1200sex1705080146
-10-
お膝は1mにひろげてわき腹の横、背もたれ椅子に座っている由紀です。
由紀の目の前には、桐山先生が丸椅子に座って、足をひろげられています。
ズボンを穿いていらっしゃるからですが、裸なら由紀の股間へおちんぽが入る。
「いいねぇ、由紀ちゃん、恥ずかしい処が、丸出しだよねぇ」
手首は括られ首の後ろへまわしている由紀、目の前に桐山先生です。
「かわいい乳首、ほおお、輪ゴムの色とおんなじだね、由紀ちゃん!」
桐山先生、輪ゴムをふたつ、そのひとつを由紀の乳首に巻いちゃいます。
「あああん、先生ぇ、やめてください、そんなの、いやぁあ」
由紀、左の乳首に輪ゴムが巻かれて、締められちゃうんです。
それから、右の乳首にも輪ゴムが巻かれて、締められてしまいます。
「どMなんだってねぇ、由紀ちゃん、学校じゃ日本画してるんだって?」
輪ゴムに巻かれて締められた乳首が、ぷっと起ってきています。
締められているときにはジーンと痛みを感じたけれど、でも輪ゴム異物感です。
「はぁあ、そんなん、ちゃいますぅ、どえむちゃいますぅ」
美大二年生の由紀、二十歳を迎えたばかり、それが浮世絵の春画の世界へ。
「ふふん、ほうら、そしたら、由紀ちゃん、いよいよ、ここだね」
由紀の股間は丸出し状態、お膝は1mに開かれ、脇腹の横へです。
太ももが逆八になって開脚Mの由紀、桐山先生がそこをジッと眺めます。
「いやぁああん、桐山先生ぇ、いやぁああん」
眺めていらした桐山先生、右親指の腹で、由紀の陰唇を触られたんです。
お指は、お尻の穴の上部から、陰毛の下まで、陰唇をやわらかく撫ぜられます。
由紀、乳首の輪ゴムのジーン感があるから、陰唇に触れられてキュンと感じます。

-11-
背もたれ椅子にお尻を置いて、お股を完全にひろげきられている由紀です。
太ももが逆八形になってお膝がわき腹の横にまで持ち上がっているんです。
正面のパイプ製の丸椅子に座った桐山先生が、由紀の股間をなぶるんです。
「いいねぇ、由紀ちゃん、ここ、見ちゃうと、ぼく、ぼっきしちゃうよ」
紳士ズボンを穿いた桐山先生、まじまじ、由紀を見つめておっしゃいます。
ブラウスをひらけた乳房の乳首に、輪ゴムを巻かれている由紀。
お股を完全にひろげられ、アラフォー男子の桐山先生が、お指をつけてきます。
「はぁあ、ああん、桐山先生ぇ、あああん、だめぇ」
桐山先生の右手、中指が中心になって、由紀の陰唇の割れ目に入れられちゃう。
「ほおお、由紀ちゃん、もう、濡れだしてるね、ヌルっと」
「いやぁああん、ああん、ううっ、ああん」
「ほら、ヌル、ヌル、由紀ちゃんの膣から、出てるんだね」
「ああん、桐山先生ぇ、いやぁああん」
ぐちゅぐいちゅ、ぺちゃっ、いやらしい音が立っちゃうじゃないですか。
美大二年生の由紀、ひろけたお股の縦割れ唇を、ひらかれているんです。
「見て欲しいんでしょ、どMの由紀ちゃん、そうなんでしょ!」
由紀は陰毛をたくしあげられ、陰唇の先っちょを露出され、めくられていきます。
「ふふっ、ほうら、由紀ちゃん、見えちゃったよ、まめ」
「あああん、だめ、だめ、だめですよぉ、ああん」
お股をひろげきったまま身動きとれない由紀、陰核を剝きだされちゃいます。
「かわいいねぇ、由紀ちゃん、これ、なんだったっけ、この豆粒ぅ」
剝きだしにされるクリトリス、ぷくっと皮の合間から飛び出してくる陰核。
「いいねぇ、由紀ちゃん、ぼく、ゾクゾク、胸キュン、たまらないねぇ」
桐山先生は、生唾をごっくん呑みこんで、左手をズボンの股間へ置いています。
右手のお指で由紀の股間をまさぐり、左手でズボンのファスナーが降ろされます。
「ほうら、由紀ちゃん、ぼく、勃起しちゃってるよ、ほうらぁ」
ファスナーの間から、にょっきり、桐山先生のおっきくなったおちんぽが、露出です。

-12-
由紀の目の前に、桐山先生の勃起しちゃったおちんぽが、突きだされます。
「ほうら、由紀ちゃん、ぼくのちんぽだよ、見てごらん!」
ズボンのファスナーがひらいた間から、勃起おちんぽだけ突出しているんです。
でっかい、めっちゃでっかい桐山先生のおちんぽ、皮がめくれて、亀頭がまるだし。
「あああん、そんなの、いやぁああん!」
背もたれ椅子に座っている由紀、1m棒にお膝を括られ引き上げられた格好です。
「これを、由紀ちゃんのここ、お、ま、ん、こ、へ挿しいれるんだよ、ねっ」
桐山先生は、ご自分の性器を露出させ、根っこを握って、由紀に見せているんです。
由紀は、突然に男子のシンボルを見せられ、気持ちが動転しちゃいます。
ズボンの合間から勃起したおちんぽだけが飛び出しているから、余計にびっくり。
桐山先生が、ズボンを脱ぎ、ブリーフも脱いでしまって、下半身を裸にします。
そうして、ふたたび、桐山先生、由紀の前においた丸いパイプ椅子に、座られます。
和風のお絵描アトリエ、大きな鏡、横にひろがる和風の明るいお庭、羞恥の由紀。
「ほんなら、入れちゃうまえに、たっぷり、濡らしておきましょうね」
先にはクリトリスを剥きだされてしまった由紀ですが、こんどは膣のなかです。
「ほうら、このびらびら、陰唇だよね、由紀ちゃん、言ってごらん!」
「あああん、桐山先生ぃ、おちちが、むずいですぅ」
由紀の双方の乳首に巻かれた輪ゴムの刺激が、むず痒さをかもすんです。
「ああ、おちち、感じるんだね、きっちり締めたから、だよね!」
ぷっくらと起ったゴム色の乳首、膣がなぶられるまえに、です。
桐山先生は、気がついたかのように、乳首をぴんぴんと、お指ではねられます。
「あああん、先生ぇ、だめ、だめ、だめですよぉ」
締められた乳首を、びんびんと指先ではねられ、由紀、じじじじ~んと感じちゃう。
乳首をはねられたあと、桐山先生の手は、由紀の股間へ集中してきます。
由紀、左右の陰唇を、左右の手指につままれ、めくられてしまいます。
下半身を裸にされた桐山先生、勃起おちんぽが出番を待っています。
でもそのまえに、由紀、たっぷり、桐山先生のお指とお口で、なぶられるんです。