小説:甘い蜜
1200sex1710090187
-7-
お勉強机のうえに開脚Mスタイルにされた大学二年生の佳奈ちゃん。
パンティ穿いてないから、お股の真ん中、丸見え状態にされているの。
お勉強椅子に座った祐樹くんが、佳奈ちゃんを、たっぷり観察するんです。
佳奈ちゃんは、さっきに祐樹くんだけイッテしまったから、欲求不満です。
「おおっ、佳奈ぁ、たっぷり、見てやるよ、ふふふん」
「ああん、祐樹くぅううん、だめよ、そんなに、見つめたらぁ」
佳奈ちゃん、晒の帯で肩と一緒にお膝ごと、タスキ掛けされているんです。
祐樹くんの目の前で、お股開いて、お膝を閉じることができません。
「ふうん、佳奈ぁ、おれ、ゾクゾクしちゃうよぉ」
佳奈ちゃんの陰唇、少しめくれ開いた状態で、ピンク色です。

佳奈ちゃん陰唇まわりにも、恥ずかしい陰毛が、はえているんです。
「ああああん、祐樹くぅううん、そこ、そこ、だめ、あかん・・・・」
祐樹くんが、佳奈ちゃんの陰唇の間へ、お指を入れてきたんです。
右手親指の腹で、こするようにしてあげてきて、割られてしまいます。
「ふうん、佳奈ぁ、ぬれてるぅ、ヌルヌルしてるぅ」
「ああん、あかんってばぁ、祐樹くぅううん、あかんってばぁ」
「ぬるぬるやん、佳奈ぁ、めっちゃ、ヌルヌルやん、なかぁ」
祐樹くんの中指が、佳奈ちゃん、チツのなかへ挿し入れられたんです。
「はぁああん、祐樹くぅううん、あかん、いやぁああん、だめぇ」
「ふふん、佳奈ぁ、うれしいんやろ、ふふっ」
佳奈ちゃん、開脚Mすがた、お勉強机のうえに置かれています。

祐樹くんは、開脚Mすがたの佳奈ちゃんを、たっぷり可愛がります。
佳奈ちゃんの着てるシャツが、めくりあげられ、首うしろでまとまります。
ぷっくら膨らんだ双方の乳房が、露出されてしまいます。
手は自由に動かせるから、佳奈ちゃん、祐樹くんをふぇらっちお、します。
股間と胸が開かれて、佳奈ちゃん、祐樹くんの愛を受け入れるんです。
「はぁあん、祐樹くぅううん、ああっ、あああっ」
「べっちゃり、ぬれぬれ、佳奈ぁ、おれ、見てるだけで感じるよ」
見てるだけっていうけれど、おちんぽ挿していないだけです。
佳奈ちゃんは、祐樹くんのお指で、おからだ翻弄されているんです。
お股をぱっくり開けられてる佳奈ちゃん、もうめろめろ状態なんですよ。

-8-
膝ごとタスキ掛けで開脚Mすがたになってる佳奈ちゃん。
なにも隠すものがない丸見えの股間、祐樹くんにさらけています。
祐樹くんったら、お勉強する感じで、佳奈ちゃんを触っていきます。
佳奈ちゃんは、お股をひらけ、たっぷり祐樹くんに触られちゃいます。
「佳奈ぁ、おれ、好きだよ、佳奈のことぉ」
お股の真ん中へ祐樹くんの手、陰毛にお指が、陰唇が手の平が。
「だからぁ、佳奈のことぉ、いっぱい知ってやるんよ」
股間にぴったしと手をおいたまま、祐樹くんが佳奈ちゃんに言います。
佳奈ちゃん、祐樹くんに好きだよって言われて、うれしい気持ち。
いっぱい、知ってほしいけど、ちょっと、ああっ、かなり恥ずかしい。

佳奈ちゃん、親指の腹で、陰唇を割られて、うちがわを擦られていきます。
ヌルヌルしたお蜜を、佳奈ちゃん、奥から滲みださせてきて、濡らしちゃう。
「はぁあ、祐樹くぅううん、だめだよぉ、ああん・・・・」
ヌルヌルをお指に絡まされ、陰唇のうちがわを撫ぜられる、佳奈ちゃん。
じっく、じっく、なんかうごめく感じで、刺激が伝わってくるんです。
柔らかい快感、むちゅっとした感じ、お風にそよぐ快感、ああっ。
「ふうん、佳奈ぁ、ぬるっとしてるよ、ヌルヌルだよぉ」
祐樹くん、チツの入り口でお指にすくって、クリから尿道口に塗ります。
「ああん、祐樹くぅううん、ああっ、ああっ」
とっても、やわらかい、快感を、佳奈ちゃん感じてしまうんです。

