愛欲の部屋

エッチな体験をお話しします。写真と小説です。

カテゴリ: 愛欲部屋

1200sx1402190009
-1-
大学二年生の向井結衣は、男子学生のアイドルです。なんといってもその目つきが可愛い、初々しい、いつも清楚な服装で、きらびやかさというより、おしとやかさ、京娘、二十歳になったばかりです。
「ええ、そうよ、わたしが向井結衣です」
イケメン男子、顔見知りの先輩四年生、ベンツに乗る大谷翔太が声をかけてきて、琵琶湖へドライブに連れてももらったのです。湖岸ホテルのレストランで食事を済ませた後です。いまの時間は夜九時を過ぎたところ。山を越え、京都は大原の、お庭がある洋館に、ベンツごと乗り入れられ、部屋へ連れてこられたのです。
「だから、おれと、つきあえよ、だからさぁ」
「でも、わたし、かれ、いるし、おともだちに、だけなら」
翔太のふるまいは、結衣にとって、けっこう魅力を感じる男子です。背も高いし、顔立ちも素敵だし、胸キュンしちゃう男子です。
「ここまで、来たんだから、結衣ちゃん、その気なんだろ」
もう逃げられないところまで来てしまった結衣です。お部屋に入ると、そこはなにやらいやらしい雰囲気、というより女の子がトロトロになりそうなお道具が、見え隠れしているんです。
「紹介するよ、こちらが高倉明夫、こちらが奈倉幹夫」
翔太が紹介されるまで名前は知らなかったけれど、顔は知っていた結衣です。八畳の部屋が二つなぎになっていて、真ん中が小豆色の分厚いカーテンで仕切られています。結衣がいる部屋は応接セットですが、カーテンの向こうはSM調教の道具が備えられている部屋なのです。
「ああ、あかん、いやぁああん、あかんですよぉ」
紹介された明夫が後ろから抱きついてきて、羽交い絞めされる結衣。小柄な結衣、160㎝、50㎏、胸は洋服の上からだと目立たない結衣です。白っぽいワンピ姿の結衣です。前からは幹夫が紐にした手拭を結衣の上唇と下唇の間に渡してきて、頭の後ろで括ってしまいます。後ろから羽交い絞めしていた明夫が結衣の手首を後ろへまわして交差させ、括ってしまったのです。
「うううっ、うぐ、うぐ、うぐううっ」
真衣の目がうろたえています。猿轡され、手首を後ろに括られ、なにをされるのかわからない、いいえ犯される、輪姦される、とっさにそう思ってしまって、彼、真一の顔が浮かんで、そのまま床に倒れ込んでしまった大学二年生のアイドル結衣でした。

1200sex170813010
-2-
床は小豆色の絨毯が敷かれている八畳洋間、皮張りの応接セットが置かれ、透明ガラスのテーブルが置かれている手前に、猿轡され後ろ手に括られた真衣が、寝かされているのです。白っぽいワンピースを着て海老の格好になっている真理を、三人の男子が座っています。
「おれら、エスエム研究会のメンバーだよ、そいで、向井結衣を、研究材料にと思ってさ」
「うううっ、うむ、うむ、うむむむっ」
手拭を太紐にされ、歯に咬まされている結衣が、痙攣させるように、顔を揺すっています。海老の格好になって横たわっている結衣の後ろには、高倉明夫があぐら座り、前には応接セットを背中にして、大谷翔太が結衣の頭の前、奈倉幹夫が足の前にあぐら座りです。
「たっぷり、結衣を調教して、立派な、ストリッパーに、してやりたいんだよ」
「そうだよな、学校で一番のアイドルだから、結衣のストリップショー、見ごたえあると思うぜ」
後ろ手に括られているといっても、手首を交差させ、柔らかい女物の兵児帯で括られているだけです。
「そろそろ、剥きにかかるかな、結衣、可愛いな、とっても、可愛いよ」
結衣の足元にあぐら座りの幹夫が、生唾を呑み込んで、しゃべります。それを合図に、明夫が結衣を後ろから、上半身を起こします。白っぽいワンピ姿の結衣、女座り、太ももを重ねて、膝を崩して、横に流す姿です。翔太はなにも言いません。ただ、コンパクトですがデジタルカメラを手にしているんです。結衣の髪の毛は肩までない、どちらかといえばショートカットのおかっぱです。
「ううっ、うむうむうむ、むむむむっ」
呻きのような声を洩らす結衣の歪んだ顔、目から涙がこぼれています。横流しにしている足を、幹夫が足首を持ちあげ、結衣の前へもってきて、膝を立てさせたのです。膝を立てて合わせられ、太ももを閉じた姿のまま、透けた黒ストッキングのまま足首を合わせられた結衣。何本か用意されている浴衣の女物兵児帯で足首が括られてしまいます。
「ふふふふ、いいよね、どんな格好になるんだか、結衣、楽しみだな」
足首を合わせて括られたその膝が、ひろげられてしまいます。ワンピの裾はめくれあがっていて、太ももが露出していた結衣の股間が、ひろげられてしまったのです。
「ううっ、うぐううっ、うぐううっ」
泣き声にもならないくぐもった声が、結衣のくちから洩れてきて、目には涙が溜まっています。屈辱、羞恥、恋人の真一とセックスしているので、すでに処女ではないけれど、それだけに犯される怖さもある大学二年生二十歳になったばかりの向井結衣です。

