1200sx1607230043
-19-
由紀は、勃起したオチンポを、おめこに挿し込まれると、めっちゃ悶えちゃいます。
辱め椅子にお尻を置いて、手はひろげたまま、お膝をひらいてMの字姿です。
ぱっくり開かれているお股の真ん中、陰唇がめくれあがり、じゅるじゅるのお汁。
そこへ、健太の勃起オチンポをナマのまま、ぶっすりと挿し込まれている由紀です。
「おおおっ、由紀ぃ、ええ気持ちやぁ」
「はぁあ、ああん、せんぱいぃ、いいいっ」
健太はお相撲さんの格好で、お尻を上げ下げ、勃起オチンポでおめこをこすります。
「ほらっ、由紀、どうやぁ、ほらっ」
勃起オチンポを由紀のおめこに挿し込んだまま、腰をまわして、こするんです。
「ひぃやぁああっ、ひぃやぁああん」
ぶちゅぶちゅ、由紀はおめこのなかを、亀頭からカリ首で、こすられているんです。
由紀、これをされると、からだの芯が疼いて、たまったもんじゃないんです。
ずっきんずっきん、からだの芯から頭の先まで、痺れてきて、濡れちゃいます。

健太の勃起したオチンポって、長さ15cm太さ4.5cm、これで由紀、こすられます。
「ほぉらぁ、ええ気持ちやろぃ、由紀ぃ!」
「ひぃやぁああ、ひぃやぁああっ!」
「ほらっ、どうやぁ、なけなけ、由紀っ!」
「ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
「おおおおっ、じゅるじゅるやぁ!」
「ああん、ひやぁああん、ひいっ、ひいっ!」
もう、めろめろ、めっちゃいい気持にされちゃって、あえいでうめいて、お悶えです。
二十歳になったばかり大学二年生の由紀、おめこからとろとろのお汁です。
ぶすぶす、ぐりぐり、ぐりぐり、べっちょりに濡れてるから、ぺちゃぺちゃの音です。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
由紀は胸を張り、背筋を伸ばし、健太が挿し込んでくる勃起オチンポに応えます。
なんていったらいいのか、たまらなくいい気持、疼いてとろとろ、由紀の感覚です。

健太のお絵描アトリエで、十字の背もたれ、辱め椅子に開脚M姿、裸体の由紀です。
お尻の芯が便座形の真ん中、ひろげた太もも、股間が斜め上向いているんです。
性器が丸出しになった格好の由紀、ぱっくり、とろとろ、おめこはまるで泉です。
「いっぱい、溜まってきてるよ、とろとろお汁、由紀のおめこ」
健太が、太っといオチンポ抜き去って、おめこのなかを覗き込みます。
ぐちゅぐちゅになった由紀のおめこは濃いピンク、お蜜でびっちょり濡れてます。
「はぁああっ、ひぃいいっ、せんぱいぃ、いいっ!」
亀頭を挿し込まれて、カリ首のくびれで、膣のなかをこすられちゃう由紀。
ぐちゅぐちゅ、勃起オチンポ、ナマのまま、半分まで挿し込まれてぐりぐりっ。
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん!」
「ふふん、いいねぇ、由紀、さいこうやぁ、ええきもちぃ!」
ぶすっ、ぶすっ、ぐちゅぐちゅっ、由紀はへとへと、もう限界です。
健太だって可愛い由紀の登ってく姿を見ていて、へろへろな気分みたいです。

-20-
お膝をひろげられ、ひらけられた太ももはわき腹の横にまできています。
辱め椅子にお尻をおいている由紀、お股は180度に開いているんです。
大学院生の健太が、由紀のおめこへ、勃起したオチンポを、ぶっすり挿し込んでいます。
気持ちよくってへろへろの健太、文学部二年生の由紀だって、気持ちとろとろです。
「はぁああっ、はぁああっ!」
「おおっ、由紀ぃ、どうやぁ、由紀ぃ」
ヌレヌレのおめこへ、ぶっすりとオチンポを挿し込んだ健太が、聞いたりします。
由紀はもう、なんにも考えられない、ただただ、挿されて呻き悶えるだけです。
ぐりぐり、じゅるじゅる、勃起オチンポで、おめこのなかをこすられると、たまりません。
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん!」
手を横に広げられたまま、お膝を拡げられて持ち上げられたまま、ぶすぶすされます。
由紀が汲みだす恥ぃお汁が、健太の勃起オチンポに絡んでいてじゅるじゅるです。
ぶすぶす、ぐりっぐりっ、挿されて、こねまわされて、引き抜かれる勃起オチンポ。

健太のお絵描アトリエで、じゅるじゅるにされている二十歳の由紀。
辱め椅子の十字架背もたれに手をひろげ、開脚M姿にされている由紀。
ぶっすり挿し込まれて、おめこのなかこすられると、気がくるってしまいそう。
おからだの芯、奥のほうが、子宮のなかが、燃えていてぐじゅぐじゅです。
「あああん、あああん、ひぃやぁあああん!」
おからだ自由に動かないからお顔だけ、上げたり下げたり、横にふったりしちゃう由紀。
「ほうら、由紀ぃ、どうや、由紀ぃ」
健太が、勃起オチンポ挿し込んだまま、腰を右に左に動かすんです。
由紀は、おめこのなかを、勃起オチンポ、亀頭とカリ首で、こねられてているんです。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
もう、最高、とろとろのお汁が溢れ出てきて、べちゃべちゃです。
辱め椅子は洋式便器に十字架背もたれの形、由紀、手十字開脚M姿です。
健太が、とろとろの由紀を、アクメに登らせる最後の儀式をおこないます。

