1200sx1602050104
-11-
和室六畳間で、赤い絨毯が敷かれた、お部屋のなまえは、恥部屋。わたし、セーラー服、着たままですけどぉ、首もとから脱がされ、首のうしろで留められています。手は、背中の腰あたりに渡された1mの棒に、肘を括られているんです。そいで、わたし、壁のおおきな鏡に映されて、後ろから、せんせ、わたしを抱きしめ、ああん、シュミーズつけたまま、ブラをはすされたおっぱいを、揉み揉みされてきちゃう。
「ねぇ、かおり、がっこで、こんなの、したいんだけど」
「ああん、したらええんちゃうの、せんせ?!」
わたし、おっぱい、なぶられながら、スカートめくられ、お股へ手を入れられてきて、ああん、身動きとれないじゃないですかぁ。
「まあ、体育室で、したいけど、でけへんのんや、わかるかね」
せんせ、だ、め、で、すよ。

わたし、絹のシュミーズ、絹のブラ、それに、紺のスカート、前のすそをもちあげられ、めくりあげられ、パンティ、みえるかっこうにされ、腰のなかへスカートのスソを入れこまれ、お尻から腰からお股から、パンティで包んだ腰まわり、ぜんぶ見え見えにされちゃってるんです。
「ふふっ、かわいいかおり、横になったお棒、固定しておこう、ねっ!」
それからぁ、手肘を括った1mの横棒が、腰に紐で固定され、天井からおろしてきた紐に括られ、わたし、座りこめないようにされて、せんせ、わたしを放置しちゃったんです。
「じゃあ、かおり、愛の調教レッスンワン、ふふうん、いいねっ」
わたし、大きな鏡に、立ったままの姿を映しています。ちょっと、いいえ、だいぶん、いいえ、むっちゃ、恥ずかしいですぅ。絹のシュミーズのなかに胸、乳首がぴっくり、ツン立ちしてるのが見えます。スカートがめくられちゃって、パンティ丸見えじゃん。ああんそのうえ、照明が、わたしのまわりだけ、明るくしてる。

30cmほどの棒をもったせんせ。棒の根元は、ポニーテール、刷毛みたいな、ぼわぼわ毛筆みたいな、そんなんでくすぐられるんちゃうやろか。ああん、棒の先っちょ、よく見ると、男の人の、もちもの、ああん、恥ずかしいですぅ。わたし、でも、かがみ、みて、うっとりい、わたし、やっぱ、かわいい子なんやと思う。
「うん、かおり、こんなのにしたら、ほんま、かわいいねぇ」
せんせ、わたしのこと、ほめてくれてる。きっちり制服着こなしてないのに、半裸になったみたいな乱れた状態やゆうのに、せんせ、かわいいってゆうてくれはるんです。
「でわぁ、かおりのレッスンワン、はじめるとするか、ふふっ、いいね!」
せんせ、ポニーテールの30cm棒の根元をもって、わたしの顎を、つまりぃ、お顔を、うわむけようとされてくるのでした。