1200sm1805160001
-3-
大原の三千院から車でだと三分位の山の中にある光琳館は、広い庭のなかの和風の館の別館として建てられている二階建ての洋館です。大谷翔太のお爺様が趣味で造らせたという秘宝館の要素をもった建物で、二回の奥の二間続きの部屋が、いま、結衣が連れ込まれている部屋、名付けられて秘宝愛欲部屋というのです。
「くちの手拭、はずしてやれ」
翔太が、結衣の後ろに座る明夫にいいます。明夫は結衣の口を塞いでいる紐状にした手拭の、頭後ろで括ったのをほどいて、結衣の口から外してやります。
「ふふふふん、声が出せる、その方が、会話ができて、いいでしょ」
「ああっ、どうして、こんなこと、だめですよぉ、こんなことぉ」
しゃべれるようになった結衣が、荒げた声ではないけれど、ぼそぼそとお声を洩らします。涙が枯れて、麗しい目つきになってきて、囚われているとはいっても可憐な美女であることには変わりません。男たち三人は、大学の四年生で二十歳過ぎの男子だから、性欲旺盛です。エスエム研究会をつくって、女の子を物色していたところ、学校で一番アイドルの向井結衣に、白羽の矢が立てられたというところです。
「なあ、結衣ちゃん、これ、合意の上だよね、そうしようね」
「ああ、それは、ないですけど、こんなの、だめですよぉ」
京おんななのに結衣、だめ、ほぼ標準語で、言葉を紡ぎます。可愛い、とっても二十歳になったばかりの結衣。
「いいんだね、いいんだよね」
「勝手にしてください、でも、彼には、内緒に、しておいて・・・・」
「へへへへ、彼って、大村真一のことかな、あのイケメンの」
「ああん、それは、想像におまかせしますけど、ないしょに、して、おいて・・・・」
結衣の顔が曇ってくるのがわかって、男たちには、恋人がいる結衣に、苛立ちの気持ちを抱いてしまいます。責めてやる、思いっきり、調教して、ストリッパーにしてやるぜ、翔太がこころのなかでつぶやくのです。
「このパンストのおくが、結衣のおまんこちゃんだな、みたいな、うっふふっ」
結衣の正面にあぐら座りしている幹夫が、ひろげられた股間に指、右手親指の腹で、真ん中を下から上へ、撫ぜあげるのです。
「ううっ、うううっ、うむうむ、ううっ」
声を洩らさないようにこらえる結衣、うなだれて顔が下向き、目線が下に落とされています。
「ふふふふ、脱がしてやりましょうぜ、パンストとパンティ、いいでしょ」
明夫が後ろから結衣のからだを抱き上げ、お尻を浮き上がらせます。前にいる幹夫が結衣の腰のパンストに手をいれ、生成りのショーツといっしょに、一気にお尻から抜き取ってしまったのです。
「ああ、だめ、だめ、あかん、あかん、そんなん、あかん」
翔太が分厚い座布団を敷いてやり、そのうえにお尻を着かされた結衣。
「いいねぇ、結衣、白い肌してるやん、つるつる、ぽちゃぽちゃやん」
白っぽいワンピースは着衣のままで、パンストとショーツを剥かれてしまった腰から股間が、座布団のうえに露わとなってしまったのです。
「膝をひろげさせて、おまんこが、見えるようにして、写真だな」
パンストとショーツが太ももから膝へと降ろされ、交差させて括られた足首にまで降ろされてしまって、下半身剝き身にされてしまった結衣です。
「ああん、いやぁああ、お写真だなんて、いや、いや、やめてください・・・・」
恥丘に生える黒い陰毛が、まばらだけれど陰唇の横にまで生えていて、まだ閉じたままの陰唇をそのままで、翔太が、写真を撮ってしまいます。デジカメで撮ったあとには、スマホでも撮ってしまいます。
「ふふふふ、いいね、足首を、持ち上げる、いいね」
結衣の後ろに座る明夫が、足首を括った兵児帯の余りを持ちます。正面に座る幹夫が、足首を持って上げます。