双方の乳首に洗たく下着を干すクリップを、挟まれちゃうんです由紀。
そうして、おめこを勃起オチンポで、ぶすぶすぶすぶす、猛烈に突かれるんです。
「おおおおっ、出すよ、由紀ぃ、おおおおおっ」
大学院生の健太、満身に力を込めて、お腰を振って動かして、慟哭します。
由紀だって、アトリエに響いちゃう黄色いお声で、もがき悶えて、昇っていきます。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいいいい~っ!」
由紀のお股がぷっくら膨れ、陰唇がめくれあがって、おからだが痙攣しだします。
健太のナマ射精、勃起オチンポのピクピクン、由紀、ああっ、ああっ、ああああ~!。
由紀、感じちゃう、もろに、射精しちゃう瞬間のオチンポ、その痙攣です。
ぱっくり開かせてしまったおめこ、お小水がぴしゅん、ぴしゅんと噴出します。
「ひぃいいいい~っ、ひぃいいいいい~~~~っ!」
健太の勃起オチンポ、ナマのまま、射精されて、挿し込まれたままです。
オーガズムを迎えた大学二年生の由紀、そのまま、気を失ってしまったんです。

-21-
<バイブレーターを入れられて>
前田由紀は大学の二年生、文学部でフランス文学のお勉強をしています。
学校では、女の子人気投票でグランプリをとった可愛い女子です。
AKBのあの子みたいな感じで、すぐに頬を赤らめて、汗を滲ませちゃうんです。
村井健太は大学院生、画家になろうとしてお勉強中、お絵描アトリエを持っています。
京都の金閣寺の、その近くの山に面した庭付きのおうち、そこがアトリエの場所です。
呉服屋さんの御曹司さんで、そのおうちはおじいさんが使ってたとゆうんです。
和風なんですけど、アトリエは8畳の洋間、隣接して四畳半の和室があるんです・
四畳半の和室は、健太のおじいさんの趣味らしくって、そこは責め部屋なんです。
女の子がお縛りされて、あへあへ、ひいひい、はあはあと羞恥にあえぐお部屋。
責めのお道具が、いろいろ置いてあって、小道具だってカバンにいっぱい。
「だから、由紀、手を吊ってあげるから、いいね」
天井からロープが降りていて、そのうえは滑車になっていて、由紀、吊られる。
「はぁあ、うち、そんなの、こわいですよぉ」
四畳半の和室は、八畳洋間とつながっていて、あけっぴろげです。

四畳半といっても、シングルのベッドがあって壁につけられています。
シングルベッドの横には籐で編まれた肘掛椅子があるんです。
それに壁に掛けられた大きな液晶テレビジョン、映像のモニターです。
「はぁあ、ああん、せんぱいぃ、こんなのいやですぅ」
ミニスカートに白いブラウス姿の由紀、手首を合わせて頭の上に持ち上げられて。
「ああん、こそばいですよぉ、やめてください、あああん」
由紀、後ろから健太に抱きしめられて、おっぱいを露出されちゃいます。
ブラウスのボタンがはずされて、ブラジャーが持ち上げられて、乳房が露出。
「ふうん、ふうん、由紀ぃ、ええ格好になってきたよ!」
由紀の目の前に置かれた縦長の鏡に、手を頭上にあげた姿が、映ります。
それにビデオカメラが、鏡の横から、由紀を撮っていて、壁のモニターに映ります。
健太ったら、手の自由を奪った由紀を、後ろから抱いて、首筋にキッスをしてきます。
二十歳になったばかりの由紀、髪の毛の生際が、初々しいんです。

健太の手が、後ろからまわされて、おっぱいにかぶせられてしまう由紀。
ブラウスのボタンが全部はずされ、ブラジャーがはずされてしまった由紀。
ミニスカートは穿いたままだから、でも、太ももの半分以上が露出しています。
「はぁああ、せんぱいぃ、うち、あああん、だめですぅ」
小さな声、半分泣く感じの、心細いお声、耳うしろにキッスされて、むず痒いんです。
女の子だから、やわらかく、ほんのりと、刺激を与えられちゃうんです、由紀。
「いいよねぇ、由紀、とっても可愛い、素敵、うずうずしちゃうねぇ」
おっぱいを、すそから揺すってきて、たまに乳首を刺激しちゃう先輩の健太です。
うずうず、由紀ったら、ほんのり、おからだの奥のほうから火照ってきちゃいます。
スカートがめくられ、ショーツが太ももの根っこまで降ろされちゃいます。
「あああん、せんぱいぃ、うち、恥ずかしい、恥ずかしいですぅ」
陰毛が、露出しちゃって、おっぱいも露出してるから、隠してるところが丸見えです。
ミニスカートが裾からめくりあげられ、お腰のところで丸められます。
縦長鏡に半裸のからだを映し出された大学二年生の由紀、ビデオに撮られています。