その濡れたお指を、祐樹くんったら、佳奈ちゃんの乳首のまわりに、塗ります。
柔らかい乳首を、佳奈ちゃんの恥らいお蜜を塗られ、揉みほぐされるの。
「ああっ、あああっ」
ピリピリっと佳奈ちゃんの内部を、針で刺したような刺激が走ります。
乳首からの刺激は、とっても細いんです。
「あああっ、あああん、はぁああん」
祐樹くんの右手の中指が、チツのなかに入っている佳奈ちゃん。
左手の親指と中指で、乳首を挟まれ、揉み揉みされる佳奈ちゃんです。
開脚Mすがたに固定され、おからだ、閉じて伸ばすことができないんです。
祐樹くんのお勉強机で、股間と乳房を弄られていく二十歳の佳奈ちゃん。

-9-
祐樹くんのやりかたって、とってもねっちゃり、たんまりなんです。
開脚でMすがたにさせた佳奈ちゃんの、股間をぐっと広げさせます。
左右の太ももからお膝が、おっぱいの横、わき腹にくっついています。
全裸の佳奈ちゃん、上半身を斜め後ろに倒されると、お尻が突き出ます。
突き出たお尻は真ん丸で、お尻の穴が正面を向いちゃいます。
お尻の穴から数cm上から、お股の唇、陰唇ですけど、斜め上向きです。
陰毛がその上部に生えていて、陰唇のまわりにも少し生えています。
その、あの、恥ずかしいんですけど、佳奈ちゃん、ここを弄られちゃうの。
祐樹くんだって、佳奈ちゃんのお股の真ん中に、とっても興味津々なんです。
「ああん、ああん、祐樹くぅううん、あああん」
祐樹くんの右のお指、中指が、佳奈ちゃんのチツに挿しこまれたんです。

祐樹くんの右手の中指って、佳奈ちゃんには魔のお指です。
挿しこまれて、チツの中をこすられちゃうんですけど、ゆっくりです。
「おおっ、佳奈ぁ、べっちゃり、濡れてるよ、このなかぁ」
祐樹くんが、お指を挿しこんだ感触を、佳奈ちゃんに伝えちゃう。
佳奈ちゃん、そんな言葉を聞かされちゃうと、羞恥と快感になります。
「佳奈ぁ、ここ、おめこって、ゆうんやろ、そうやろ!」
「はぁああん、そんなことぉ、しりませんけどぉ、ああん」
めっちゃ、恥ずかしい気持ちが、込み上げてきて、快感につながります。
お指の腹が、チツのなかでぐちゅぐちゅ、かきまわされて、うごめきます。
大学生の佳奈ちゃん、学校では教われない感覚と感情を注入されます。
課外授業といえばいいのかも、女の子の欲求を満たされちゃう行為なの。

佳奈ちゃんのワンルームへ来ている先輩の祐樹くんです。
二十歳の佳奈ちゃんが、性的満足がいくまで、たっぷりしてあげます。
佳奈ちゃんは、祐樹くんに、たっぷり、イカセてもらえて、うれしいです。
まだ一回目のアクメを迎えていく段階の佳奈ちゃん。
でも、お指を挿しこまれて、ぐちゅぐちゅされて、快感の真っ最中です。
「はぁあん、はぁあん、はぁああん」
お声とゆうより、吐く息に交じるお悶え呻きの音、佳奈ちゃんのお声です。
先輩の祐樹くんは、佳奈ちゃんの撫ぜるようなお声を聞いて、感じちゃう。
ますます、祐樹くん、後輩の佳奈ちゃんが、好きになってきちゃいます。
「佳奈ぁ、ええんか、気持ちええんか?!」
祐樹くん、お指に佳奈ちゃんのお蜜のヌレヌレ感じながら、問いかけです。