1200sm1402170019
-4-
光琳館の二階、秘宝愛欲部屋は八畳二間続きです。手前半分は小豆色の絨毯が敷かれ、黒い皮張り応接セット。カーテンで仕切られた八畳は、SMのプレイ部屋になっています。エスエム研の大学四年生男子三人に囲まれている結衣は大学内では男子のアイドル、二年生の二十歳です。下半身剝き身にされ、足首を交差させて括られています。敷かれた座布団にお尻を置かされている結衣。後ろから明夫が、結衣の背中を胸にもたれかけさせ、上半身を起こさせているんです。
「ああん、いやです、いやいや、いやですぅ」
足首を括った兵児帯の余りを引き上げひろげ、結衣の肩からと腋の下から背中に通し、前の足首に戻されたのです。
「ふうん、ふうん、結衣、こうして、足を、うっふふ、いい、格好に、なるんだよ」
足首に戻された兵児帯が、その足首をくぐって肩と腋の下から背中へまわされ、足首ごとタスキ掛けした格好にされてしまうのです。
「やめて、いやよ、いやったらぁ、あかん、あかんですぅ」
結衣が半泣きの声をあげてしまいます。結衣の背中から肩を胸に当てている明夫が、後ろへと倒してきたのです。結衣、膝がひろがり股間がひろがって、足がひし形にされてしまったのです。
「おおおお、丸見えだ、われらの憧れ向井結衣のおまんこ、丸見えだよ」
正面に座った幹夫が、感嘆の声をあげます。
「ああっ、ああん、やめて、やめて、こんなのあかん、ああああん」
真衣の上体から太ももの角度は90度です。顔をうつむかせ、半泣きの結衣。可愛く黄色い女の声が、洩らされます。白っぽいワンピを着たままの上半身が後ろ45度に倒された結衣。肩が明夫の胸に当てられています。ひし形になった太ももから足首が45度、座布団から持ち上がって、剝き身にされた結衣の股が開いているのです。翔太は、生唾ごっくん呑み込んで、幹夫を退けて正面に座り込みます。カメラを結衣に向けシャッターを切ります。
「ふふふふ、結衣のおまんこ、陰毛がいやらしい、ゾクゾクしてくるよ」
「まだ、閉じているんだ、陰唇、ひろげて、眺めて、吸い吸い、吸ってやっか」
「そうだな、たっぷり、時間をかけて、結衣を、ストリッパーに仕上げなくちゃ、な」
「ううっ、ううっ、うっ、うっ、ううううっ」
男の声に結衣は涙しながら、声をだすのをこらえ、呻きます。後ろから抱く明夫が、ワンピのファスナを降ろし、上半身を剥きだします。後ろ手に括られ、足首を括られ引き上げられている結衣、男の手になされるがまま、抵抗のしようがありません。

1200sex1704070089
-5-
ショーツとストッキングは脱がされ足首にまとめられている結衣。足はひし形にされ腰から下は裸です。ワンピが肩を抜かれて乳房が見えるところまで脱がされています。ブラジャーはホックをはずされあごの処までめくられています。
「いい格好になったな、アイドル結衣が、裸になった、いい眺めだな」
お尻の芯を座布団に着き、上半身は後ろ45度に倒されています。太ももから膝が座布団から45度も持ち上がり、腰から太ももは90度以上に開いています。写真が撮られます。カメラに内蔵での動画が撮られます。
「結衣、おまえ、処女じゃないんだろ、これまでに、どれだけやったんだ」
「ううっ、うむ、うむ、うむむむっ」
幹夫が、横から、結衣のあごに手をいれ、顔をあげさせ、詰問します。結衣、身動き取れない羞恥の格好にされているところ、セックスの経験を問われても素直に答えることなどできません。口をつぐんで、うむうむ、ううううっ、と呻くだけです。
「ふふ、まあいいよ、いっぱつ、入れてやるから、それでわかるよ、なっ、結衣」
輪姦の最初は、翔太からです。三人にとっての初ものです。ズボンを脱ぎ、ブリーフを脱いで、下半身裸になります。すでにチンポは半勃起以上、びいいんと起ってきています。結衣は、ぐっとこらえて横を向きますが、後ろから抱えている明夫が、顔を前に向かせ、下へ向かせるのです。
「ううううっ、いや、いや、いやよ、いや、いやっ」
翔太が、勃起チンポを入れる前に、結衣の股間を弄ってやるのです。左手の親指で陰毛を掻きあげられます。小さな突起、クリトリスがあらわれます。
「剥いてやるよ、うっふふ、結衣にもオメコがあるんだ、あるんだね」
陰唇をひろげられ、膣口が見えるようにされる結衣。斜め後ろに倒されて、ひし形にされた足が斜め上に持ち上がっている格好です。翔太が、観察しているのです。
「ああん、いや、見ちゃ、いや、いや、いやぁああん」
結衣がわめき声をあげます。もう涙も枯れたのか目は潤んでいるだけです。頬を赤らめている大学二年生のアイドル結衣です。
「ふふふふ、いれてやるぜ、おれのチンポ」
長さは15㎝以上太さは直径4㎝以上もある翔太自慢のチンポです。亀頭がテカテカに光っている感じで、結衣、亀頭を、陰茎を、根元の陰毛を見てしまって、恥ずかしさと怖さとが入り交じった気持ちになります。
「ああっ、いやぁあ、いや、いや、ああっ」
翔太が、尻を浮かせて亀頭を結衣の膣に挿し込んだのです。そのままぐぐっと陰茎の半分ほどまで、挿し込まれてしまった結衣。顔を左右に揺すります。足を動かしますが動きません。ぐっと」こらえる結衣ですが、痛みではなくて窮屈なのです。
「おおおお、よお締まるオメコだぜ、処女じゃないな、そうだな、結衣、いい気持かい」
半分まで挿し込んだ勃起チンポを、亀頭を残して抜いた翔太が、結衣に声かけます。結衣は、羞恥の余り、頬が真っ赤になっています。素面よりも潤った表情、羞恥の極みとでもいえばいい表情です。

