埋没して露出です。
「ひぃいいっ、ひぃいいですぅ、はぁああっ」
「おおっ、由紀ぃ、ええやろぉ、ほうら、とろとろだよぉ、おおおっ」
ぶっとい勃起おちんぽ、亀頭からカリ首が、挿されて抜かれるときに、です。
由紀、膣の襞をこすられちゃうから、じいいいい~んと感じちゃうんです。
底の方からじんわり湧いてくるような快感、こすられて、えぐられて、刺激注入。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいっ」
とろりとろり、由紀のおめこのなかが、じゅるねばのお蜜でヌレヌレになります。
「おおっ、いいねぇ、由紀ぃ、じゅるじゅるだよぉ、いいよぉ」
アラフォー男子の村田先生に、二十歳になったばかり大学二年生の由紀。
濃厚なラブシーン、性器と性器が結ばれて、でも妊娠したらあかんのです。
快楽を求めて、由紀だって、女の子だから、いい気持になりたい、いっぱい。
「はぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
ぶすっ、じゅるっ、ぶすっ、じゅるっ、ゆっくりですけど、おちんぽのピストンです。
嵯峨野の奥にあるお絵描アトリエで、大学二年生の由紀、愛にまみれています。
淫らな気持ちが充満していて、ああん、二十歳になったばかりの由紀ですぅ。

-36-
開脚M姿、左右のお膝と腕に渡された竹竿が、胸元にまで引きあがった由紀。
その正面から、村田先生に、勃起おちんぽを根元まで、挿されている由紀です。
「いいねぇ、由紀ぃ、とろとろ、いいよぉ、とっても」
「はぁあ、ああん、せんせ、うちかって、ええ、ええ、ええきもちぃ」
ぶっすり、根元まで挿しこまれた勃起おちんぽで、ジンジン感じてきちゃう由紀。
大学二年生、二十歳になったばかりの由紀なのに、半熟卵みたいな女の子です。
ぶっすり、勃起おちんぽ挿しこまれ、ぐちゅぐちゅされると、お蜜がわいてくるんです。
村田先生が好きなおめこ、由紀のおめこは、とっても不思議な箇所なんです。
「ほうら、由紀、おおっ、いいねぇ、たまらないねぇ、おおおっ」
開脚Mすがた、腕もいっしょにひろげた格好の由紀、身動きできない姿勢です。
ぶっすり、勃起おちんぽを挿しこまれたまま、おっぱいを愛撫されだす由紀。
ぷっくらふくらんだ乳房、すそから持ち上げられ、揺すられ、揉まれます。
「はぁあ、ああん、ひやぁああん、ひぃいい、いいいっ」
微妙に村田先生のお腰が揺すられ、勃起おちんぽを、うごめかされちゃう由紀。
「いいでしょ、由紀ぃ、ほうら、とろとろだよ、由紀のお、め、こぉ」
由紀ったら、そんな言葉にじんじんと感じて、おなかの芯が疼きます。
肘掛椅子に開脚M姿の由紀、そのまえにはスツールに座った村田先生。
勃起したおちんぽが、由紀に挿しこまれたままの密着、向きあっています。
お股をひろげたまま、手も足も自由に動かせない大学二年生の由紀。
そんな不自由な由紀を、村田先生がたっぷりと、可愛がっておられるんです。

嵯峨野にある村田先生のお絵描アトリエ、淫らな匂いがぷんぷん充満してます。
素っ裸にされた大学二年生の美女、由紀が開脚Mすがたで拘束されています。
1.5mの竹竿に、お膝とお膝を1mにひろげられ竹竿に括られているんです。
腕のお肘をひろげられ、お膝と一緒に括られている格好、二十歳の由紀です。
「見てあげようね、由紀、お股の間、たっぷり、見てあげる」
勃起おちんぽが抜かれてしまって、由紀の股間はほぼ真上に向かされます。
「まんまるい、かわいい、お尻、由紀のお尻、おっきいねぇ」
お膝がひろがり、お肘がひろがり、まん丸いお尻が突き出る格好になります。
「いやぁあ、あああん、そんなことぉ、ゆうたらぁ、あああん」
村田先生が、由紀のお尻を撫ぜあげてきて、股間に両手を置いちゃいます。
「ふふ、由紀、卑猥だね、とっても、ここ、卑猥だよ、やっぱりぃ」
生唾をごっくんと飲み干された感じで村田先生、由紀の股間を撫ぜちゃいます。
「ほうら、由紀、ぺちゃぺちゃ、音がしちゃうよ、卑猥だねぇ」
ペタンと置かれた手の間に陰唇、その手が交互にずらせられてこすられます。
右の手が上にスライドするときは、左の手が下にスライドさせられます。
陰唇が揉まれ、揉み込まれ、くちゅくちゅ、いやらしい音が奏でられます。
じんじん、じゅるじゅる、由紀、ああ、その奥が疼いてきちゃうんです、とっても。
先に勃起おちんぽが挿されていたおめこ、いまは空洞になったおめこです。
「あああん、だめ、だめ、いけませんよぉ、ああん、せんせぇ」
お口をふさがれていない由紀、ひいひいのお声が洩れ出てきちゃうんです。