-10-
祐樹くんのお部屋、お勉強机のうえに開脚Mすがたの佳奈ちゃん。
お膝ごとタスキ掛けされてるから、股間、開けたままです。
背中に大きなクッションを置かれてもたれかかっている佳奈ちゃん。
丸見えのお股が、太ももを開かれて、いっそう丸見え状態です。
「ほら、佳奈ぁ、ここ、ここ、ここやろ!」
祐樹くんにお指を挿しこまれて、まさぐられている佳奈ちゃん。
祐樹くんが、触った感触で、Gスポットを探し当てたんです。
佳奈ちゃん、特別にジンジン感じちゃう箇所、Gスポットをこすられちゃう。
「ああん、そこ、そこ、そこですけどぉ、ああっ」
得体のしれない感覚、お指でこすられているけど、その感覚はありません。
ただ、ジンジンと快感が、からだの芯に、伝わってきちゃうんです、佳奈ちゃん。

チツにお指を入れられて、内部をまさぐられる大学生の佳奈ちゃん。
「はぁあ、ああん、祐樹くぅううん、ひぃいい、いいよぉ!」
お顔をしかめ、ぐっと股間を突き出す感じで、お膝をひろげちゃいます。
どうしてなのかしら、チツのなか、襞をこすられると、めっちゃ感じます。
「ふうん、佳奈ぁ、ザラザラしてる感じ、ここ、ここ、ここやろ!」
確かにGスポットらしいんです、佳奈ちゃん、そこ触られると、ジンジン最高。
「ひぃいいっ、そこ、そこ、そこよぉ!」
なんてゆったらいいのかしら、祐樹くんのお指です。
佳奈ちゃん、おちんぽがいいけど、お指も忘れられなくなるんです。
それから、祐樹くんったら、お指を挿しこんだまま、お口をつけてきて吸います。

じゅるじゅる、濡れてべちゃべちゃになった佳奈ちゃんのお股の真ん中です。
祐樹くん、とっても美味しそうに、じゅるじゅる、吸っちゃうんです。
「ああっ、あああん、祐樹くぅううん、ああん」
ますます淫らになっていく、大学生の佳奈ちゃん、二十歳です。
お勉強机のうえは、淫らな佳奈ちゃんが、見られて喜ばされていく場所です。
祐樹くんのお指、祐樹くんのお口、それから、勃起おちんぽ。
お指より、お口でしてもらうほうが、いいです。
でも、なによりも、勃起してるおちんぽ、ぶすぶすしてもらうのが最高です。
お道具は、まだ使われたことがない佳奈ちゃんです。
「ひぃい、いやぁあ、ああん!」
佳奈ちゃん、秘密の壺のなか、祐樹くんのお指で、ぐちゅぐちゅにされちゃう。

-11-
開脚Mすがたにされて、お勉強机にお尻を置いている佳奈ちゃん。
祐樹くんのお指とお口で、ぱっくりひらけた陰唇のなか、チツのなか弄り。
佳奈ちゃん、もう、おからだのなか、メロメロ、ぐちゅぐちゅです。
チツのなかからトロトロと、流れ出てくる佳奈ちゃんの、淫らなお蜜。
「はぁああん、だめ、あかん、いやぁああん、祐樹くぅううん」
「ふふ、佳奈ぁ、おれ、また、入れちゃうよ、ちんぽ」
祐樹くんが椅子から立ち上がり、ブリーフを脱いじゃいます。
もう、祐樹くんのおちんぽ、勃起して、いきり立っています。
お勉強机の上に開脚Mすがたの佳奈ちゃん、その前に立つ祐樹くんです。
佳奈ちゃん、祐樹くんの勃起おちんぽ、見おろしちゃいます。

祐樹くん、佳奈ちゃんのひろげられた股間へ、おちんぽ、亀頭を当てちゃう。
お指で陰唇をひろげてあげて、亀頭を膣に、埋め込みます。
「おおっ、佳奈ぁ、めっちゃ、締まるぅ、ううっ!」
「ふぅう、ああっ、祐樹くぅううん、ひぃいいっ!」
ぶすっ、亀頭が埋められ、陰茎の半分までが埋め込まれます。
立ったままで祐樹くん、開脚Mの佳奈ちゃんに、おちんぽ、ぶっすりです。
佳奈ちゃんは、お膝ごとタスキ掛けされていて、開脚Mすがたを崩せません。
開いたままの膣へ、ぶすぶすっ、勃起おちんぽ挿しこまれていきます。
「ああっ、ひぃいいっ、ああっ、ああっ!」
窮屈な姿勢で、膣に勃起してるおちんぽ挿しこまれるから、もうヒイヒイです。