1200sex1704090062
-6-
下半身を裸にされ、足をひし形にされ、交差させた足首から背中へ、赤い兵児帯でタスキ掛けされ、後ろ手に括られている二十歳、大学二年生のアイドル、向井結衣です。着ているワンピースも肩から胸までを露出、ブラジャーは乳房のしたに降ろされて、おっぱい丸出しです。
「おおっ、気持ちいい、気持ちいいよぉ。いいよぉ、結衣、結衣ちゃんよぉ」
前からは、大谷翔太がチンポをオメコに挿し込んで、ぶすぶす、ゆっくりですが挿して、抜いて、をしていきます。挿して、抜くたびに、気持ちいいを連発、腰をひねり、腰を前にせり出し、勃起させたチンポを、結衣のオメコに密着させるのです。結衣を後ろから抱く高倉明夫は、露出させたおっぱいを、右手で弄ります。左手では結衣のお顔をまさぐり、唇のなかへ指をいれ、咥内を弄ってやります。
「うう、ぐぅうう、ううぐうう、ううっ」
恥の蹂躙、身動き取れない窮屈な格好、半裸の結衣。座布団にお尻の芯を着いている結衣です。結衣は羞恥の気持ち、屈辱の気持ち、苦痛も入り混じって、涙も枯れてしまった女体をもがかせます。
「いいからだ、ぽっちゃぽっちゃ、いいからだしてるよなぁ」
股の真ん中、膨らんだ乳房の先っちょ乳首、そのうえに咥内までも弄られ刺激されてきた柔らか肌の結衣です。
「ああっ、ひやぁああ、ああん、ひやぁあ、ひいいっ」
咥内から指を抜かれ、勃起チンポをオメコから抜かれた結衣です。立っている奈倉幹夫が足首から肩に渡った兵児帯を握って持ち上げだしたのです。座布団からお尻が浮きます。宙に浮いてしまった結衣のからだです。
「椅子にのせて、弄ってやろうぜ、おれも仲間に入ってよぉ」
椅子というのは責め椅子のこと、別名、羞恥椅子です。秘宝愛欲部屋の奥八畳に置かれた羞恥椅子、高さ80㎝幅15㎝の十字架背凭れ椅子です。
「あの椅子に座らせて、たっぷり、眺めて、弄って、チンポ入れ、しようぜ」
羞恥椅子、臀部を置く処は革張り円形、直径30㎝です。座部の高さは床から60㎝。幅15㎝の厚板十字架は手を拡げさせて括ります。膝を引き上げ、太ももをひろげさせて括ります。この羞恥椅子に座らされのが、大学では男子のアイドル、二年生の結衣なのです。
「ふふふ、いい女だよな、たっぷり、いただいちゃおうぜ」
「いやぁあ、ああん、いたい、きつい、ああん、いや、いやぁ」
「よいしょ、ふふん、よいしょっと」
括られたまま、半裸の結衣が、カーテン向こうのSM部屋へ、エスエム研の男子三人に、吊るされ、抱きかかえられて運ばれます。
「いや、いや、こんな椅子、いや、いや、いやですぅ」
括られている兵児帯が解かれた結衣は立たされたまま、明夫に羽交い絞めされてしまいます。まだ身につけていたストッキングとショーツが脱がされ、ワンピースとブラも脱がされ、全裸にされてしまいます。翔太は、途中までのセックスで、続きは、羞恥椅子で犯していくのです。

このページのトップヘ