1200sex1801240163
-40-
ショーツを脱がされてしまって下半身裸の由紀、陰毛のうえを頬ずりされています。
桐山先生は、お風呂で使うプラスチックの椅子をお尻に置いて、お座りです。
由紀は陰毛の上を頬ずりされるまま、お尻から抱きつかれているんです。
お尻のほうから股間へ、手を入れられようとしている美大二年生の由紀です。
立ったままブラウスのボタンが外され、ブラがめくられた由紀、乳房が露出です。
お股だって、ショーツを脱がされているから、露出ですけど、股間は閉じられたまま。
「はぁああ、由紀ぃ、いいよねぇ、お股、弄っちゃてもさぁ」
アラフォー独身の桐山先生、由紀のお尻に抱き、ハアハアあえいでいらっします。
「いやぁああん、ああん、そんなとこ、だめですよぉ、ああん」
手を頭の上にのせた由紀、立った姿で、お膝を合わせ、太ももを締めてしまいます。
「ほうら、あし、由紀、あしを、開いてごらん」
由紀、抱かれていたお尻から手が離され、頬ずりがストップ、お股を開かされるんです。
「ううん、足、ほら、ひろげてみてよ、ほうらぁ」
「ああん、先生ぇ、そんなこと、無理ですよぉ」
「無理ったって、縛ってないんだからぁ、ひろげられるでしょ」
由紀は立ったまま中腰になり、お尻を落とし、お膝をぴったしくっつけたままです。
桐山先生の右手が、由紀のおっぱいにかぶせられてきます。
左手は、由紀の閉められた太ももの間へ、入れられようとしています。
「ほら、由紀、足をひろげなさい、ほうら、でないとぉ」
由紀、左の乳首を、桐山先生のお指につままれ、揉まれだします。
「あああん、だめですよぉ、足なんか、開けられないですよぉ」
乳首をつままれ揉まれている由紀、太ももに手の平が入ってくるけど、閉めちゃう。
「ほうら、ほうら、由紀、いい子だから、足をひらいて、ごらんなさい」
手を使えない由紀、からだをゆすって逃れようとして、お腰をゆすって振っちゃいます。
和風のお庭は明るくて、鴨居に吊るされる由紀を、お日さまの光が当たります。
お尻から太もも、お膝から足首まで、白い肌、ぽっちゃり色気が感じられる由紀です。

-41-
胸をはだけられて、腰にはスカートが巻かれているけど、下半身裸体の由紀。
足をひろげるようにといわれても、閉じたまま、ひろげることができないんです。
「ああん、先生ぇ、だめ、だめ、だめですよぉ」
お風呂の椅子に座った桐山先生が、由紀の双方の乳首をつまみ、揉んできます。
「ほら、足をひろげないのなら、ひろげてあげるしかないのかなぁ」
乳首をつままれ、モミモミされながら、足をひろげるようにと、催促されます。
でも、二十歳になったばかりの由紀、足をひろげてしまうなんてできないんです。
「だからぁ、ひろげられないのならぁ、ひろげちゃうよ、いいね」
桐山先生が持ち出されたのは、1mの竹棒、両端にベルトがついています。
「わかるかね、由紀、この竹の棒を足に括りつける、いいね」
竹の棒を見た由紀は、とっさにうろたえる顔つきに、なってしまいます。
この竹棒で足をひろげられてしまう、そう思ったとたんに、こわくなってしまいます。
「そんなの、だめですよぉ、そんなんしたら、わたし、だめですよぉ」
それでなくても恥ずかしい、半裸すがたになっている由紀、羞恥の気持ちなのに。
桐山先生は、容赦なく、まず左のお膝に竹棒の端のベルトを括りつけられます。
そうして由紀の右足を、少し持ち上げひろげ、素早くお膝にベルトを巻かれたんです。
「ああああん、先生ぇ、こんなの、いや、いや、いやですぅ」
由紀、なにがなんでも二十歳になったばかり、足を1mにひろげられて、悲しい。
「ふふん、かわいいねぇ、由紀、たっぷり、かわいがってあげるから、ねっ!」
お風呂の洗い椅子に腰かけた桐山先生、お顔の高さは由紀のお腰の前です。
人の格好にされてしまって、由紀、股間を丸見えにされ、おっぱいも丸出しです。
手首を括られ頭の上に吊るされ、お膝には1mの竹棒がかまされた由紀。
ねちねちと、アラフォー独身の桐山先生に、なぶられちゃう美大二年生の由紀。
なぶられるだけじゃなく、勃起させたおちんぽを、おめこに挿されてしまうんです。

-42-
手首はかさねて括られ頭のうえに、お膝を1mの竹棒でひろげられている由紀です。
桐山先生が低い椅子に腰かけられていて、お顔の高さに由紀のお腹がきてます。
「ああん、先生ぇ、こんな恰好、いや、いや、恥ぃから、いやですよぉ」
由紀のお顔は汗ばんできていて、頬がほんのり紅色、それが可憐な表情です。
スカートはお腰に巻き上げられていて、ブラウスはボタンが全部外されていて。
ブラジャーのホックが外されていて、ショーツが脱がされている格好です。
そのうえ、お膝が1mにもひろげられ、美大二年生の由紀、立たされているんです。
「ふふん、由紀、いい格好になったねぇ、素敵だよ、とっても」
由紀、桐山先生がお顔を見上げられているのが、なんとも恥ずかしい気持ちです。
下を向いた由紀、桐山先生の右手が上向いて、お股の間へ入るのを、見てしまう。
「いやぁあん、先生ぇ、ああん、いやぁああん」
桐山先生の右手の平が、お股の真ん中にかぶせられ、もぐもぐさせられちゃう。
お膝を1mにひろげているから、由紀、どうしようもなく、弄られるがままです。
「やわらかいねぇ、由紀のお股の真ん中、ほぉおおおおっ」
桐山先生は、頭を下の方へ降ろして、由紀の股間を覗きにきちゃいます。
「あああん、先生ぇ、あかん、あかんですぅ、ああん」
由紀、覗かれるだけじゃなくて、右手の指一本を、陰唇の間に入れられてしまいます。
「ふううん、ぬれてるぅ、由紀、もう、べっとり、濡れているんだねぇ」
陰唇の間に指を挿しいれられて由紀、身動きしたくてもできなくて、辛いです。
とっても恥ずかしい、まばゆいくらいに明るいお庭の光で、由紀は生々しいです
桐山先生には、徹底的に股間を、左右の手指で、なぶられていく由紀です。
「ふふん、いいねぇ、由紀、ぼく、好きなんだよなぁ、こんなことが、さぁ」
左手親指の腹で、陰毛のスソをたくしあげられて、陰唇の先っちょを露出されます。
その先っちょには、まだ皮に包まれた、由紀のめっちゃ敏感な箇所があるんです。
敏感な箇所は、陰核、クリトリス、弄られたらヒイヒイ悲鳴をあげちゃう由紀です。
右手を股間にかぶせた桐山先生、左手親指で、このクリトリスを剝いちゃうんです。