祐樹くんに背中から抱かれて、勃起おちんぽを、挿しこまれている佳奈ちゃん。
ぶっとくって長いおちんぽ、それに亀頭がおっきく、カリ首が深いの、祐樹くん。
根っこまで挿しこまれてしまうと、二十歳の大学生佳奈ちゃん、もうぐちゃぐちゃ。
「ああっ、ひぃいいっ、祐樹くぅううん、はぁああん!」
「いいよ、佳奈ぁ、めっちゃぁ、いいよ、いいよぉ!」
ぶっすり、挿しこまれたおちんぽで、佳奈ちゃん、膣襞をこすってもらえます。
祐樹くんだって、佳奈ちゃんの膣襞をこする感触、めっちゃいい気持です。
ぐちゅぐちゅで、佳奈ちゃんの淫らお蜜が、じゅるじゅる流れ出してきます。
祐樹くんの性器と佳奈ちゃんの性器が、密着、交尾の状態です。
ぶすぶす、ひいひい、じゅるじゅる、はあはあ、佳奈ちゃんと祐樹くんなの。

-12-
大学四年生の祐樹くんは、二年生の佳奈ちゃんを、辱めるのが好きみたい。
自分のお部屋のお勉強机に佳奈ちゃんを、開脚させてMの字姿にさせます。
お膝をいっしょにタスキ掛けしてしまうから、佳奈ちゃん身動きできません。
もちろん、お股、ぱっくり開けたまま、太ももを、閉じることができません。
「ほうら、佳奈ぁ、どうやぁ、ええやろぉ」
「あああん、せんぱいぃ、ひぃいい、いいですぅ、ううっ」
お勉強机のうえに開脚M姿の佳奈ちゃんが、ぶすぶす、突かれてるんです。
「ほら、佳奈ぁ、ほら、入ってるぜ、おれのん、ほらぁ」
「はぁあ、ひぃいい、ひぃいいですぅ、ううっ」
お勉強机の前に立ったままだから、佳奈ちゃんの股間が祐樹くんの腰です。
ぶっすり、挿しこまれてる佳奈ちゃん。ぶっちょり、奥まで、密着です。

祐樹くんの勃起おちんぽ、長さは20cm弱、太さは5cm弱、長くて太いです。
この勃起おちんぽを、佳奈ちゃん、開脚Mの字姿のまま、挿されているんです。
立ったままの祐樹くん、佳奈ちゃんのおめこに挿したまま、腰を動かします。
「おおっ、佳奈ぁ、ぶっすり、ほうらぁ、どうやぁ」
「ああん、せんぱいぃ、あああん、せんぱいぃ!」
佳奈ちゃん、祐樹くんの腕が背中にまわされ、抱かれたまま、ぶすぶすです。
「奥まで、ほら、佳奈ぁ、奥まで、入ってるやろ、ほらぁ」
「はぁあ、はぁあいってる、入ってますぅ、ううっ」
じゅるじゅる快感のあまり、佳奈ちゃんの表情が軋んでいて、苦しそう。
でも、佳奈ちゃん、放心、朦朧、じゅるじゅる、快感、真っただ中です。

祐樹くんが挿しこんだまま、腰をゆっくり、まわしていきます。
佳奈ちゃんのおめこのなかを、祐樹くんが亀頭でこするためです。
ぴったし埋まった陰茎が奥のほうまで伸びていて、亀頭とカリ首です。
佳奈ちゃんのおめこ、奥には子宮の入り口があるじゃないですか。
祐樹くんは、その子宮口の手前、まわりを、亀頭からカリ首でこするんです。
佳奈ちゃんったら、もう、そこをこすられると、ヒイヒイ、めっちゃ、感じちゃう。
失神しそうなくらい、感じてしまって、自制心なんか吹っ飛んじゃいます。
結局、失神してしまうんですけど、二十歳になったばかりの大学生の佳奈ちゃん。
「ほうら、佳奈ぁ、こすってるぜ、おおおっ、びちょびちょやぁ!」
「ううっ、ぐぅううっ、あああん、ぐぅうううっ!」
祐樹くんの擦りで、佳奈ちゃんの奥からトロトロと、淫らなお水が流れでます。
このお水が湧き出てくると、佳奈ちゃんは正気を失い、淫らになるんです。